ポポビッチから学ぶ「チーム」の本質

この記事は2分で読めます

こんにちは。今日はポポビッチから学ぶバスケの本質について。

 

ポポビッチといえば説明不要の名将です。
スパーズを毎年毎年、怪我人が出たとしても誰かが引退したとしても、
必ず強豪チームに仕上げる影響力はもうカッコ良すぎます。

ドラゴンボールがあるなら、
一度でいいからポポビッチからバスケを教わりたい。
(めちゃくちゃ怒られそうな気もするけど。笑)

 

そのポポビッチの哲学がコチラ。

「結果が生まれるのは、過程のおかげ」
ということですね。

 

この言葉をバスケで当てはめたら、
無駄に思えるスクリーンプレー、直接はシュートに繋がらない動きなどの積み重ねによって、
一つのシュートが生まれると言えるのではないでしょうか。

 

この事は、実感した人にしかわからない感覚でもありますが、
「チーム」というのはそういった無駄に思える動きも味方のためになり、
そして、それが味方のためになっているということを全員が納得できる事だと思います。

 

そんなバスケがこちらのバスケです。

 

これは今度、新しい企画で深めていく
Princeton Offenseというシステムを実践した大学チームのハイライト。

今回の新しい企画は、
「チームプレー」を学んでいくのですが、
Princeton Offenseを中心にして、
スクリーンプレー、駆け引き、戦術、教育など
様々なことを参加者全員で深めていくものです。

 

で、この大学生チームを作ったのが
僕の新しい発信仲間の「ツル」という人物です。

 

ツルの紹介はまた詳しくしていきますが、
Princeton Offenseを「賢者」という考え方と掛け合わせて作り上げた人物で、
今回の企画ではツルの思考をベースにしてバスケを深めていきます。

 

 

あ、それとポポビッチの言葉は素晴らしいのですが、
受け取り方を間違えてしまうと大変なことになると思います。

 

ポポビッチが言いたかった事は、
「とにかく数だけをこなせばいい」
という事ではないはずです。

 

間違った方法でずっと石を叩いていても何も生まれません。

 

間違った方法で努力し続けていても、
いつまで経っても上手くいく事はありません。

 

じゃあ「間違った方法」とは何か?

 

それは一概に言える事ではありませんよね。
僕だって何が正しくて間違っているかはわかりません。

 

 

だからこそ、
「常に試行錯誤しながら行動を続ける」
ということが「正しい努力の方法」なんじゃないかなと思います。

 

常に学びながら、今の自分を固定せず、
それでも石を叩き続けるように行動を止めない。

 

 

そうしたらいつか石は割れるのだと思います。

 

スパーズは毎年の事ですが、
今年も素晴らしいチームです。

 

ボールムーブメント、スクリーンプレーなど、
「チームスポーツ」としての
バスケットボールの醍醐味を魅せてくれます。

 

またその動画は別で載せたいと思います。

 

 

PS.

そういえば書き忘れていましたが、
あのポポビッチの言葉をシェアしてくれたバスケ仲間は、
もともとKyrieのドリブルスキルを見る事だけがバスケの楽しみで、
「チームプレー」に一切興味がなかったんですが、

NBA選手のオフボールの凄さを知ってから、
価値観が変わってスパーズが好きになりました。

 

よく言っているのは、
「人生が変わった」
という事です。

 

壮大な話に聞こえるかもしれませんが、
それまでは所謂「自己チュー」だったので、
チームプレーやシュート以外の楽しさを知ったら、
優しくなったというか角が取れた感じです。

 

だから、物の見方も豊かになって、
人間関係とかも豊かになっていると言っています。

 

 

個人でバスケを楽しむのも一つの方法。

シューティングを楽しむのも最高に楽しいです。

 

色んな人がそういったところは発信しているので、
僕は自分なりの世界観で、
「チーム」の楽しさを伝えていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP