カテゴリー:日本の部活動について思うこと

  1. 脱力バスケのマコトさんのツイート。マコトさんは普段は整体師として仕事をされています。そのため、身体について非常に詳しく、バスケを効率よく高めることができています。そして、バスケだけに限らず、整体師として脳と身体の関係、栄養と病気、薬とエネル…

  2. 久しぶりに、地元のミニバスに足を運びました。ミニバスの頃は、細かいことを教わったことはありませんでした。ハンドリング、ドリブル、レイアップの基礎を教わっただけで、後はずっと、ただひたすらバスケットボールを楽しんでいました。ミニバスがある日が…

  3. スリーメン。バスケ部に入った人なら誰もが経験したであろう練習メニュー。そして、多くの人の記憶の中には「スリーメン=キツイ…」という意識があるのではないでしょうか。僕も学生時代にスリーメンでたくさん走った記憶があります。きつい練習でしたが、終…

  4. 僕が学生の時、よくこんな言葉を耳にしました。「そんなに動けるのは学生の時だけだから、今のうちに動いときな。」「いいよなぁ学生は。オレも若い時は、あんなにバスケしてたなぁ。」そんな言葉を聞いたことがありました。確かに、学生の時間はとても貴重で…

  5. 武井壮さんが、厳しいシゴキや闇雲に練習量だけを増やす部活動(いわゆる「ブラック部活」)について言及していました。武井壮さんはそういった部活動が生まれるのは指導者の知識不足が原因であると考え、「1時間でも30分でも毎日子供のため、将来のために…

RETURN TOP