アトランタ・ホークス オフェンスシステム

この記事は2分で読めます

 

今日は、アトランタ・ホークスのオフェンスシステムを紹介します。

 

1.「イーストのスパーズ」と呼ばれるホークス

現在のホークスを率いているのは、マイク・ブデンホルザーHCです。ブデンホルザーHCは、スパーズのポポビッチのもとで、10年以上アシスタントコーチを務めていました。そのこともあり、ホークスのオフェンスは、スパーズのようなシステマチックで、パスを中心にしたオフェンスを行っています。(ポポビッチがマイク・ブゼンホルザーHCを称賛しているという記事はコチラから)

選手の起用法も、ホークスとスパーズは似ていて、スタートの選手とベンチスタートの選手の出場時間が同じくらいであり、スパーズのように、全員バスケのチームを作っているとも言えます。

Gregg+Popovich+San+Antonio+Spurs+v+Memphis+jPqKui48RhEl

 

 

2.ホークスのオフェンスシステム

 ホークスのOFシステムについて動画で紹介します。

ホークスのOFを見るときに、一番注目してほしいのは、K・コーバーの動きです。コーバーは、言わずと知れたNBA屈指の3Pシューターですが、コーバーを活かすためのスクリーンプレー、そして、コーバー自身のスクリーンの使い方、オフボールので合わせ方が素晴らしいです。

kyle-kover_ax349tcborvu1brdekgacnwax

 

 

『Hawks “One”』

コーバーに対して、ダウンスクリーンをかけるだけというシンプルなオフェンスです。

シンプルですが、コーバーのシュート力があるため、簡単にアウトナンバーが生まれています。コーバーのDFがスクリーンに引っかかれば、そのままコーバーがシュートを打ち、スクリナーのDFがコーバーにヘルプをすれば、スクリナーがフリーになります。これだけシンプルなOFでも、コーバーほどのシュート力があれば、簡単に得点に繋がります。コーバーは、ボールを受けてからのシュート、ドリブル、パスの判断が早く、ボールをもらう前から、DFをよく見て、次のプレーを予測していると考えられます。

 

『Sneak Peek: Hawks ATO Sets』

コーバーをフリーにするための、様々なスクリーンプレーです。

 

この動画を見るとわかりますが、コーバーは、ボールをもらう前に様々なフェイクをしています。

・スクリーンを使う方向とは逆の方向へのフェイク

・自らがスクリナーになってから、DFを惑わせるフェイク

・プレーに何も関わっていないような素振りを見せるフェイク

 

コーバーだけの注目をすると、様々なフェイクをしてフリーになっています。これだけのフェイクをして、なおかつ、これだけ良いスクリーンが連続して行われたら、DFはもはやどうやって守ればよいのか分かりませんね…。最初に、コーバーがスクリナーになることが多く、コーバーのDFは、スクリーンの対処に追われ、その間にコーバーは、次のスクリーンを使うために動き出しています。コーバーだけを追えば、スクリーンをもらった味方がフリーになり、スクリーンプレーの対処をしていたら、コーバーがフリーになる。

 

 

『 Hawks BOB/COB』

ホークスのエンドプレーです。

これは、コーバーだけではなく、一つ一つのスクリーンプレーに注目してご覧ください。

この動画を見ればわかりますが、一つのエンドプレーの中には、1rst optionから始まり、連続してスクリーンプレーが行われています。なので、一つ目のスクリーンプレーで成功しなかったとして、流れを止めることなく、次のプレーが開始されるので、多くのシュートチャンスを作ることができます。NBAのエンドプレー、サイドプレーを見ると、連続して様々なスクリーンプレーが起こるので、見ていてとても面白いです。

 

『Hawks “Pistol”』

これも、最初にスクリナーになるコーバーに注目してください。

コーバーが最初にスクリナーになることで、味方を活かしながら、次の自分へのスクリーンを有効に使えるようにしています。このOFは、流れの中でスクリーンプレーが連続して行われるため、DFとしては、対応するのがかなり難しそうです。

NBA選手の駆け引きは凄い…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP