【第4話】プロの世界と変人師匠

【第1話】世界で一つだけのバスケゴール
【第2話】「キツイ練習をしないと勝てない」
【第3話】椎間板ヘルニアとNBA選手の凄さ
【第4話】プロの世界と変人師匠←今ココ
【最終話】理想の未来

 

 

 

トライアウト当日。

全く知らない人と対戦し同じチームになり、
自分が持っているものをできるだけ発揮しようと
切磋琢磨しながら数時間のトライアウトを終えました。

 

そして、運よく声をかけていただき、
プロチームの練習に参加させてもらえることになりました。

 

僕は身長も低いし身体も細いし、
特別ドリブルやパスやシュートが上手いわけでもないし、
かといって、何かしらの実績があったわけでもありません。

 

ただ、一部分だけを評価していただいて、
全く新しい世界でのバスケを体験することになりました。

 


一緒にいくつかの練習を参加させてもらい、
シューティングのボール拾いをしたり筋トレをしたり、
空いた時間に自主練をしたりとバスケ漬けの日々。

 

チームに関わる、監督、選手、スタッフ、全ての方たちが
プロフェッショナルとして練習、筋トレ、健康管理、生活習慣に取り組む姿勢は、
僕が小さい頃に想像していた「プロバスケットボール」とは全く違うものがありました。

 

まさに「プロフェッショナル」でした。

 

 

プロチームなので外国籍の選手もいます。

 

人生で初めて体験する「2mの世界」。

 

 

・・・もはや、おもちゃのゴールでバスケをしているようでした(笑)

 

それくらい規格が違って、
違う競技をやっているようにすら思えました。

 

もちろん、それは外国籍の選手だけではなくて、
他のプロ選手の方たちからも同じようなことを感じました。

 

特に衝撃を受けたのは、

・シュート力の高さ

・身体の大きさ

です。

 

僕からしたら外国にいるかのような異次元の世界で、
これまたテレビゲームを見ているかのようにシュートが入ります。。

 

僕はボール拾いをしていたのですが、
ゴール下に立っているだけという楽さ。笑

 

僕は心の中でもはや笑っていました。

「いやー、こんなにシュート入ったら楽しんだろうなぁ。これはバスケ辞められないだろうなぁ…(笑)」

 

そして、恐ろしいことに、
「まだまだシュート力が足りない」
と体育館が使える時間、ずっとシューティングを続けるのです皆さん。
プロだから当然とはいえ、僕からしたら
「いやいや、これ以上入ったら確率100%じゃないですか…(笑)」
とつっこみたくなるレベルです。

 

 

そして、秘訣を聞いてみました。

 


「どうやったらそんなにシュート入るになったんですか?シュートフォームとか研究したんですか?」

 

とあるプロシューター
「シュートフォームは特に研究とかはしたことないかなぁ。昔からシューティングが好きだったから自主練で沢山シュート打ってたからなぁ。」

 

 

・・・いやいや、答えになってないですよ!

というツッコミは心の中に閉まっておきました。笑

 

 

オフシーズンのときに1対1をしたですが、
こっちは本気でプロ選手の方は軽くやっているのに、
あっという間に、いつの間にか20点の差がつきます。

 

もはや笑うしかないレベルでした。

 

離せば打たれるし、つめたら抜かれる。
打たされるシュートは入らないし、
少しだけ止めたと思っても身体で押し込まれる。

 

まさに手も足も出ない状態。

 

 

「身体を大きくする」
という目標があったので、
必死に筋トレをして食事について勉強をして、
一日5食くらい食べて何とか体重を増やしました。

 

相変わらず、体育館が空いていれば自主練。

プロ選手と同じトレーナーさんの下で筋トレ。

 

 

 

・・・

 

こんな生活を続けているうちに、
僕の中で一つの疑問が生まれてきたのです。

 

 

 

 

 

「このままやっていて…この人たちに追いつけるのか?」

 

 

僕は確かに筋トレをして体重が増えていました。
身体が大きくなったので今までよりも強くなることはできました。

 

でも、
僕が練習をしている間、
他の人も同じように練習をしています。

 

それも僕が数年かけてようやく到達できるところに、
数ヶ月で、もしかしたら数日で到達してしまうような力もあります。

 

身体は大きくなっても、
バスケットボールが、技術力が上手くなったとは限らない。
シュート力が上がったとは限らないし技術が身についたわけでもない。

 

今でも圧倒的な力の差がある。

 

それを同じように練習をして、
同じように筋トレをしていたとしても、
一生追いついていくことはできないんじゃないか…。

 

 

「強いチーム=正しい」
と思っていた高校時代の経験があったからこそ、
同一直線状で戦っていくことに対する限界を感じ、
自分の将来に対して不安な気持ちが少しずつ出てきました。

 

 

 

 

・・・そんなとき、ある人を思い出したのです。

 

 

 

=====(回想シーン始まり)=====

 

僕が大学生の頃、
「変人」の言葉がふさわしい先輩がいました。

 

その先輩は部活は入っていなかったのですが、
よく一人で体育館にバスケをしに来ていました。

 

バスケといっても、ほとんどボールは使いません。

 

いつも鏡の前で何やらぶつぶつ言いながら、
ディフェンスのフットワークをしていたり、
何やら謎な動きをしながら淡々と身体を動かしていました。

 

 

学科の先輩だし、バスケをしていたらしいので、
とりあえず、何をしているのかを聞いてみました。

 

すると、こんな答えが返ってきたのです。

 

 

「最近は、ずっとJordanの動きを研究してる。
Youtubeで見まくってるんやけど、身体の使い方が凄い。」

 

 

 

・・・身体の使い方!?

 

 

Jordanといえば、バスケの神様。

当時の僕は、NBA選手からボールを持っていない動きは学べると思っていたのですが、
さすがにNBAでもずば抜けた身体能力があったJordanからは学べることはないと思っていました。

 

なので、
「Jordanは身体の使い方が…」と言われても、
「この人は何を言ってるんだろう???」状態。

 

でも、詳しく話を聞いてみると、
とても面白いことを教えてくれました。

 

 

変人先輩

「つよしは、シュート打つとき、身体はどこを向いている?」

 

「えーーっと、身体はリングに正対させてますね。」

 

変人先輩

「なるほどね。それは誰かに教わったの?」

 

「そうですねぇ。DVDとか本とか買って勉強してるんですけど、どこを見ても『身体はリングに正対させる』って書いてあるんで、そーいうのを読んでから意識して練習するようになりました。」

 

変人先輩

「なるほどねぇ。Jordanの動きを今研究してるんやけど、Jordanは身体をリングに正対させないんよね。”Jordanの身体にとって”一番自然な状態でシュートを打ってるんやないかと思ってる。あと、ドライブもすげぇ。古武術の動きを使ってる。」

 

「え!?そうなんですか?古武術??」

 

変人先輩

「古武術ってのは、身体を捻らないとかね。ナンバ歩きとか。日本の武士がやってた動きのことなんやけど、Jordanはそういう動きをしてるから歳をとっても活躍し続けていたんだと思うんだ。おれもまだまだ勉強中やけどな。」

 

「そうなんですね~。(専門用語でよくわからないなぁ。古武術なんてなんか古臭いし、なんかカッコ悪そう。)」

 

 

その後、よく1対1をしたんですが、
何かと先輩の動きは”普通とは違う”感じで、
ドライブもシュートも普通とは違った「速さ」がありました。

 

爆発力で抜いていくるというよりも、
なんとなくヌルヌルと抜いてくる感じ。

 

どっちに来るか予想できるのに反応が一歩遅れる。
止めた!と思ったら止められてなくてスルスルと抜かれる。

 

「なんだかディフェンスをしている気がしない」

という不思議な感触がありました。

 

 

その秘密は「古武術」にあるそうなんですが、
話を聞いても、

「ドライブは水みたいにやるのがいいんやないかと最近思ってる。」

とか訳のわからない回答ばかり。

 

「なんか凄そうだけど、よくわからない」

と思って、先輩とは関わらなくなりました。

 

=====(回想シーン終わり)=====

 

 

 

・・・そう、このとき僕の頭に浮かんだのは、
大学のときに1対1をしていた変人先輩でした。

 

名前は、マコトさん。

 

今ではTwtterなどで情報発信をしている
「脱力バスケ」「武学籠球」の管理人です。

 

大学生の頃、
慎さんの言うことが謎でした。

 

「力を使わないでドライブをする」

「水のようにドライブをしたらいい」

「古武術の動きをJordanは取り入れている」

「相手の力を利用できたら力は使う必要はない」

 

 

でも、プロの世界で限界を知り、
自分の道が見えなくなっていたこの時の僕は、
「これだ…!」とすぐに慎さんに連絡をしました。

 

「これなら力がない自分でも戦えるかもしれない…」

そんな少しの期待を胸に富山に向かいました。

 

そして、実際に会って話を聞いたり、
大学生以来、数年ぶりに1対1をしたりと、
久しぶりに慎さんの変人バスケを体感しました。

 

 

すると・・・

 

 

慎さんは、大学の頃から更に動きが進化していて、
明らかに、普通の人とは違った世界でバスケをしていたんです。

 

筋肉を使った瞬間的な速さでシュートを打ったりドライブをすることなく、
身体の構造を深く理解し、人間の身体の本質を追求したシュートやドライブをしていたのです。

 

・・・と言っても抽象的ですね(笑)

百聞は一見に如かずということで、
お時間があれば動画を見てみてください。

慎さんが発信を始めて二年。

 

慎さんは新しいことを学びながら、
それを自分の身体で体現し続けています。

 

 

これらはただのNBA解説ではありません。

 

「古武術」「武学」という視点から見た
慎さんにしかない独自の視点から見た解説です。
自分の身体で体現できているからできる言語化。

 

 

慎さんは筋トレを一切していません。

 

それでもシュートの飛距離は伸び続け、
体重差のある相手に対しても押されず、
体重移動などを使いドライブをしています。

 

 

これは対峙してみて初めてわかることなのですが、
一般的なバスケの動きとはかけ離れている不思議な感じがあります。

 

普通と違う動きだからこそ、
身体も頭も対応の仕方がわからなくて、
いつの間にかしたいようにやられています。

 

 

とにかくこのとき僕が求めていたものを慎さんは持っていました。

 

 

「力では到達できない世界」

という言葉が武術にはあります。

 

武術の達人と呼ばれる人たちは、
歳をとればとるほど動きが洗練され、
年齢、体重、体格、筋量に関係なく、
相手を”いなして”勝つことができる不思議な人たちです。

これは三船十段という柔道家の映像。

「やらせなんじゃないか?」と思えるほどの映像ですが、
それくらい不思議なことが武術の世界には実際にあります。

 

「いなす」とは、
相手が力で押してきたら、
同じように力で対抗するのではなくて、
賢く戦い、力をかわしていくことです。

 

例えば、このChris Paulの駆け引きもその一つ。

古武術ではありませんが、相手をいなしているプレーです。

慎さんは、古武術の本質をバスケに応用しています。
(最近は「武学」という更に上位概念を学ばれています。)

 

その動きを習得することで筋トレをしていては到達できないところに到達できたり、
体格や身長差のある相手に対しても対等に戦う、勝ることができる可能性が広がっています。

 

 

古武術について知ることは、何よりも楽しいです。

 

自分の身体について知っていくこと。

自分の身体を使って試行錯誤していくこと。

自分の動きを変えて新しい動きを取り入れること。

 

 

それも何百年も前から受け継がれてきた
武士の時代からある考え方を今活かせるのは、
なんとも面白く魅力のある話だと思いませんか?

 

数百年以上前に生きていた日本人から、
今バスケを上達させるヒントを教われるんです。

 

これって凄いことだなぁといつも思います。

 

 

筋肉は筋トレを止めたら衰えていきます。

 

でも、一度身につけた動きは、
トレーニングを止めても衰えません。

 

練習をすればするほど上達していきます。

 

「動きを変えていく」というのは、
他人と比べて優劣を競うこともなく、
自分の身体を使って良い動きを探っていく遊びみたいなものです。

 

 

僕は自分の限界をつきつけられましたが、
そのことでまた新しい面白い世界を知れました。

 

動きの追求に終わりがないし、
答えを自分で探していくことは、
バスケを始めたときと同じような気持ちになります。

 

 

これはNBAからスペーシングを知ったときと同じ、
今までのバスケの価値観とは全く違う世界を知った感覚です。

 

全く違う世界なんだけど、新しいというよりも、

もともと自分が持っていたものを再確認した

という感覚の方が近いかもしれません。

 

 

武術とは、日本古来の文化です。

僕は古武術を学ぶようになってから、
「日本」についても学ぶようになりました。

 

武術とは何なのか?

武士たちはどうやって生活をしていたのか?

その時代の日本は、今とはどう違ったのか?

 

そういったことを学ぶと、
また違ったバスケと向き合えるようになりました。
(詳しくは話しきれないのでまた別の場所で。)

 

 

僕はNBA選手の練習動画を何度も見てきて、
「あんな風に激しい練習をして筋肉を大きくしよう」
と思って自主練をしてきました。

 

でも、それは一つの戦い方であって、
本当に自分に合っているかはわかりません。

 

僕の場合は、
身長も低い、力も強くない、特別なスキルがあるわけでもない、沢山の練習ができるわけでもない、
そういった立場でバスケをしていたからこそ、
慎さんが学んでいた「古武術」という世界がピッタリ当てはまりました。

 

僕は昔から

「力が弱いキャラが工夫して力が強いキャラに勝つ物語」

が好きでした。

 

なので、ワンピースで言えば、
ウソップが一番好きなキャラクターです。

 

自力は弱いんだけど、
色々な戦術を組み合わせて、
時には逃げたり、嘘をついて、
仲間と協力して最終的に勝負に勝つ。

 

悪魔の実を食べているわけじゃないけど、
悪魔の実を食べている能力者に勝つことだってあります。

 

 

古武術も似ているものがあります。

 

細くても力で負けない。
練習量が少なくても上手くなる。
相手の力を賢くいなして勝負に勝つ。

 

プロの世界で限界を感じた僕にとって、
古武術という世界は最高の助け舟でした。

 

 

慎さんの動きについては、
「力では到達できない世界」
という通信講座が開講されていきます。

 

今後の発信を楽しみに受け取ってみてください。
バスケ人生、日常を豊かにしていく大きなパラダイムシフトになるはずです。

 

 

 

・・・

 

プロの世界で感じた圧倒的な差。

 

それを埋める方法、
自分に合った戦い方を知ったのですが…
プロの世界からは身を引くことにしました。

 

もちろん、プロになるだけの技術力がなかったのが一番の要因です。
結局、トライアウトには受からず、受かるだけの実力も自信も覚悟も足りませんでした。

 

ただ、これだけのバスケ馬鹿なので、
プロになると決めていたら何年経ったとしても、例えバイトで食い繋いだとしても、何度トライアウトに落ちても、
プロになるまでずっと練習を続けていたと思います。

 

でも、それができない理由がまた別のところにもありました。

 

 

 

オフシーズンに高校生と練習試合をしたときのこと。
その地区ではかなり強い高校で全国大会を目指している高校生でした。

 

しかし、そこで見たのは、
選手のことを怒鳴り散らす指導者、
指導者の指示にプレーを制限される生徒たち。

 

プレー中なのに選手をベンチに呼び出し、
顔がぶつかるくらい近距離で怒鳴り続けるのです。

 

 

もちろん、選手たちに笑顔は一つもありません。

 

終始、眉間にしわを寄せながら、
目の前の相手との駆け引きなんて一切なく、
ただひたすらに監督の指示通り動かされていたのです。

 

たぶん、僕があくびをしていても、
監督が「パス出せ!」と言ったら、
僕のマークマンの子は攻めてこなかったと思います。

 

 

そのチームは、その地区の中では「強い」とされていました。

 

厳しい練習をして監督の言う通りに動けば、
勝てる試合もあるだろうし、一人ひとりの技術力は高かったです。
(プロの選手たちと練習試合をするほどですからね。)

 

 

でも、それってやっぱりおかしいと思うんです。

 

どう考えても、
指導者が選手のことを怒鳴り続ける
指導者に怒られないためにバスケをする
部活動やスポーツの場でストレスが溜まる
なんてことは絶対にあってはならないことです。

 

そんなのスポーツじゃありません。

 

 

 

でも、目の前にその現実がある…。

 

 

オフェンスはフリーランスで無法地帯。

 

「そこはドライブだろ!!」
「なんでポストアップしないんだー!」
「逃げるなよ!向かってけーー!!」

 

無法地帯だからこそ、
監督が選手の動きを指示しなければ動けず、
選手は監督の期待に応えることに必死になる。

 

 

一緒に練習試合に参加していたプロ選手の人も、

「なんで日本の部活は、どこもこーいう感じなんだろうな。」

と呟いていました。

 

 

 

・・・

僕の中で「情報発信」が再び浮かんできた瞬間でした。

 

 

プロを目指す前までも、
「自分と同じ遠回りをしてほしくない」
「もっと楽しいバスケがあることを知ってほしい」
と願いながら情報発信を続けていたのですが、

目の前にあるのは変わらない現状。

 

 

指導者も選手たちも、
過去の自分を見ているようでした。

 

「自分が情報発信をすることで何かを変えられるんじゃないか…」

 

 

この時期は、プロの道を目指すか情報発信をしていくか
という二択で死ぬほど迷いましたが、

最終的には自分が本当にやっていきたいことは、
情報発信を通してバスケを面白いものに変えていくことだ
ということがわかりました。

 

過去に起きてきた色んな経験を考えると、
これは自分がやっていかなければいけないことなんだと思っています。

 

この時期は本当に沢山の人に相談して、
沢山の人からアドバイスをもらいました。

 

プロの世界で関わった方たちも、
三ヶ月という短い期間でしたが本当にお世話になり、
「プロ」として仕事に向き合う姿勢から沢山のことを学びました。

 

世界の広さ。
バスケの楽しさ。
チーム一丸になる一体感。

 

同期との自主練、筋トレ、王将での食事などなど、
人生の中でもこれだけ濃い三ヶ月は他にないかもしれません。

 

最後に、プロの先輩の方からは、
「またコートで会おうや!」
と声をかけてもらいました。

僕もプロとして価値を提供できるように、
また再会したときに自分のことをしっかり話せるように、
バスケも情報発信も自分らしく高めていきたいと思います!

 

 

こうして僕は、色々な遠回りをして、
ようやく今やっている情報発信に戻ってきました。

 

それでは最後に、
この発信の未来について話そうと思います。

 

(続く)

 

 

【最終話】理想の未来

 

 

PS.

慎さんの試合動画、僕との1対1動画も少し載せておきます。

(慎さんのブログ『武学籠球』はコチラから)

RETURN TOP