カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 目が合った者を石に変えてしまう神メデューサ。名前は一度は聞いたことがあるんじゃないかなと思いますが、そんなメデューサのように相手を固まらせる技術を紹介します。それは単純に、2対1の状況でシュートかパスかの選択肢で相手と駆け引きをする際に、相…

  2. 「あの流川がパスしたんだぞ… あの流川が あの… 天上天下唯我独尊男がパスを!!」流川は山王戦で「パス」を覚えました。そのことで、流川のプレーの幅は広がり、マッチアップしている沢北には「迷い」が生まれました。流川のよ…

  3. ヨキッチのプレーは本当に勉強になる。今回紹介するのはヨキッチらしいパスフェイク。DHO(Dribble Hand Off)と併用すると特に効果を発揮するフェイク。これを通称「餌フェイク」と呼んでいます。あたかも、「取っていいよ」と言わんばか…

  4. NBA選手はバスケの教科書このブログではよく、この言葉を使っています。これがどういう意味なのか?ということを今日は改めて解説していこうと思います。僕はもともと、NBA選手の1対1だけを真似していました。特…

  5. 「バスケットボールのほとんどのプレーは、二人のやり取りで行われる」 こんな言葉を聞いたことがあります。5対5としてやっているバスケットボールも、小さく見ていけば1対1の掛け合わせであり、その次に2対2の掛け合わせ。チームプレーというものも1…

RETURN TOP