カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 師匠の慎さんとの1対1。身体を大きくすること、技術を高めることだけでは限界があるということを突き付けられて、「これから先どうしよう・・・」と思っていたときに、ふと思い出した変人こと慎さん。運よく大学の先輩だったので、声をかけていろいろと学ぶ…

  2. 1対1はバスケットボールの基本。そうは言うものの、ボールを持っていない時間の方が多いのがバスケットボール。単純計算すると、5人がコート上にいるので80%の時間はボールを持っていないことになります。ということは、その80%の時間をいかに効率よ…

  3. ハーデンの腕払いをしてみました。前からしていたんですが、ようやく「腑に落ちた」という感じです。知っている状態と実勢に実践して体験して腑に落ちしている状態は、雲泥の差があるくらい受け取れるものが違うなと感じています。まだまだレベル1ですが、ポ…

  4. 今回はアンストッパブルなハーデンの秘密を探ってみようと思います。今のNBAでハーデンほどアイソレーションの1対1が強い選手はいません。得意のステップバックからのスリーポイント、ドライブ、速攻はもちろんのこと、ピック&ロールからのパスも芸術品…

  5. ドライブに対する応用的な合わせ。 このブログでは一番最初にスペーシングについて発信をしていきました。その中で紹介したのが「渦の理論(サークルムーブ)」という動きです。ドライブはバスケの試合中で最も多く見られるプレーだと言われています。…

RETURN TOP

管理人自己紹介

カテゴリー