スクリーンをかけない戦術

この記事は1分で読めます

ジャズvs.ロケッツの試合より。

ロケッツを始め、今は多くのチームがスクリーンプレーに対して「スイッチ」で対応しています。スモールラインナップが主流なことも関係していて、スイッチをしてもミスマッチが生まれないことが多いので、スイッチで対応しているチームが増えています。それに加えて、スイッチでないと対応できないほどオフェンス力が上がってることも関係していそうです。

そういった場合に、どうやってオフェンスは対応していけばいいのか?という対処方法をジャズが示してくれています。それは、「スクリーンをかけない」ということです。つまり、スクリーンをかけるフリをして、すぐにスリップ(ゴール下にダイブする)ということです。これだけでフリーが生まれています。スクリーンをかけようとすればするほど、スクリーンプレーが成功しない場合は、これくらいの速さでスリップをするのが有効になりそうです。NBAはバスケの教科書ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP