ハンドリングドリルまとめ~「ドリブルが上手い≠バスケットボールが上手い」~

こんばんは、バスケのヨシです。

ハンドリングはボールを扱うことの基礎を磨くスキルであるので、シュートやパス、キャッチなど全てのプレーに影響しています。その面からもボールハンドリングを高めることはバスケをする上で必須事項であるともいえますよね。今回は、お勧めのハンドリングドリルを紹介します。

 

【ハンドリング練習動画】

『伊藤大司(現アルバルク東京)選手のハンドリング練習』

これは、伊藤選手が高校時代の時のハンドリング練習の様子です。伊藤選手は、アメリカの名門Montrose Christian Schoolで毎日行われていたドリルだそうです。最後のハンドリングの速さが異次元です…!

 

 『動きながらの基本的なドリブル』

これが一番シンプルで、非常に実践的なドリルです。ただシンプルに方向を変えながらドリブルをするというドリルです。単純ですが、低い姿勢を保ち、オフハンドにも意識を向けています。たったこれだけのドリルでも、実践で使えるドリブルキープやドライブ力が身に付きます。

 

 『D・リラード ハンドリングドリル』

リラードがNBA入りする前に行っていたワークアウトでの練習風景です。ここで練習しているハンドリングは、複雑なものはほとんどなく、シンプルなものばかりであることがわかります。膝の高さでのドリブルをして、V字ドリブルを組み合わせたり、2つのボールを使ってコートを走ったり…、とてもシンプルなドリルです。

 

 

ドリブルは、シュートを活かすための手段

tennisball drill

NBA選手の動画を見ていると様々な応用的なドリルがみられます。その中に「テニスボールを使ったハンドリングドリル」「2つのボールを使ったドリブルドリル」というものがあります。テニスボールを使うことで、前を向いてドリブルができるようになり、また一つのことをしながら別のことに意識を向ける(例えば、ドリブルを付きながらフォーメーションの指示を出すなど)練習、コーディネーション能力(身体を思った通りに動かす能力)を高める練習にもなります。日本でも、最近、至る所で同じような練習が取り入れられています。

 

しかし、そのような練習の目的を見失わないようにする必要があります。

基本的なドリブルができていない段階から「アメリカでやっているから」という理由で無闇に取り入れたり、ドリブル練習にばかり囚われて肝心のシュート練習に時間を割けなかったり、ドリブルドリルが「練習のための練習」になっていたり。それは僕自身が経験をしてきたことであり、「ドリブル練習をすること」が目的になってしまって、バスケットボールの幅を広げることに繋がらない時間も多かったです。

NBA選手がやっているのは、応用の練習です。そして、何よりもアメリカでは幼少期から自由にバスケを楽しむ環境があるからこそ、ドリブルの駆け引きなどの力が養われますが、日本ではそういった環境でバスケを始められない人が多いです。ドリブルドリルだけが上手くなっても、そこに「駆け引き」がなければ試合で使えるドリブルは身につきません。ドリブル練習は、試合で活躍するため、バスケをより自由に楽しむための道具ですよね。

 

よく受験ではこう言われますよね。

「参考書を何冊も買うよりも、一冊の参考書を何回も繰り返して行った方が良い」

 

これは、まさに真理を表していると思います。

 

特に今の時代は、情報が溢れているので、色々な情報に手を出してしまいがちです。

ですが、色々なドリルをする必要はなく、今回紹介した基本的なドリブル練習を何回も繰り返して行い、一つのドリルを、より速く、正確に行えるようになる方が実践的であるし、本質を捉えていると思います。動画の中には二つのボールを使ったものもありますが、段階に合わせて使っていけば良いと思います。

 

160cmの身長で活躍したマグジー・ボーグスはこう言っています。

マグジー2

僕は2つのボールを使って行うドリブル練習が嫌いだ。なぜなら、下を向いてドリブルをしてしまう可能性が高くなるし、実際のバスケットボールの試合ではボールは一つだからね。

これはマグジーが日本に来て、中学生を指導した「熱血教室」というテレビ番組の中で話していたことです。カッコいいドリブルをつくことは、バスケの楽しさの一つなので、もちろん素晴らしいプレーです。一つの武器にもなります。でも、ドリブルが上手いからと言って、バスケットボールが上手いとは限りませんよね。5対5の中で活躍できるのがバスケットボールが上手い選手なのだと思います。

※僕の知り合いの方では、「小学生の段階からコーディネーション能力を高めることで、色々なスポーツに応用できる身体の使い方を学んでほしい、バスケットボールの楽しさを体感してほしい、という想いでアメリカ式のドリブル練習などを仕事として広めている方がいます。そういった方の素晴らしい活動の想い(目的)をきちんと僕らは受け止めて、「アメリカがやっているから」という理由だけで真似するのではなくて、自分たちにとって必要なバランスを見極めることが大切なのだと思います。

 

バスケットボールが上手い選手…まだまだ模索中です!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)