中学の恩師から教わった「ジョーダンの凄いところ」

前回に引き続き、高校生とバスケをした時に思ったことを書いていきます。

 

僕は自分のプレーを見返すのが割と好きです。

1対1とかもそうだし、試合の動画を見返すのも。

 

皆さんはどうですか?

 

自分のプレーを見るのが好きって言うと、

なんだか、ナルシストみたいに言われることもたまにありますが(笑)、

自分のことが好きだと思える瞬間って人によってぜんぜん違うと思うんですよね。

 

そもそも、自分のことが好きだとか恥ずかしいし、好きだと思えるなんてことはないってこともあると思いますが、

人によっては「指導している自分を見るのが好き」とか「誰かと楽しく遊んでいるのが好き」とかあるかなぁと思います。

 

まぁ僕は決してナルシストとは遠いところにいると自分では思っていますし、

学生のときとかも表に出て何かをするようなリーダーシップと明るさやノリがあるキャラでもなかったので、

どちらかというと、自分のことが好きなんて言えない人間です。

 

ただ、自分のプレーを見返すのは好きです。

 

試合を終わったら、良い試合も悪い試合もすぐ見るようにしています。

自分のプレーだけではなく、自分が指導している学生たちの試合を見る時も同じです。

 

「気付いたら時間が経っている」

っていうものは、自分が好きなものだと思うんですが、

僕の場合は、バスケをプレーしている時、指導している時、動画を見返している時です。

バスケットボールという枠組みで話せば。

 

 

でも、自分のプレーを見ていて、もっとも自分が嫌になる瞬間というのがあります。

 

それが、

「ミスをした後に戻らなかった時」

です。

 

これを見るのは、本当に嫌だし、ビデオの中の自分が大嫌いになりますね。

 

それがこの前の高校生との試合であったんです。

あれは、今見返しても最悪な態度だなぁと思いました。

 

なんというか、

学生の時は絶対になかったことだったのに、

今、そういう瞬間が一度でもあるというのを見ると、

なんだか、バスケに対して失礼というか、

ほんと自分が嫌になりますね。

 

だから、もうやらないと決めました。

 

ビデオで自分のプレーを見返すとき、

自分のプレーを見るのが好きだと思うなら、

きっと、そこには自分がバスケを楽しいと思う瞬間があるだろうし、

それはバスケをする目的や理由にも繋がる部分だと思います。

 

でも、逆に、ビデオを見ていて、

「最悪だな、この自分」って思える瞬間があれば、

それはきっと凄く大事な瞬間なんだと思います。

 

 

自分のこと大好きでナルシストで周りが見えない

っていう人にも、それだけまっすぐな良さがあると思うんですが、

 

そこまでいかなくとも、

「ミスも含めて、自分のプレーを見返すのが好き」

って思えるのは、大事なことなんじゃないかなぁと思いました。

 

そして、自分のことが嫌いになるようなプレーをちゃんと受け入れるのも。

 

 

試合のビデオを見返すのは好きですか?

 

 

 

PS.

そういえば、中学生の時からミスの後に戻る癖がついたエピソードを紹介します。今書きながら思い出しました。僕が中学生の頃、とても素晴らしいコーチが指導をしてくれて、NBAをよく見せてくれたし、試合中は楽しむことを大切に見守ってくれたし、練習中はとても分かりやすくバスケットボールを教えてくれました。そんなコーチが言っていたことはこれです。

 

「マイケル ジョーダンは、ミスをしたら誰よりも早く戻る」

 

たったこれだけのことですが、とても印象に残っていて、それ以来、僕はミスをした後は必ず誰よりも先に戻ることを目指してました。ジョーダンのプレーを見返すと、確かに、ミスをしたら誰よりも先に戻って取り返そうとしていていたんです。距離的に誰よりも早く毎回戻れるかと言うとそうではない時もあるかもしれないけど、でも、常にそういう気持ちでいました。

それがいつからか、ちょっと薄れていたんだなと改めて今回思いました。自分のミスの後に戻るのは当然としても、相手がキャッチミスしたとしても自分のパスの選択肢が悪かったと思って戻れる選手でありたいなと思います。ミスの後、戻らないような選手になったらバスケする資格ないんじゃないかと思うほど、自分にとって戻らない自分を見るのは一番いやな瞬間でした。だからといって、ミスを怖がるっていうのはまた違うけど、完璧なプレーを求めすぎると一つのミスでがっくりきて戻らなくなるということがある気がします。ジョーダンのプレー、中学の恩師の言葉を改めて思い出しました。恩師に感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

管理人自己紹介

カテゴリー