カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 今回はアンストッパブルなハーデンの秘密を探ってみようと思います。今のNBAでハーデンほどアイソレーションの1対1が強い選手はいません。得意のステップバックからのスリーポイント、ドライブ、速攻はもちろんのこと、ピック&ロールからのパスも芸術品…

  2. ドライブに対する応用的な合わせ。 このブログでは一番最初にスペーシングについて発信をしていきました。その中で紹介したのが「渦の理論(サークルムーブ)」という動きです。ドライブはバスケの試合中で最も多く見られるプレーだと言われています。…

  3. カイリーが意味不明な練習を公開してくれました。それがこちら。Kyrie continuing to amaze us (via AJones/IG) pic.twitter.com/pZO5NYeRH6— Celtics on …

  4. 今回紹介するのはサイドセット。このプレーはスパーズが数年前から使っているセットです。特に、試合終盤で使われることが多く、スパーズの十八番とも言えるものです。以前の記事でも紹介したように、DHO(Dribble Hand Off)はとても有効…

  5. 目が合った者を石に変えてしまう神メデューサ。名前は一度は聞いたことがあるんじゃないかなと思いますが、そんなメデューサのように相手を固まらせる技術を紹介します。それは単純に、2対1の状況でシュートかパスかの選択肢で相手と駆け引きをする際に、相…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー