速攻の練習方法~アトランタ・ホークス~

この記事は1分で読めます

今回は、アトランタ・ホークスの練習動画を紹介します。

動画を見る限りですが、ルールはとてもシンプルなもので、「ショットクロック16秒(もしくは10秒)」という制限をつけています。ショットクロックを短くすることで自然とゲームスピードが上がって、ブレイクやアーリーオフェンスの練習になります。また、最初のポゼッションをリバウンドから始めて、ボールを取った方がオフェンスというシンプルな方法からスタートするのですが、リバウンドを取るチームが確定していないというのがポイントです。どちらもオフェンスになりうるので、リバウンド後の判断力も身につきます。

(10人でリバウンドを争い、ボールを取ったチームがオフェンス)

 

ショットクロックの制限とリバウンドの一工夫。

これだけで、速攻を出そうと意識をしなくとも自然と速攻を出すようになるし、リバウンド後の判断力も高まります。こういったシンプルなルールを設けるだけで、実践的な力が身につく練習はとても効率的ですね。こういった動画をまた見つけたら紹介していきたいと思います。ホークスは、ルーキーのTrae Youngがどんな活躍をしてくれるのかも楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP