相手の思考を読み、駆け引きで抜く

この記事は2分で読めます

 

脱力バスケのマコトさんのツイートをご覧下さい。

個別にスキルを高めることも必要だけれど、試合中は5人の味方と5人の敵がいます。その中で、様々な駆け引きをすることによって、相手の意識の切れを狙うことができる。…マコトさんは、実際にそうやってバスケをしています。僕もやられました!笑

動画をよくよく見ていただきたいのですが、マコトさんが抜いている時は、相手のDFは「緩んでいる」状態の時です。その瞬間にマコトさんは動き出しているので、DFは簡単に抜かれています。離したら打たれるし、詰めたら抜かれるし、押したら引かれるし、引いたら押される…。対戦するとわかるんですが、普通の人とは違った動きなので反応が一歩遅れてしまいます。「いつの間にか横にいる」という漫画のような状況が起きてしまいます。笑

 

DFのレベルがどうこうという視点ではなくて、

マコトさんの「抜き方」に注目してみてください。

 

力を使って体を鍛えて抜いているのではなく、駆け引きをして、(膝抜きによって)身体が前に倒れる力を使ってドライブをしています。力だけがバスケットボールではないとマコトさんから教えられました!(是非、何度も動画をご覧になって見てください)

 

 

バスケットボールは流れの中で、相手と駆け引きをするスポーツ。

 

一つの形に囚われることなく、

流れを切って断片的なプレーをするのではなく、

流れの中で、様々な選択肢を使って相手と遊ぶ。

 

流れと駆け引きを大切に。

 

 

 

PS

マコトさんのドライブは、脱力、膝抜き、股関節の折りたたみ、相手の脳みそとのリンク、…などを使っているらしいです。今僕も学びながら実践していますが、マコトさんの動きや思考が異次元過ぎて、宇宙人なんじゃないかと思っています。笑

そんなマコトさんの動きの秘密が多くの方に伝わるように、僕が今のうちに実践する中で失敗などを経験してマコトさんの知識を最短で習得できるように体系化していきたいと思います。自分自身、流れと駆け引きを意識してバスケに向かいたいと思います。バスケに終わりはない…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • リーン
    • 2016年 11月15日

    コメント失礼します。
    いきなりですが「黒人リズム感の秘密」という本をご存知でしょうか?
    この本は黒人リズム感のルーツや仕組みを紐解くといった内容でして、主にダンスを軸としているのですが、応用としてバスケットボールやその他のスポーツの駆け引き(主にリズムの観点から)について書かれており、駆け引きについて非常に参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

      • バスケのヨシ
      • 2016年 11月15日

      コメントありがとうございます。
      駆け引き、かなり発信の重要キーワードなので、その書籍を是非参考にしていきたいと思います。ボリュームもあり、いろいろな視点が紹介されていそうですね。ご紹介ありがとうございました。またお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

Twitter