カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. スティーブ・ナッシュが現役を引退しました。自分にとっては、NBA選手の中で一番好きな選手であり、プレー面でも一番お手本にしていた選手であるので、もうナッシュのプレーが見られないのはとても残念です。。ナッシュは引退してしまいましたが、ナッシュ…

  2. 今日は、アトランタ・ホークスのオフェンスシステムを紹介します。1.「イーストのスパーズ」と呼ばれるホークス現在のホークスを率いているのは、マイク・ブデンホルザーHCです。ブデンホルザーHCは、スパーズのポポビッチのも…

  3. 今日は、速攻の場面でのスクリーンプレー、特に、ボールマンのスクリーンプレーについて紹介します。ドラッグスクリーンと呼ばれるプレーです。DFがセットされていない状況でスクリーンプレーをすることを言います。このようにする…

  4. ロサンジェルス・クリッパーズと言えば、どんなことを思い浮かべますか?『Lob City』これは、クリッパーズのニックネームで、ロブパス(山なりのパス)からのアリウープが多いため、このようなニックネームが付きました。その名の通り、…

  5. 今日、コービーが新しく記録を塗り替えました。それは、「キャリアで失敗したシュート本数」で歴代一位になったこと。今日の試合(vsグリズリーズ戦)で、FG10/24(28得点)と14本のシュートを外し、 シュートのミスの本数が、キャ…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー