カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. 情報発信を始めるきっかけになった「渦の理論」ボールを持っていない選手の動き「スペーシング」の重要性と、具体的な合わせ方として、ドライブに対する合わせについて解説しました。僕は、スペーシングの概念を知るのに10年かかり…

  2. 1対1に使えるスキル「Hip Swivel」。ディフェンスのプレッシャーを受けている場合に、自分のスペースを確保して、相手に圧を与えるスキルの解説動画を紹介します。これはNBA選手のスキルトレーナーをしているPure Sweat Baske…

  3. 「NBA選手のような1対1がしたい…」僕は小学校五年生からバスケを始めました。その頃からNBAを見始めて、大好きになってから、バスケをするときにいつも意識していたのは「NBA選手」。NBA選手になりたいという夢があっ…

  4. ジャズvs.ロケッツの試合より。ロケッツを始め、今は多くのチームがスクリーンプレーに対して「スイッチ」で対応しています。スモールラインナップが主流なことも関係していて、スイッチをしてもミスマッチが生まれないことが多いので、スイッチで対応して…

  5. 今回紹介するのは、1対1の動画です。この動画に出ているのは、今期のラプターズの躍進をベンチから支えたFred VanVleet。大学時代は活躍したものの、NBAのドラフトでは指名されずに、サマーリーグからNBAの座を勝ち取った選手です。今年…

RETURN TOP