NBAハイライト病

この記事は3分で読めます

インターネットが発達している現代において、バスケットボール界に蔓延している病気。

 

NBAハイライト病

 

 

多くのバスケットマンはNBAを見てバスケを上達させていく。そのことで、より一層バスケが好きになったり、NBAからバスケを学ぶことで上手くなったりする。今では、YoutubeやSNSを使って、試合のハイライト動画、個人のハイライト動画、チームのハイライト動画、個別のスキルに関するハイライト動画をいくらでも見ることができる。そんな素晴らしい時代。

 

しかし、その動画の見方を間違えてしまうと、

NBAハイライト病にかかってしまい、バスケットボールの幅が狭まる。

 

症状:プレーが断片的である

 

 

具体的には、

  • 一つ一つのプレーが切れてしまい、プレーに流れが無い
  • プレーが断片的であるから、ミスをしても切り替えることができない
  • 完璧主義者になりやすく、一つのミスで絶望しやすい
  • 数字に残るプレーだけを追いかけてしまい、大切なことが見えなくなる

 

 

ハイライトには、成功したシーンしかない。

 

Youtubeにアップされている個人のハイライト動画で考えて見ると、…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-20-24-10

Kyrieのハンドリング集を見れば、ドリブルで相手を抜き去ったシーンしかない。素晴らしいパスから味方がシュートを決めたシーン、自ら得点を取ったシーンしかない。だから、ハイライト病にかかってしまうと、「全てのプレーを”綺麗に”成功させないといけない。」と脳みそが考えてしまう。だから、完璧主義者になりやすく、ミスをした時に絶望してしまう。

 

また、ドリブルのハイライト動画を見る時に、「ドリブルが上手い=バスケットボールが上手い」と考えてしまうことも危険なこと。NBAでは、華麗なドリブルをしただけではハイライトにはならず、味方のシュートが入ること、自らのシュートが入ることで初めてハイライトになる。ドリブル(だけ)が上手い選手とバスケットボールが上手い選手の差は、流れを切らずに、シュートに繋げられているかどうか。

 

 

自覚症状:なし

多くの人は、自分がNBAハイライト病にかかっていることに気づいていません。「身体が動かなくなった」から、切り替えができていないのではなくて、頭の中にある「バスケットボールの上手さ」という概念が”流れ”を含んだものではなくなっているから、切り替えができない身体になってしまう。

プレー一つ一つが独立してしまい、ミスをしたら絶望して、切り替えることができない。全てのシュートを入れて、全てのパスを成功させないといけないと思い込み、プレーの幅を狭めてしまう。…ハイライトを見ることでバスケットボールの可能性は広がっていくけれど、その見方を変えなければ、ハイライト病にかかってしまう。

 

でも、簡単に、この病気は治すことができる。

 

自分がハイライト病にかかっていることに気づくのには時間がかかるのに、

治そうと思ったら、あっという間に治ってしまうのがハイライト病の面白いところ。

 

 

処方箋

この病気を治すことは簡単にできる。

 

NBAの試合を一試合通して観戦し、

広い視野でバスケットボールを見ること。

 

 

たったこれだけのことで、この病気を治すことができる。

言い方を変えたら、「自分自身がNBAハイライト病であることを自覚すること」で病気は完治に向かって行く。バスケットボールは5対5で行うもの。そして、得点を競い合う遊び。

 

どんなに良いプレーをしたとしても、その後の切り替えが遅く、相手に得点を入れられたら±0。どんなに悪いプレーをしたとしても、その後に取り返せば、±0。

どんなにカッコいいドリブルで相手を抜いても、それが良いシュートに繋がれなければハイライトにはならない。カッコいいドリブルができなくても、シュートに繋げられるドリブルができたらハイライトになる。

個人の数字を残すことばかりに気にしてしまうと、大切なことを見落としてしまう。数字に表れない味方のプレー、自分のプレーを見れるようになったら、バスケの楽しさは広がっていく。

 

 

NBA選手は、大きな流れの中でプレーしている。

 

Curryだってミスをする。でも、そのミスをターンオーバーにしない球際の強さがあったり、ミスをしてもゲーム全体で見たら、そのミスを取り返していたりする。Curryだって全てのシュートを決めているわけではない。でも、重要な場面でシュートを入れている。

warriors-vs-okc_0

 

 

僕が中学生の頃、監督がこう言いました。

michael-jordan-ultra-hd

Michael Jordanの凄いところは、自分がミスをしたら誰よりも速くDFに戻るところだ。だから、いくらミスをしても良いけど、ミスをしたら誰よりも速くDFに戻りなさい。

 

ミスをミスのまま終わりにしない。

良いプレーを次のプレーに繋げる。

一つ一つのプレーを繋げて、ゲームの流れを切らない。

 

NBAハイライト病に負けない、バスケットボールの本質を見抜ける目を養って。

 

 

 

 

PS.

…ということで、今回の記事は、完全に自分自身に向けて書きました!最近、自分自身のプレーが断片的になってきているように感じ、ハイライト病を自覚しています…。NBAが好きな人は誰もが一度はかかってしまう病気であると思います。だって、NBA選手がカッコいいから。笑

でも、「病は気から」という言葉の通り、「バスケットボールが上手い」という固定観念をゆるめて、大きな流れの中でNBA選手を見ることが自分のプレーの幅を広げてくれます。ミスをしても良い。でも、必ずそれを取り返そうと、切り替えて、次に活かす。完璧を求めすぎず、ミスに対して絶望するのではなくて、一つの経験としてインプットして切り替える。

 

現在もプレイヤーとしてバスケをしているからこそ感じられる自分自身の課題。

 

中学校時代の恩師の言葉を思い出して、

これからは、ミスをしたら誰よりも速くDFに戻ります!

 

 

 

PS

バスケの指導の場では、NBAハイライト病を作り出してしまう練習方法もあります。練習中に指導者が細かくプレーを分析し過ぎて、プレーの流れを止めることです。スポーツは科学ではないので、理屈で全てを理解させようとすると答え探しで練習が終わってしまいます。指導者の話だけを聞いて、ほとんど身体を動かしていない…という状況があると、NBAハイライト病になってしまいます。

毎日の練習の中に、試合と全く同じ状況で、指導者がゲームの流れを止めない練習も必要だと思います。

 

OFが負けたということは、DFが負けたということ。DFが負けたということは、OFが負けたということ。負けた方を怒るのか、勝った方を褒めるのか。大事なところだと思います。駆け引きという遊び心を忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

Twitter