オールコートプレスを無効にするセット!?

今回はオールコートプレスに対応する方法を紹介したいと思います。

オールコートプレス、まずはマンツーマンについて考えてみましょう。僕は高校生の頃、地元の強豪チームと対戦した時「ボールがフロントコートに運べない」っていうのを何度も経験しました。そういう試合って「あっという間に試合が終わってしまって、めちゃめちゃ試合時間が短く感じる」っていう終わり方をしてしまうものです。僕はガードをやっていたのでボールを運ばないといけなかったですが、それができず、何度もターンオーバーをしました。下級生の時に出た時なんて10個はターンオーバーしてましたね。。

やっぱりバスケの楽しさはフロントコートにあって、自分たちがやってきたオフェンスだったり1対1だったり、シュートを打てる状況を作れるかってバスケットボールっていうスポーツを楽しむうえで当然ですけど重要ですよね。オールコートプレスに何もできずに終わってしまう試合ほど、つまらないものはないかもしれません。これはゾーンプレスでも同じですね。

 

さて、そんなオールコートプレスに対して有効なセットを紹介したいと思います。これ、最近見つけたんですが、なんでもっと早く気付かなかったんだろう?という感じでした。こういうのをコロンブスの卵というんですかね。「1-4」の形からボール出しをする、というものです。動画はいくつかYoutubeにあるんですが、とりあえずわかりやすいのがこれなので、見てみてください。

 

図で表すと、こんな感じです。

 

動画では「どんなディフェンスであっても確実にボールをもらえる」ということが言われています。もちろん、パスの技術や判断力があるという前提になりますが、「オールコートディエンスに全く対応できないで試合が終わる」という場合には、このようなセットプレーを使うのもありだなと思います。ただし、これをシュートを入れられた後もやるか?というのは考えどころです。シュート後はボール出しの選手も動けるし、ディフェンスもすぐにマッチアップしていないケースの方が多いので、すぐにボールを出すことでガードにボールを渡すことはできます。このようなセットをするとしたら、インバウンドの後がいいかなと思います。その辺りはチームで話し合うべきところですね。

 

あとは、もしもこの形のままパスが入らないのであれば、スクリーンプレーをするというのもありだと思います。例えば、こんな感じで走り出すのもありです。

スクリーンをかけるとスクリナーの方にパスが入るケースがある(相手がスイッチをしてきた場合など)ため、このような動きをして、ガードにボールを渡して、一人はゴールに向かって走るというのも一つの手です。こういった形で、確実にボール出しを行い、あわよくば、そのまま速攻で得点を取るというセットをもっていると強いと思います。僕自身、今はこれを実践してみているところです。本当に便利な時代になりましたね。

 

 

PS.

純粋に、「ボールマン一人のドリブル力でボールを運ぶ」という技術も紹介できたらいいなと思っています。僕はずっとガードをしてきましたが、基本、自分でドリブルをして運んでいました。ターンを使ったり、レッグスルーを使ったり、ドリブルスキルで運ぶこともできますが、最近はもっとシンプルに運ぶ方法を言語化することができたので、それを身に付けるための練習方法やコツも含めて、どこかでお話しできたらなと思います。そういう技術的なこと、ドリブル、1対1、ディフェンスなどの個人技術を解説する場をつくりたいなと思います。思います思いますと言いつつ、ここまでなかなか発信できずにいますが、ちょっと今は時間があまり取れていないので、11月以降にそういう場をつくるための準備をしていきたいと思います。そんなわけで、これからもよろしくお願いします。ネタは無限なくらい毎日生まれているので、ちゃんと体系化して、実践して身に付けられるような形に落とし込んで、解説していきたいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

管理人自己紹介

カテゴリー