1対1は全体の一部分

この記事は1分で読めます

Hardenのクロスオーバー。

身体を緩ませているからこその緩急。それに加えて、パスをする雰囲気を見せている、如何にも「1対1をしますよ」というオーラを見せていないからこそ、相手はより大きなスピードの振れ幅を感じているのではないかと思います。仙道が流川に言ったように、5対5の中では「1対1」も駆け引きの一つ。NBA選手の1対1に憧れるものですが、パスの選択肢があっての1対1だということを感じさせるワンシーン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP