Early screenの有効性

この記事は1分で読めます

今日は、速攻の場面でのスクリーンプレー、

特に、ボールマンのスクリーンプレーについて紹介します。

 

 

Early screenと呼ばれるプレーです。

DFがセットされていない状況でスクリーンプレーをすることを言います。

Early srcreen1

このようにすることのメリットは、スクリーナーのDFがShow DFの準備ができてないため、DFを崩しやすいということです。DFがセットされている状態だと、スクリーナーのDFはいつでもボールマンを守ることができます。しかし、速攻などのDFがまだセットされていない状況で、スクリーンプレーが起こると、DFは対応が遅れてしまうため、OFのアウトナンバーができやすくなります。

Early srcreen2

(スクリナーのDFはボールマンをカバーできない)

 

センターのプレイヤーは、すぐにゴール下で面を張るだけではなく、

ボールマンにスクリーンをかけるという選択肢を持つことで、プレーの幅が広がります。

 

 

スペーシング

スクリーンプレーをする際は、スクリーンプレーの2対2から『ズレ(OFが有利なポジション)』が生まれるため、その他の選手は、お互いに良いスペース(距離・間隔)を取って、アウトナンバーを攻められるような準備をしています。

Early srcreen3

 

こちらがホークスの動画です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP