NBAのセットプレー解説 Horns

このカテゴリーでは、NBAのフォーメーションを解説していきます。

 

今回は、”Horns『ホーンズ』”を紹介します。

 

============

1、ホーンズの概要

2、NBAでの実例

============

 

1、ホーンズの概要

ホーンズとは、以下のような形から開始されるフォーメーションです。

Horns

トップ、左右のエルボー、左右のコーナーの一人ずつポジションを取ります。

 

『Horn』という英語は、『角』という意味があります。

それぞれの選手を繋げると、角のような形になるため、ホーンズと呼ばれています。

また、アルファベッドのAと同じ形をしているため、『Aセット』と呼ばれることもあります。

Horns  Aset

 

ホーンズには以下の特長があります。

  1. スペーシングが良い
  2. バリエーションが豊富である

 

1.スペーシングが良い

ホーンズは、良いスペーシングでオフェンスを組み立てることができます。

そのため、オフェンスの選択肢が増え、簡単にオフェンスを行うことができます。

 

『スペース』とは、『隣のOFとの距離』のことです。

(※ここでは、一般的な意味である「空いている空間」ではありません)

 

左右のコーナーに一人ずつオフェンスプレイヤーがいるため、コートを広く使うことができます。

普段バスケをしている時に、コーナーにオフェンスプレイヤーがいない状況が多くあるチームもあるかと思います。コーナーは、コートを広く使い、オフェンスの選択肢を増やし、DFに簡単に守られないようにするために、とても有効なポジションです。そのため、コーナーにオフェンスプレイヤーがいる、ホーンズは、オフェンスをシンプルにさせてくれます。

Horns space

 

※良いスペースとは?

ホーンズは、『良いスペーシング』で攻めることができます。良いスペーシングとは、「何となくコートを広く使っている状態」ではなく、DFが一人で二人を守れないようなスペースのことです。逆に言うと、DFが一人で二人を守れるようなスペースのことを『悪いスペーシング』と呼びます。

 

良いスペーシングの場合は、ボールは自由にプレーを選ぶことができます。そこには「駆け引き」という読み合いがあります。

space - コピー

このようなスペース(赤い矢印)のことを『良いスペース』と呼びます。

 

DF(黄色)が、ボールマンにヘルプに行けば、自分のマークマン(トップにいるチャルマーズ)がフリーになり、ボールマンにカバーに行かなければ、ボールマンが1対1がしやすくなります。つまり、数的には2対2ですが、2対1のようなオフェンスが有利な状況が生まれています。ホーンズでは、コートを広く使うことができるので、良いスペーシングでオフェンスをすることができます。

 

 

②バリエーションが豊富である

ホーンズは、一つの形から様々パターンのオフェンスを組み立てることができます。

後程、動画で紹介しますが、ホーンズの形(アルファベッドのA)から、ガードが動く位置、ガードがパスを出す位置によって、何十パターンにも変化します。そのため、DFからすると、形を一つに絞ることが難しくなり、先読みをしてDFをすることが難しくなります。

 

 

2、NBAでの実練

ここで、NBA選手がどのようにしてホーンズを行っているかを紹介します。

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

コチラの動画では、昨年のヒート対ブルズの試合の中で行われたホーンズからのオフェンスが集まられています。1試合を通して、何回かホーンズが行われていますが、ホーンズの形から様々なオフェンスが行われていることが分かります。

 

お勧めのホーンズ・セット

【Horn Flex】

horns flec

ガード(赤丸)が、コーナーの選手にスクリーンをかけるセットです。コーナーにいる選手は、ガードのクロススクリーンを使うか、エルボーにいるダウンスクリーンを使うかの、2つの選択肢から選ぶことができます。

 

【Horns Pick&Roll】

horns pick

Hornsの形から、Pick&Rollをすると、スペーシングが良いため、効率よく攻めることができます。また、両サイドからスクリーンが始まるため、ボールマンは左右のサイドを攻めることができるため、自由度が高くなります。NBAでは、Hornsの形からPick&Rollをする形が良く見られますが、スペーシングが良いため、守るのがかなり難しくなっています。

 

 

『Rockets Horns Clear Twist』

これは、Pick&Rollの形から攻めるセットですが、上の二つの動画との違いは、コーナーの選手がいなくなるということです。コーナーの選手が逆サイドにクリアすることで、オンボールスクリーンをしたときに、2対2が成功しやすくなります。また、この動画では、最初にスクリーンをかけに行った二人のスクリナーが、別々の動き(一人がロールしてゴールに向かった場合は、もう一人は3Pラインに広がる)をすることで、DFが一人で二人を守れないようなスペーシングを作っています。

 

【その他】

『Raptors Horns Pick&Roll/Dive Counter』

ラプターズのセットプレー。

コーナーでスリーを打つためのセットプレー。コーナーに移動する選手が、フレックスのようにして、ダウンスクリーンとクロススクリーンの二つのスクリーンを使っています。ダウンスクリーンがあるからこそ、DFはダウンスクリーンに気を取られ、もう一つのスクリーンに引っかかっています。

 

『Elevator door』

これは、ウォリアーズが、S・カリーとK・トンプソンに3Pを打たせるためのセットプレーです。

二人のスクリナーが、エレベーターの扉を閉めるようにしてスクリーンをセットします。これは、完全に予測をしていないと止めるのは難しそうです。予測していたとしても、二人のスクリナーが扉を閉めるようにスクリーンをかけるため、スクリーンを抜けることは困難です。(※形を見ればわかる通り、このプレーは、一見「Flex」と同じような形から始まっています。このようにして、同じ形から、様々なバリエーションがあるのがホーンズの特徴であり、相手はなかなか次のプレーを予測することができません。)

 

『Heat High Pick&Roll Chest Clear』

Heat horns

これは、ホーンズの形から派生したセットプレーです。

レイ・アレンにスクリーンをかけることで、レイ・アレンを『ズレ(OFが有利な状態。1対0.5のような形)』を作り、そのままレイ・アレンがスクリナーになることで、ボールマンと2対1を作り、そして、そのままレイ・アレンがフレアースクリーンをもらう…という最強のセットプレーです。これは、止められませんね…(笑)

 

というように、同じ形からでもチームによって様々なスクリーンプレーが生まれ、そして選手の個性によって様々なプレーが生まれていますよね。ここがやっぱりバスケの面白いところでスポーツの楽しさだと思います。型を学び、型を崩して、方から離れる。日本古来の「守破離」の考え方がフォーメーションでは活かされます。

動画の紹介はキリがないので(笑)、この辺りで終えたいと思います。セットプレーはあくまでも流れが悪い時などに使うもので、「ゲーム全体の流れ」を切らないようなプレーをすることも大切です。指導者の方はNBAからバスケを学ぶヒントにしていただけたらと思います。それではまた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)