トレイ ヤングのメデューサシュート

この記事は1分で読めます

目が合った者を石に変えてしまう神メデューサ。

名前は一度は聞いたことがあるんじゃないかなと思いますが、そんなメデューサのように相手を固まらせる技術を紹介します。それは単純に、2対1の状況でシュートかパスかの選択肢で相手と駆け引きをする際に、相手ディフェンスと目を合わせるというもの。トレイ ヤングがこの場面でそうしていたかは確認できないのですが、ディフェンスは身動きが取れなくなっています。また、レイアップの打ち方も参考になります。こういう場面、2対1が生まれた場面では、ノールックパスで別の方向を見るのも一つの選択肢ですが、あえて相手と目を合わせるのも有効。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー