タグ:1対1

  1. 今回は、ディフェンスについて。また僕自身の映像でやられているシーンなのですが、恥ずかしくて見せたくない映像ではありますが、だからこそ、たぶん、見せることで進化に繋がると思ってます!■一対一DF編先日のOF編に続きDF編意識は相手…

  2. Hardenのクロスオーバー。身体を緩ませているからこその緩急。それに加えて、パスをする雰囲気を見せている、如何にも「1対1をしますよ」というオーラを見せていないからこそ、相手はより大きなスピードの振れ幅を感じているのではないかと思います。…

  3. James Hardenの1対1。Hardenは1対1を始める前、身体を緩ませています。脱力した状態からレッグスルーなどをして相手の様子を伺い、色んなドリブルを組み合わせて、ステップバックを駆使して、相手とのズレを作っています。身体が緩んで…

  4. 師匠の慎さんから学んでいる脱力バスケ。最近の慎さんは「武学(2500年前から伝わる中国で生まれた活学)」という古武術を含んだより大きな武の世界というのを学んでいるので、それをバスケに応用することで更に面白いバスケの世界に進んでいます。もはや…

  5. 好きな選手は誰?と聞かれると、最近はHardenです。そのHardenのプレーについてですが、Hardenはプレーが「ゆったり」していますよね。忙しなく動くというよりは、たら~~んとドリブルをつきながら、あたかも獲物をじっくりと狙うチーター…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー