カテゴリー:スクリーン

  1. ピック&ロールが主流の現代。今では中学生でも、早ければ小学生でも、ピック&ロールを学ぶことがあります。その際に、どの世代でもディフェンスの対応は同じようなパターンが見られます。その場合にどうやって対処していけば良いのかということをNBA選手…

  2. ジャズvs.ロケッツの試合より。ロケッツを始め、今は多くのチームがスクリーンプレーに対して「スイッチ」で対応しています。スモールラインナップが主流なことも関係していて、スイッチをしてもミスマッチが生まれないことが多いので、スイッチで対応して…

  3. 今回は、Steve Nashがピック&ロールの解説をしている動画を紹介します。こんな解説動画が見れるようになっている現代は明らかに凄すぎます。これがYoutubeに誰でも見れる形でポンと置いてあるのですから、本当に誰でも知識を学べる時代であ…

  4. 今回はウォリアーズのDraymond Greenの動画を紹介します。Pick&Rollは現代バスケットボールでは主流のオフェンスです。特にボールハンドリングとシューと力が優れた選手がいれば有効になるプレーで、NBAでも世界のバスケで…

  5. 今回は、Fake DHOについて。DHOというのは、Dribble Hand Off(ドリブルをしながら手渡しパスをするプレー)の略で、センターはもちろん、ガードの選手にとっても有効な動きです。ただ単にパス交換をするときにも使われますし、そ…

RETURN TOP