カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 「左手は添えるだけ」もはや、バスケをやっていない人ですら知っているほどの名言。漫画『スラムダンク』の名言を挙げるとしたら、おそらく誰もがトップ5に入れたくなるセリフだと思います。シュートを打つときのガイド…

  2. 理論上、最も効率の良いシュート。1.速い2.軽い3.入る この三つの要素が高ければ高いほどバスケットボールにおいては理想のシュートだといえると思います。モーションが速ければDFにブロックをされないし、少ない力でシュートが打てれば試合終盤でも…

  3. 今日紹介するのは、ジャズのエース、Gordon Haywardの上手さ。Haywardはジャズのエースであるので相手チームはフェイスガード(ボールを持たせないように厳しいディナイディフェンスをすること)をしてきます。その際に、Hayward…

  4. とっても素晴らしい動画を見つけました。Isaiah Thomasのドリブルについて解説された動画なのですが、ドリブルで大切なことを学ぶことができます。Isaiah Thomasがどんなテクニックを使っているか?ではなくて、どれくらい「ボール…

  5. 激しいディナイをされたら、どう対処しますか?NBAでは、得点源の選手に対して厳しいディナイDFをしてボールを持たせないようにします。これは日本でも、どこの国でも、基本になるDFですね。「どんなに得点力がある選手でも、…

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)