カテゴリー:武術と日本

  1. 今回もハーデンのドライブについて深めていきたいと思います。前回はハーデンの「相手ディフェンスの腕を払う」という技について解説しました。ディフェンスは接点から無意識に相手の動く方向を察知したり、腕の力を使って抑えてこようとするため…

  2. 大学三年生の時、体育館に”変な人”がいました。その人は、部活をやっているわけではないのに、いつも体育館で練習をしていて、一人で鏡を見ながらディフェンスフットワークの確認をしていたりと何やら不思議な人でした…

  3. この前、師匠であり先輩の武学籠球の慎さんが通信講座の撮影をするということで、お手伝いをしてきました。その日は1対1をする予定ではなかったんですが、撮影をしていたら、逆サイドのコートに撮影仲間の後輩がたまたまバスケをしに来たので、撮影後に一緒…

  4. 師匠の慎さんとの1対1。身体を大きくすること、技術を高めることだけでは限界があるということを突き付けられて、「これから先どうしよう・・・」と思っていたときに、ふと思い出した変人こと慎さん。運よく大学の先輩だったので、声をかけていろいろと学ぶ…

  5. 今回はアンストッパブルなハーデンの秘密を探ってみようと思います。今のNBAでハーデンほどアイソレーションの1対1が強い選手はいません。得意のステップバックからのスリーポイント、ドライブ、速攻はもちろんのこと、ピック&ロールからのパスも芸術品…

RETURN TOP

管理人自己紹介

カテゴリー