テクニックがなくても相手を抜く方法~Fake DHO~

この記事は2分で読めます

今回は、Fake DHOについて。

DHOというのは、Dribble Hand Off(ドリブルをしながら手渡しパスをするプレー)の略で、センターはもちろん、ガードの選手にとっても有効な動きです。ただ単にパス交換をするときにも使われますし、そのままスクリーンをして2対2に繋げることもできます。DHOのメリットとしては、いつでもスクリナーになれること。シュートやパスという選択肢もあるのでディフェンスはスクリーンの対処が遅れてしまいます。ユーザーに近づくこともできるので、よりスクリーンをかけやすくなります。(個人的に、Lobin Lopezのプレーがお気に入り)

 

そして、最大のメリットは、いつでもドライブができることです。

DHOをすると見せて、それをフェイクに使ってドライブをすると、たとえドリブルのテクニックがなかったとしても相手を抜くことができます。自分のマークマンが少しでもユーザーの方向に意識が向き、ゴールライン(自分とゴールを結んだ線)が空いた時がドライブのチャンスです。理論的にはそうなりますが、最終的には相手との駆け引き。ドライブを成功させるためには、体格とかテクニックとか瞬発力とかそういったことが必要だと思われがちですが、「チームとしての駆け引き」があればそういったものがなくても相手を抜くことができるということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP