ダブルチームを受けたときの心得

この記事は1分で読めます

最近、よく参考にしている選手がいます。

 

ナゲッツのJokicです。

セルビア出身のセンターでオールラウンダーなのですが、

特に、「パス」の発想が斬新で毎回毎回驚かされ、そして楽しませてくれます。

 

そんなJokicからのメッセージ。

「プレッシャーは自分の意識が作り出しているだけ」

 

そんな言葉を最近聞いたのですが、

まさにそういうことはバスケでもあると思います。

 

ダブルチームを受けたときに、

「やばい!!早くパスを出さないと・・・!」

と考えれば考えるほど焦ってしまってミスになります。

 

そこで、冷静に考えて、

「ダブルチーム=チャンス」と考えるだけで、

プレーに余裕が生まれて視野が広がることがあります。

 

Jokicのパスの発想と周りの選手の合わせがあってこそのプレーですが、

こういう場面でも全く焦らず、落ち着いてプレーするJokicから学べることは沢山ありそうです。

 

そして、もう一つは「ノールックパス」。

この場面でももし味方の方向を見ていたらこのパスは通らないし、

パスの種類も通常のパスでは絶対に通らない場面でした。

 

 

「ノールックパスは理にかなっている」

そんなこともJokicが教えてくれているように思います。

 

最後に、Jokicのパス集も載せておきます。

常に冷静で落ち着いているJokic。

パスで相手を騙して味方を動かす選手も魅力的ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー