カテゴリー:NBAから学ぶバスケ

  1. スティーブ・ナッシュが現役を引退しました。自分にとっては、NBA選手の中で一番好きな選手であり、プレー面でも一番お手本にしていた選手であるので、もうナッシュのプレーが見られないのはとても残念です。。ナッシュは引退してしまいましたが、ナッシュ…

  2. こんばんは、バスケのヨシです。 今日は、今シーズンNBAファンのほとんどを驚かしていると思われる、 イーストのアトランタホークスのオフェンスシステムの動画を紹介します。 ホークスは、1月を負けなし(…

  3. こんばんは、バスケのヨシです。今日は、速攻の場面でのスクリーンプレー、特に、ボールマンのスクリーンプレーについて紹介します。Early screenと呼ばれるプレーです。DFがセットされていない状況でスク…

  4. ロサンジェルス・クリッパーズと言えば、どんなことを思い浮かべますか?たぶん、多くの人は、派手なプレーを思い浮かべると思います。『Lob City』これは、クリッパーズのニックネームで、ロブパス(山なりのパス)からのア…

  5. 今日、コービーが新しく記録を塗り替えました。それは、キャリアで失敗したシュート本数で、歴代一位になったこと。今日の試合(vsグリズリーズ戦)で、FG10/24(28得点)と14本のシュートを外し、 シュートのミスの本数が、キャリ…

RETURN TOP

Twitter