【日本代表】オフェンスシステム解説

この記事は1分で読めます

バスケの日本代表がアジア一次予選を突破しました。

過去に一度も勝ったことがなかったオーストラリア代表にも勝利をしました。オーストラリアにはNBA選手が二人(デラベドバとソーン・メイカー)いたのですが、新加入の八村選手とファジーカス選手の活躍もあり、1点差で歴史的な勝利を収めました(ミルズやボーガッド、ジョー・イングルス、ベン・シモンズは今回不参加でした)。日本のバスケットボールが世界に通用するという事を示して、日本のバスケットボールの歴史を動かした一戦でした。次の二次予選でも新しい歴史を作ってくれるはずです。

今回は、そんな男子日本代表の試合を見て、僕なりの視点でオフェンスシステムを解説してみました。あくまで一つの視点なので、他のご意見とかあれば教えてもらえたらと思います。NBA選手の凄さも同時に解説しているので、NBA選手の凄さも学びながら、みんなで日本のバスケを盛り上げていきましょう。

 

<目次>
00:00 プレー集(日本代表)
02:50 オフェンスシステム解説(日本代表)
16:38 ICE(NBA)
30:02 3対3のバリエーション(NBA)
42:04 Pick&Rollの基礎(NBA)
44:25 Pick&Rollに対する合わせ(NBA)
47:50 Pick&Hopに対する合わせ(NBA)
59:00 まとめ

 

 

PS.

そういえば、今から二年前にも同じように解説しました。この当時は「スペーシング」というオフボールマンの動きに注目して解説しています。今と比べると、この時の自分の視点はまだまだな部分がたくさんあるので、ずっと公開しておくかわかりませんが、載せておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー