相手の思考を読み、駆け引きで抜く

この記事は1分で読めます

今日は「駆け引き」について。

脱力バスケのマコトさんのツイートをご覧下さい。

個別にスキルを高めることも必要だけれど、試合中は5人の味方と5人の敵がいます。その中で、様々な駆け引きをすることによって、相手の意識の切れを狙うことができる。…マコトさんは、実際にそうやってバスケをしています。僕もやられました!笑

動画をよくよく見ていただきたいのですが、マコトさんが抜いている時は、相手のDFは「緩んでいる」状態の時です。その瞬間にマコトさんは動き出しているので、DFは簡単に抜かれています。離したら打たれるし、詰めたら抜かれるし、押したら引かれるし、引いたら押される…。対戦するとわかるんですが、普通の人とは違った動きなので反応が一歩遅れてしまいます。古武術の考え方をバスケに活かしていて、「踏ん張らずに動く」ということを体現していることもあって、「いつの間にか横にいる」という漫画のような状況が起きてしまいます。笑

 

 

駆け引きを極めたい今日この頃。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • リーン
    • 2016年 11月15日

    コメント失礼します。
    いきなりですが「黒人リズム感の秘密」という本をご存知でしょうか?
    この本は黒人リズム感のルーツや仕組みを紐解くといった内容でして、主にダンスを軸としているのですが、応用としてバスケットボールやその他のスポーツの駆け引き(主にリズムの観点から)について書かれており、駆け引きについて非常に参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

      • バスケのヨシ
      • 2016年 11月15日

      コメントありがとうございます。
      駆け引き、かなり発信の重要キーワードなので、その書籍を是非参考にしていきたいと思います。ボリュームもあり、いろいろな視点が紹介されていそうですね。ご紹介ありがとうございました。またお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP