カテゴリー:スペーシング

  1. 1対1はバスケットボールの基本。そうは言うものの、ボールを持っていない時間の方が多いのがバスケットボール。単純計算すると、5人がコート上にいるので80%の時間はボールを持っていないことになります。ということは、その80%の時間をいかに効率よ…

  2. ドライブに対する応用的な合わせ。 このブログでは一番最初にスペーシングについて発信をしていきました。その中で紹介したのが「渦の理論(サークルムーブ)」という動きです。ドライブはバスケの試合中で最も多く見られるプレーだと言われています。…

  3. 今回はウォリアーズのDraymond Greenの動画を紹介します。Pick&Rollは現代バスケットボールでは主流のオフェンスです。特にボールハンドリングとシューと力が優れた選手がいれば有効になるプレーで、NBAでも世界のバスケで…

  4. 今回は、ミートドライブについて。ボールにミートしてからドライブをしているシーンですが、ポイントは「3Pラインよりも一歩後ろで準備をする」ということです。このことで、ミートしたときに勢いが生まれて、また、たとえパスが悪かったとしても体制を整え…

  5. 今回取り上げるプレーは、ドライブの合わせです。渦の理論とは、ドライブに対するオフボールマンの合わせの基礎です。ボールマンのドライブの方向に合わせて、ボールマンから離れるような動きをすることで自分のディフェンスよりも優位な状態を創るための動き…

RETURN TOP