カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 僕のバスケ仲間の一人にダンクができる人がいます。身長は182cm。ジャンプ力があって高校生の頃からダンクをしていて、1対1も強く、いわゆる「能力が高い選手」です。この前、僕は参加していなかったのですが、僕…

  2. 今回は、NBAではなくアメリカの大学の動画から。デューク大学がやっているエンドプレーについてです。同じ形から複数のオプションが生まれる最初の形は同じなのですが、そこから合図、もしくは誰かの動きに合わせて複数のオプションが生まれま…

  3. 好きな選手は誰?と聞かれると、最近はHardenです。そのHardenのプレーについてですが、Hardenはプレーが「ゆったり」していますよね。忙しなく動くというよりは、たら~~んとドリブルをつきながら、あたかも獲物をじっくりと狙うチーター…

  4. 今日紹介するのはウォリアーズのDraymond Greenの上手さ。◆Draymond Greenの上手さ 「さりげなくスクリナーになる」何かをする雰囲気を一切出していない状況から急にスクリナーになることで、DFの対応は遅れます。スクリーン…

  5. 今、世界中のバスケットマンを魅了しているCurryが行っているドリル。【ルール】・制限時間2分・5つのスポットからシュートを打つ・5/7以上の確率でシュートを決めたら次のスポットへ・5/7以下の確率でシュートを決められなかった場…

RETURN TOP

Twitter