S・ナッシュ輝かしいキャリア~動画『MVP performance』~

レイカーズのPG、Steve Nashが、背中の痛みにより、今シーズン全休することを発表しました。

 

個人的にも、ナッシュのファンなので、ナッシュのプレーが見られなくなり、とても残念です。。。

ナッシュは、現在40歳ですが、 今シーズンのプレシーズンでは元気な姿を見せていました。

プレシーズン中は、「コンディションが素晴らしく良い』ということをインタビューで述べていましたし、新加入の若手ジェリミー・リンを差し置いて、40歳でもなおNBAのスタートで試合に出場する予定でした。   ナッシュ自身、まだ引退についてのコメントはなく、健康を第一にすると言っています。

 

『今シーズンはコートに立つことが最優先事項だったので、それができなくなったのは残念だ。健康状態を維持するため最善を尽くしてきたが、残念ながら最近の負傷により全力でプレーすることが難しくなった。休養期間中はチームをサポートし続けると共に、自身の長期的な健康回復に集中したいと思っている』

 

まだ引退はしていないですが、ナッシュが復帰してくれることを願って、 ナッシュの今までの功績を、レジェンドやコーチからの言葉と、動画で見ていきたいと思います。

功績や動画を見ると、 「まだナッシュには引退してほしくない!」 という気持ちに改めてさせられます…。

 


○Hard Worker

 

『If every basketball player worked as hard as me,I would be out of a job.
(もし周りのバスケットボール選手が自分と同じだけの練習をしていたら、僕は職を失っているだろう。)』

nba_g_nashs_576

ナッシュ自身がこのように言うほど、ナッシュは努力家です。

ナッシュは現役を代表するPGであり、MVPを2度も受賞したことのある選手ですが、

「身体能力」とうい面では、NBAの世界では、かなり下の位置にいます。

 

黒人のような高いジャンプ力、長い腕の長さ、瞬発力などはありません。

それでも、努力で培った、シュート力、ハンドリング、冷静な判断力、読み、スクリーンプレー、ゲームメイク、…などで、NBAを代表するPGになり、2度もMVPを受賞しました。

 


○功績

 

【受賞歴】

受賞歴

シーズンMVP:2005, 2006

オールスター出場:2002, 2003, 2005, 2006, 2007, 2008, 2010, 2012

オールNBA1stチーム:2005, 2006, 2007

オールNBA2ndチーム:2008

オールNBA3rdチーム:2002, 2003

アシスト王:2005(11.5アシスト), 2006(10.5アシスト), 2007(11.6アシスト),2010 (11.0アシスト), 2011 (11.4アシスト)

フリースロー成功率1位:2006(92.1%)

 

また、ナッシュは、歴代のNBA選手でも6人しか達成していない『50–40–90 club』のメンバーでもあります。

『50–40–90 club』とは、1シーズンの成績が、

FG成功率:50%以上、3P成功率:40%以上、フリースロー成功率:90%以上

という成績を残した選手のことを表します。 130802_nash_04_670

 

歴代では、ラリー・バード、マーク・プライス、レジ―・ミラー、ダーク・ノビツキー、ケビン・デュラントの6人しか達成していません。しかも、ナッシュは、他のメンバーよりも2回も多い、4度も『50–40–90 club』を達成しています。NBAの歴代でも、最もシュートが上手い選手であると言えます。

 

 

ナッシュのプレーについて、NBAのレジェンドやコーチなどが絶賛しています。

 

‘ I Love watching you play.’

Magic Johnson20080424160855

 

’ He’s the best team guy that he’s ever coached. ’

D’antoni

(元サンズ、レイカーズHC)dantoni_640_121112

 

‘ He’s the best player on the planet. ‘

Sccott Skiles

(元バックスHC)27820723-ap_raptors_bucks_basketball

’ He’s arguebly the most efficient player In the history of the NBA. ’

Pat Riley

(ヒートGM)ダウンロード (1)

 

 

 

 


 

○熱い闘争心

ナッシュは、常に冷静ですが、勝利に対してとても熱い心を持っています。   Steve-Nash-wins これは、2007年のプレーオフでの一場面です。 ナッシュは試合中に鼻を打撲して、一時負傷退場しました。

 

それにも関わらず、20得点16Aの活躍でチームを勝たせています。       images (17) また、こちらの写真は、2010年のプレーオフの一場面。

この時、片目が開いていない状態だったにも関わらず、 第4Qだけで、10点5Aの活躍で、チームを勝利に導いています。

 

試合に出るだけでも異常なことなのに、それでいてチームを勝たせてもいます。

このような活躍からも、現役トップのPGであるということがよくわかります。

 

また、ナッシュの良さは、何と言っても「チームのために徹すること」です。

コート上では必ずチームメイトとコミュニケーションを取り、 いいプレーをお互いがすれば、必ずハイタッチをしています。 また、コート上で仲間を集め、作戦を練っている場面も多く見かけます。   コート外であっても、ベンチから声をかけたり、コートと話していたり… 映像でしか見られない僕らであってもそれだけのことが伝わってくるということは、実際のナッシュはもっともっと信頼できる素晴らしいチームプレイヤーであるのでしょう。今シーズンのプレシーズンやトレーニングキャンプでの、ナッシュに対するチームメイトの声がけなどを見ているだけでも、どれだけナッシュが信頼されているかが分かります。

 

uspw_6953688_crop_exact 0402_SPO_LDN-L-LAKERS-PORTLAND-JM images (2) images (10)

 

  試合に出るだけでも異常なことなのに、それでいてチームを勝たせることもしています。

 

このような活躍からも、現役トップのPGであるということがよくわかります。

 

【動画】『Steve Nash’s MVP performance』

Steve Nashがどれほど素晴らしい選手であるのかということがわかる動画を紹介します。

この動画は、MVPを取った2005年以降の試合で「MVP Peformance」をした試合をピックアップした動画です。この中には、先ほど写真で紹介したケガの中でもプレーした試合や、1Qだけで12Aした試合NBA史上初めて「プレーオフで4試合連続25点10A以上」を記録した試合終盤のクラッチシュート集など、ナッシュの輝かしいキャリアのハイライト映像が収録されています。本当に偉大な選手ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. こんにちは。新サイト開設おめでとうございます!
    どの記事もとてもわかりやすく、ためになる情報満載で、すごく勉強になりました。バスケットボールに対する情熱がヒシヒシと伝わってきます。

    これからも更新を楽しみにしています!

    ナッシュ…;_;

      • バスケのヨシ
      • 2014年 10月27日

      ありがとうございます。
      TunaDramaさんのおかげで新しいサイトを作ることができました。

      TunaDramaさんのサイトも相変わらず、毎回面白いネタと、とてもわかりやすいまとめ方をされていて、毎回更新を楽しみにしています。今後、一緒にNBAの面白さを広めていけたら嬉しいです。またこれからもよろしくお願いします!

      ナッシュ…。
      レイカーズに移籍をして、負けが込んでいるチームに対して毎回声をかけて、毎試合最後まで勝たせようとしている姿を見てから、ナッシュの大ファンになりました。レイカーズ時代からなので、ファンになる時期としては遅いですが、それでも本当にナッシュのファンです。ナッシュのP&Rは、必ず点が入るくらいとても上手く、40歳を超えてもなお最強のプレーですよね。ナッシュ、引退はしないでほしいです…。

    • dr.m
    • 2014年 10月26日

    いつも当ブログを拝見させていただいており、毎回の更新を楽しみにしています。
    サイトを移転してから残寝ながらリンクしてある動画が見れなくなりました。
    ちなみにipadをつかっています。こちらの仕様の問題でしょうか。。もし解決方法がわかれば教えていただけませんか。

    とても勉強になる記事が多いので、コーチ仲間にも広めています。
    これからもどうぞよろしくお願いします。

      • バスケのヨシ
      • 2014年 10月26日

      コメントありがとうございます。管理人のバスケのヨシと申します。

      動画、スマホでも見れるように設定できました。

      コーチ仲間に広めていただき、とても光栄です。この発信では、日本のバスケットマンを巻き込んで、日本バスケに新しい常識を作るということを目指しています。また、記事でまとめてこの発信の目的を発信しますが、NBAの価値観でバスケをすることは絶対に可能だと思っています。現に、僕がいたチームでは半年間で確実にバスケの質が変わり、日本バスケとは全く違うバスケをすることができました(「スペース」「合わせ」「スクリーンの使い方」を変えるだけで、劇的にバスケが変わりました)。
      今後の発信では、このサイトを使って、「NBAから学べるシュートを考えるコミュニティー」「NBAから学べるスペースを考えるコミュニティー」を作っていきます。特に、「スペース」に関しては、NBA選手から一番学べることであり、今の日本バスケ(高校、大学、日本代表など、どの年代であっても)に足りない部分であると本気で思っています。NBA選手からバスケを学べるようになれば、バスケの試合を見るだけで新しい知識が生まれ、そしてもっと楽しいバスケができるようになると信じています。

      この発信に価値を感じていただけましたら、是非シェアをしていただきたいです。日本のバスケを、根本から変えていきたいと思っていますし、それだけのバスケをNBA選手が見せてくれています。特に、コーチ仲間に広めて下さっているのは、本当に嬉しいです!選手ももちろん、NBAのスゴさを知ればバスケは楽しくなりますが、ここで発信している「スペース」「スクリーンの使い方」は、特にコーチの方がチーム全体に指導することで、チームバスケの楽しさが伝わると思います。なので、是非コーチの方にも参加していただきたいと強く思っています。ありがとうございます。

      僕自身も、プレイヤーとして、NBAのスゴさを考え、学んでいます。一緒にNBAのスゴさを考えて、応用していきたいと思っているので、今後ともよろしくお願い致します。メールやTwitterなどでのメッセージも歓迎しているので、気軽にまたコメントしていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

新世界バスケットボールへの参加はコチラから

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)