サッカーから学ぶ「球際の上手さ」

この記事は2分で読めます

「バスケットボールが上手い選手」

 

この言葉を聞いて、どんな選手を思い浮かべますか?

 

この答えは人それぞれであると思いますし、

そうであるからこそ、面白いと思っています。

 

最近の自分の中では、この動画のような選手を

「バスケットボールが上手い」と感じています。

 

サッカーのロナウジーニョです。

 

「球際の強さ」

 

バスケットボールでは、ミスをして、

相手にボールが渡ったら「ターンオーバー」になります。

 

上手い選手は、

「ミスをターンオーバーにしない」

というのがあると最近感じます。

 

要するに、

キャッチミスとかライン際でミスになりそう・・・

だけど、相手にボールを渡さない。

 

ミスになりそうだけど、ターンオーバーにしない。

 

ここ部分が上手い選手は、

ゲームの流れを繋げていくことができるし、

相手にとっては「やっかいな選手」になれます。

 

 

ライン際に「上手さ」の秘訣があると思います。

 

こういう目に見えない上手さは、

得点やアシストとかと比べたら、

なかなか評価されにくい部分です。

 

目に見えないからこそ難しいし、

指導者、チームメイトも見落としがちです。

 

 

でも、こういう目に見えない部分の上手さを感じられるようになると、

指導者は数字だけにとらわれて選手の可能性を制限することはなくなるし、

チームメイトたちも、得点に繋がる味方のプレーに敬意を表せるようになります。

 

そうなって初めて、

「チームプレー」が生まれます。

 

目に見える部分だけを追いかけると、

数字や言葉だけに縛られてしまって、

試合の流れやチームでの一体感がなくなります。

 

これは、今の時代にある落とし穴の一つです。

 

科学的にスポーツを分析することも大切だし、

一つ一つ、言葉で体系化していくことも大切です。

 

でも、

「数字に表れない上手さ」

が見えるようにならないと、

いつか楽しさも上手さも限界が来ます。

 

 

ミスになりそうなボールをミスにしないと、

相手にとっては精神的にダメージが大きかったりします。

 

「あ、ミスになる」

って相手は思っているので、気を緩めているかもしれません。

 

ミスになりそうな瞬間、実はパスのチャンスが生まれてきます。

コチラの記事で解説したように、ヨキッチがプレーで示してくれています。)

 

逆に、自分たちからしても、

「ミスになりそう」と思っていたボールが

相手ボールにならなければ、4点分の価値が生まれます。

(オフェンスリバウンドと同じ原理)

 

 

こういう小さな積み重ねが勝敗を分けると最近は感じます。

 

単に、「ルーズボールを追いかける」のではなく、

もっと広い範囲に活かせるような上手さや考え方。

 

「ミスをターンオーバーにしない」

 

 

 

これは指導者の声がけにも繋がります。

 

「ミスをするな」と言われると、

「ミスをしないようにプレーすること」が目的になってしまいます。

 

そうすると、本来の目的、

「相手との駆け引きをする」とか、

「チームのために自分のプレーをする」とか、

そういったところからズレてしまって、

結果、ミスをしてしまうようになります。

 

目的が変わっているから当然です。

 

 

「ミス”を”するな」ではなくて、

「ミス”に”するな」という声がけだと、

ミスは減って良いプレーが増えます。

 

「ミスをミスにする」とは、

「ミスをターンオーバーにする」ということ。

 

ミスをしてしまった雰囲気を出さず、

「ミスをしていない雰囲気」を出していれば、

相手は、そのミスに対して攻めてくることはなくなるし、

選手は、ミスをターンオーバーにしなくなります。

 

ミスしそうな時にこそ、チャンスがある。

 

 

よく「失敗は成功の母」とか言われますが、

プレーでそれを表すと、こういうことなんだと思います。

 

 

「ミスをするな」ではなく、

「ミスをターンオーバーにするな」

 

「どうしてミスをしたんだ!」ではなく、

「どうしたらミスにならなかったと思う?」

 

 

言葉がけ一つで、一文字の違いで、

選手の思考やプレーは大きく変わります。

 

いろんな指導者と、こういった意見交換をしてみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP