タグ:JamesHarden

  1. 今回もハーデンのドライブについて深めていきたいと思います。前回はハーデンの「相手ディフェンスの腕を払う」という技について解説しました。ディフェンスは接点から無意識に相手の動く方向を察知したり、腕の力を使って抑えてこようとするため…

  2. 師匠の慎さんとの1対1。身体を大きくすること、技術を高めることだけでは限界があるということを突き付けられて、「これから先どうしよう・・・」と思っていたときに、ふと思い出した変人こと慎さん。運よく大学の先輩だったので、声をかけていろいろと学ぶ…

  3. 今回はアンストッパブルなハーデンの秘密を探ってみようと思います。今のNBAでハーデンほどアイソレーションの1対1が強い選手はいません。得意のステップバックからのスリーポイント、ドライブ、速攻はもちろんのこと、ピック&ロールからのパスも芸術品…

  4. 「あの流川がパスしたんだぞ… あの流川が あの… 天上天下唯我独尊男がパスを!!」流川は山王戦で「パス」を覚えました。そのことで、流川のプレーの幅は広がり、マッチアップしている沢北には「迷い」が生まれました。流川のよ…

  5. Hardenのクロスオーバー。身体を緩ませているからこその緩急。それに加えて、パスをする雰囲気を見せている、如何にも「1対1をしますよ」というオーラを見せていないからこそ、相手はより大きなスピードの振れ幅を感じているのではないかと思います。…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー