1. 最近、こんな言葉を聞きました。とある大学生が引退後に言っていた言葉です。 「NBAってさ、ほとんど戦術なわけじゃん。なのに、なんであんなに1対1ができるのかわからなかったけど、その理由がわかったよね。あれも結局は型があるから1対1が自由にで…

  2. NBA選手のようなプレーに憧れているバスケットマンへ。NBAという世界は、誰もが憧れる世界。そんな世界最高峰のリーグに、日本人で初めて挑戦した森下雄一郎さん。前回は、森下さんの動画を紹介しました。(※前回の記事が長く…

  3. こんばんは、原田です。渡邊雄太選手がNBAのプレシーズンで大活躍しました。田臥選手や富樫選手などの挑戦もあり、日本人がNBAの公式アカウントで取り上げられる日が来るとは…そして、あの場面でクラッチシュートを入れて、延長戦でもチー…

  4. 思わず、「面白い!」とシェアしたくなった守り方を今回は紹介します。最近ちょうど「ディナイ不要論」を書きましたが、それにも繋がってきます。ディナイをしない守り方のメリットの一つに「オフェンスの状況をよく見れる」ということがあります。ディナイを…

  5. 前回の記事:ディナイ不要論⑤~ゾーン禁止とバックドアカットの価値~ここまでシリーズものとして書いてきたディナイ不要論を今回の記事で一旦終わりにしたいと思います。もともと、このシリーズを始めようと思ったのは、ディナイを否定するためではなくて、…

RETURN TOP