カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 今日紹介するのはウォリアーズのDraymond Greenの上手さ。◆Draymond Greenの上手さ 「さりげなくスクリナーになる」何かをする雰囲気を一切出していない状況から急にスクリナーになることで、DFの対応は遅れます。スクリーン…

  2. 今、世界中のバスケットマンを魅了しているCurryが行っているドリル。【ルール】・制限時間2分・5つのスポットからシュートを打つ・5/7以上の確率でシュートを決めたら次のスポットへ・5/7以下の確率でシュートを決められなかった場…

  3. 最近は3対3のリーグに参戦しているIverson。今日紹介するのは、Iversonが現役だったときのドライブシーン。ディフェンスの前に出ている脚(この場合は左脚)を狙ってドリブルをすることでディフェンスは反転せざるを得ない状況に…

  4. 「左手は添えるだけ」もはや、バスケをやっていない人ですら知っているほどの名言。漫画『スラムダンク』の名言を挙げるとしたら、おそらく誰もがトップ5に入れたくなるセリフだと思います。シュートを打つときのガイド…

  5. 理論上、最も効率の良いシュート。1.速い2.軽い3.入る この三つの要素が高ければ高いほどバスケットボールにおいては理想のシュートだといえると思います。モーションが速ければDFにブロックをされないし、少ない力でシュートが打てれば試合終盤でも…

RETURN TOP