タグ:スペーシング

  1. 1対1はバスケットボールの基本。そうは言うものの、ボールを持っていない時間の方が多いのがバスケットボール。単純計算すると、5人がコート上にいるので80%の時間はボールを持っていないことになります。ということは、その80%の時間をいかに効率よ…

  2. ドライブに対する応用的な合わせ。 このブログでは一番最初にスペーシングについて発信をしていきました。その中で紹介したのが「渦の理論(サークルムーブ)」という動きです。ドライブはバスケの試合中で最も多く見られるプレーだと言われています。…

  3. 前回の記事:「ディナイ不要論①~ディナイの有効性~」今回は早速、「どうしてディナイが必要ないのか」について。もっと言えば、「ディナイをしないディフェンスってどんな守り方なの?」っていうことについて書いていこうと思います。そもそも、このシリー…

  4. 今回は、Steve Nashがピック&ロールの解説をしている動画を紹介します。こんな解説動画が見れるようになっている現代は明らかに凄すぎます。これがYoutubeに誰でも見れる形でポンと置いてあるのですから、本当に誰でも知識を学べる時代であ…

  5. 今回は、ミートドライブについて。ボールにミートしてからドライブをしているシーンですが、ポイントは「3Pラインよりも一歩後ろで準備をする」ということです。このことで、ミートしたときに勢いが生まれて、また、たとえパスが悪かったとしても体制を整え…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー