カイル コーバーがスクリナーになる意図

この記事は1分で読めます

キャブスのコーバーのオフボール時のプレーをまとめた動画を紹介します。

 

基本的に、コーバーのようなシューターは、

ディナイはディナイでも「スーパーディナイ」と呼びたくなるほどの

ボールを持たせないようにするディナイをされます。

ボールも見ずにスクリーンを使わせないディフェンス。

 

このディフェンスに対する対処は三つ。

1.無理やりスクリーンを使う

2.自らがスクリナーになる

3.バックカット(もしくは逆サイドにカットする)

 

 

ここでは「2.自らがスクリナーになる」というプレーを選択。

 

これだけ必死に守っているので、

ディフェンスはそのままスクリーンに巻き込まれて、

いつの間にか「守りながら味方にスクリーンをかけている」

というような状況になります。

 

 

その他にも「バックスクリーン」も有効。

スイッチをしたらミスマッチ、

少しでも離したらコーバーがフリー。

 

 

シューターがシュートを打てるのは、

まず自分がスクリナーとしてチームに貢献するから。

 

キャブスがいかにコーバーをうまく活かしているか

がよくわかる動画です。

 

NBA選手はやっぱり凄い…!

 

 

PS.

この動画チャンネルは「Coach Daniel」という人のものです。このチャンネルの動画はどれも素晴らしいので、簡単な解説を加えながらこれから紹介していこうと思います。何か要望やご意見などあれば気楽に教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー