1対1は全体の一部分

この記事は1分で読めます

Hardenのクロスオーバー。

身体を緩ませているからこその緩急。それに加えて、パスをする雰囲気を見せている、如何にも「1対1をしますよ」というオーラを見せていないからこそ、相手はより大きなスピードの振れ幅を感じているのではないかと思います。仙道が流川に言ったように、5対5の中では「1対1」も駆け引きの一つ。NBA選手の1対1に憧れるものですが、パスの選択肢があっての1対1だということを感じさせるワンシーン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー