スクリーンをかけない戦術

この記事は1分で読めます

ジャズvs.ロケッツの試合より。

ロケッツを始め、今は多くのチームがスクリーンプレーに対して「スイッチ」で対応しています。スモールラインナップが主流なことも関係していて、スイッチをしてもミスマッチが生まれないことが多いので、スイッチで対応しているチームが増えています。それに加えて、スイッチでないと対応できないほどオフェンス力が上がってることも関係していそうです。

そういった場合に、どうやってオフェンスは対応していけばいいのか?という対処方法をジャズが示してくれています。それは、「スクリーンをかけない」ということです。つまり、スクリーンをかけるフリをして、すぐにスリップ(ゴール下にダイブする)ということです。これだけでフリーが生まれています。スクリーンをかけようとすればするほど、スクリーンプレーが成功しない場合は、これくらいの速さでスリップをするのが有効になりそうです。NBAはバスケの教科書ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー