脱力バスケ体験記③~修行の小さな成果~

この記事は3分で読めます

師匠から学んでいる脱力バスケ。

最近の師匠は「武学(2500年前から伝わる中国で生まれた概念)」という古武術のさらに次元の高い分野を学んでいるので、それをバスケに応用することでさらに高い次元にいってしまっています。もはや発する言葉も謎が多く、Twitterで呟くツイートがしばしば理解されていない様子。でも、オカルトのようなものではなく身体の本質を追求したものであって、何よりも現実の師匠の動きは進化してバスケのレベルが上がっているのが武学の価値を表していると思います。詳しい解説や武学については師匠のブログ、今後の通信講座などをお楽しみに!

 

ということで、

今日は僕が最近感じた脱力バスケについて。

 

最近、とある大学生と1対1をしました。

かなり久しぶりの1対1だったんですが、師匠から学んで実践している脱力バスケ、速さと正確さと脱力を統一したシュートやドライブやポストアップを実践しました。最近はなかなかバスケをする機会がとれず週に一回練習するかどうか位でしたが、色々試したところ少し成果を実感できました。少しだけです。

 

大学生の子は、

「どっちにドライブに来るかわかるけどなんか止められない」

「いつもなら止まるところで止まらずにドライブされる」

「なんか普通のタイミングよりも1テンポ早い」

「これなんだよなぁ~これ!(ポストで押されたとき)」

「なんかディフェンスしてる気がしない…」

という感じで”なんか変”という感想をもらいました。

 

 

これ、僕が師匠と対戦したときと同じような感想なんです。

「ディフェンスが弱い」

って言われても「そうですねぇ笑」としか言えなんですが、

ただ一つ伝えたいのは「ディフェンスしてる感じがしないんです…!笑」ってことです。

 

これは前回の記事でHardenのゆっくりさについて書いたんですけど、あれと同じ感じで師匠の動きにこちらも同調してしまって脱力されてオフェンスをされるとディフェンスしているこちらも力が抜けてしまうのです。だから、ディフェンスができない、正確には、「ディフェンスしていない(身体が緩んでいる)時に仕掛けられるから守れない」ということです。

 

 

「ウォータードライブ」一つにとっても本当に奥が深くてバスケの楽しさが広がりまくるのですが、それだけ体現するためには修行も必要だということを凡人出身の僕が強く感じています。でも、それが少しでもできるようになった楽しさといったら格別。年齢も体育館にいる時間も関係ないんだから、「(学び富むことができる機会は)誰もが平等」っていう一万円札のあの方の言葉が身にしみます。

大人になってから「子供のうちに遊んでおけよ」「学生の今しかこんなにスポーツに打ち込めないからな」と何やら子供のときは遊んだり学んだりできるけど大人はできないよ空気を出すよりも、「まだまだ磨いていけるよ~^^」と一歩先を大人が進みながら子供のときよりもさらに楽しい世界を見せられるようになりたいなと思います。何歳になっても学べば身体は進化する。

 

最後に大学生の子にはこう言いました。

 

「師匠がレベル100だったら自分はまだレベル3くらい。世界は広いよ(笑)」

 

 

そんな師匠も「自分なんてまだまだ」と謙遜ですか?と思えるような発言をするけど、本当にそう思っていて実際にまた進化していくのでした。世界は広い。ほんとそう感じる瞬間です。1対1の動画撮れたら撮ってみようかなぁと思います。自分の動きも見たいし。ブログ限定でアップするかもです。ハイライトにしたら凄く上手い人に見えるやつですね(笑)

 

『上手い下手いろいろありますが
 要は今自分史上最高ならそれでいいのです』

師匠の言葉。

 

良い言葉ですね。

 

 

 

PS.

検索したら2012年の武井壮さんのツイートを発見。このツイートから5年半経った今の武井壮さんは誰の目にも明らかに誰よりも有限実行していますね。ちなみに、このツイートの「初いいね」を先ほど頂きました。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

Twitter