タグ:スクリーンプレー

  1. クリス・ポールがよく使う技。走りながら戻っている相手選手を、あたかも自分の味方かのようにスクリーンに変えてしまう。動画のハーデンは、ただドライブをしているだけに見えるけど、よく見ると相手選手がスクリーンのようになっています。これは教えられた…

  2. 「バスケットボールのほとんどのプレーは、二人のやり取りで行われる」 こんな言葉を聞いたことがあります。5対5としてやっているバスケットボールも、小さく見ていけば1対1の掛け合わせであり、その次に2対2の掛け合わせ。チームプレーというものも1…

  3. ジャズvs.ロケッツの試合より。ロケッツを始め、今は多くのチームがスクリーンプレーに対して「スイッチ」で対応しています。スモールラインナップが主流なことも関係していて、スイッチをしてもミスマッチが生まれないことが多いので、スイッチで対応して…

  4. 今回は、「緩急」って何?という話です。バスケの面白さは駆け引きがあるところ。色んなスポーツにも駆け引きがありますが、バスケほど駆け引きの数が多いスポーツはないんじゃないでしょうか。手も足も声も使える。記録を競うものでもないので常に100%で…

  5. 今回は、スクリーンの使い方について。スクリーンを使うときには色々なポイントがあり、指導者やチームによって違いがあると思います。その中でも共通していることが「待つ」ということだと思います。スクリーンがセットされるまでユーザーは待つ必要がありま…

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー