第二の「ジノビリステップ」

この記事は2分で読めます

40歳になっても活躍するジノビリ。レイアップの二歩を上手く使って「ユーロステップ」という技術がありますが、もともとはジノビリがやっていたもの。「ジノビリステップ」と呼ばれることもあります。そんなジノビリが見せてくれたのは、「レイアップの二歩のスピードを落としてディフェンスを賢くかわす」という熟練された新たなステップ。たった二歩の使い方でこれほど相手を翻弄できる。何度も見返してしまうレイアップ。まさに、ジノビリらしさを表したプレーですね。

 

 

PS.

そういえば、ルール改定でジノビリお得意の「ユーロステップ(ジノビリステップ)」が更に進化していきそうです。結構ルールが複雑なので体にしみこませるのが大変そうですが、これを習得できたらバスケの世界変わりますよね。これ本当にありなんですかね?っていうレベルで、綺麗にトラベリングをしているようにしか見えません。笑

  

詳しくはこの動画で解説されています。

 

 

PS.

そんなジノビリが引退。自分がNBAを見始めた頃、誰も止められない選手がジノビリでした。独特なステップ、勝利への情熱をむき出しにしたプレー、思いがけないところにパスを出すセンス、様々なプレーで観客を魅了してくれました。記録にも記憶にも残る偉大な選手。ジノビリ、お疲れ様。ありがとう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP