数歩の違いが生む大きな差~ミートドライブのポイント~

この記事は1分で読めます

今回は、ミートドライブについて。

ボールにミートしてからドライブをしているシーンですが、ポイントは「3Pラインよりも一歩後ろで準備をする」ということです。このことで、ミートしたときに勢いが生まれて、また、たとえパスが悪かったとしても体制を整えて3Pを狙うことができます。これが3Pラインぎりぎりだと、もしパスが悪かったらミートをした時点で3Pラインを踏んでしまう可能性があります。このたった数歩の違いは、バスケの自由度を大きく変える数歩です。

このように、ミートをしたときに3Pラインを踏んでいると、ディフェンスからしたら外に出て行く必要性があまりありません。なぜなら、ゴール下の二点と3Pラインを踏んで打つシュートは同じ二点だからです。確率的に遠くの方が入らなくなるので、わざわざ外に出て行く必要がありません。3Pを打とうとしても下がりながら打つか、体制が崩れた状態でのシュートになります。そうなると、ディフェンスは小さく守ってくるので、オフェンスはより攻めにくくなります。逆に、3Pラインを有効に使えば、ディフェンスは外に出ざるを得ません。そのためには、3Pラインの少し後ろで準備をすることが大切になります。

NBA選手たちは(当然ですが)3Pを有効に活用しています。そのためには、3Pラインぎりぎりで準備をするのではなくて、1mくらい後ろで準備をしています。このたった数歩の使い方で、シュートの質からチームプレーの質まで全てが変わってくると言っても過言ではないと思います。バスケットボールは、それくらい繊細なところが面白いですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP