カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. ~拝啓~10年前の自分へ毎朝練習をするために五時半に目を覚まして、眠くても寒くても「ここで妥協したら上手くなれないぞ」と自分に言い聞かせて、絶対に二度寝をせず、始発に乗って、電車の中の数分を仮眠して、自転車を漕いで、…

  2. セルティックス対ナゲッツの試合終了間際、絶好調だったナゲッツのマレーが勝敗が決まっている中、ブザーと共にシュートを打ったことに対して、カイリーが怒りをぶつけました。マレーの不必要な試合終了間際のシュートについてカイリーなどが無礼だと批判。こ…

  3. スプラッシュブラザーズ。ウォリアーズのカリーとトンプソン。この二人が同じチームにいること自体、奇跡的なことかもしれませんね。それくらい、数年後に振り返ったときに、「あの時のウォリアーズを生で見れていたのは幸せだった。凄かったぞ」…

  4. 最近、色々と試行錯誤をしていたら、シュートについて自分なりの発見がまた一つありました。感覚的なものではあるんですが、ロジカル的にも説明できるコツが見つかったので、あくまで「自分に合ったコツ」なんですが、勘違いしていたことも含めて書いてみよう…

  5. 最近、こんな言葉を聞きました。とある大学生が引退後に言っていた言葉です。 「NBAってさ、ほとんど戦術なわけじゃん。なのに、なんであんなに1対1ができるのかわからなかったけど、その理由がわかったよね。あれも結局は型があるから1対1が自由にで…

RETURN TOP