「もったいないよ、そんなの…」というミニバス

今日聞いた話。

 

 

とあるミニバスでは、指導者が常に怒鳴り続けているらしい。

 

そこでバスケをしてる子供たちは、笑顔はもちろんなく、

プレー自体もただ指導者にやらされるがままに動いているだけらしい。

 

そして、それを見ている親も苦しいそう。

 

 

でも、そこにいる親の人は、

「子供がバスケをしたいと言っているし…」と言ったり、

「こういう厳しい環境で育つ経験も大切」と思っていたりして、

なんだかんだ言いながら、そこでのバスケを続けさせているそう。

 

 

…なんでかわかりませんが、

僕はこういったバスケ現場を目にすることが何度もあります。

 

10回とか20回ではありません。もっともっとです。

 

 

指導者が怒鳴り続けている。

指導者が自分の考えを押し付けていて選手は自分で考えてバスケをしていない。

 

選手がビクビクしながらバスケをしている。

目の前にいる相手との勝負を楽しんでいない。

自分の身体で動きを変えていく楽しさを感じ取れていない。

一緒にバスケをしているチームメイトとの時間を楽しめていない。

バスケをしているときに表情がなく険しい顔をしている。

 

 

僕が今こうして情報発信をしていこうと決心したのも、

とある高校と練習試合をしたときに、指導者が怒鳴り続けていて、

僕がマッチアップしている子が僕のほうを見ることもなく、

ただただパスを回すことを考え、指導者の顔色を伺っているのを見て、

「バスケってもっと面白いのに…もったいない…」と思ったのがきっかけでした。

 

 

今でもまだまだそういった指導があるみたいです。

 

そういった指導者ほど普通に会話をするとめちゃくちゃ良い人だったりするので不思議ですよね。

 

じゃあ、なんで子供に対して怒ってしまうのか。

 

「叱ること」と「怒ること」は別だ!

っていう意見もあるとは思います。

 

人として間違っていることをしているとき、

例えば、チームの負けをチームメイトのせいにしていたり、

対戦相手を侮辱するような言動をしていたり、

そういった場合は、きちんとダメだと伝える必要があります。

 

 

でも、そうではない場合、

バスケのプレーの選択に関して、ミスに関して怒鳴ったところで、

選手にとっても指導者にとっても良いことなんてほとんどありません。

 

一つもない、と言いたいですが。

 

指導者が選手に対してイライラしてしまう原因は、

・指導者が絶対だという考えがある

・日々の生活の中で何かしらのストレスがある

ということだと思います。

 

一つ目の「指導者が絶対だという考えがある」ことに関して。

これは、今の時代性を考えたら価値観が変わってくると思います。

 

今は誰もが情報を受け取れる時代なので、

指導者が知らないことを生徒が知っていることだってあります。

 

もちろん、その逆もあるでしょう。

 

ってことは、それぞれ知らない分野があるワケで、

お互いに目指しているゴールは「バスケが好きで、もっと上手くなりたい、もっと勝ちたい」で同じなんだから、

そこに対してお互いに協力し合っていけば良いと思うんです。

 

そして、いつだって主役は選手です。

 

プレーするのは現実世界の選手であって、

指導者はゲームのコントロールを握って、

テレビの中にいる選手を動かしているワケではありません。

 

現実世界の選手には、人格があり、個性があります。

 

一人ひとりバスケを始めた理由はさまざまなものがあるし、

バスケが好きで始めたワケで、もっと上手くなりたいと思っています。

 

 

そこを認めてあげたら怒りの感情なんて生まれてきません。

 

いつだって主役は現実世界の選手たち。

 

そして、これからの時代って、もっと情報が増えていきます。

 

今まで「正しい」とされていた生き方が正しくなくなるかもしれないし、

今まで「間違っている」とされていた生き方が正しくなるかもしれません。

 

そんな時代の変化が激しい今に、

「自分の頭と身体で考えることができない」

というのは明らかに致命的です。

 

スポーツの価値観はそのまま日常の価値観になります。

 

今日聞いた話によると、

子供たちは指導者の声に耳を傾けなくなっているらしいです。

「大人の考えは聞き流していればいい」みたいに思っているかもしれないし、

誰かにやらされてしか動けない人間になってしまうかもしれません。

 

そうなったら自分から楽しい世界を探すこともできないし、

自分から今の現状に変化を生み出していくことだってできなくなります。

 

これは本当に深刻な問題です。

 

スポーツをすることで視野が狭い人間になってしまうなんて。

 

 

今の時代は、誰でもリーダーになれます。

 

生徒の中でチームを引っ張っていく力がある子もいるだろうし、

いろいろな意見をまとめることが得意な生徒だっているかもしれないし、

チームのムードメーカー的な存在の生徒だっているかもしれません。

 

みんなそれぞれ個性があるんです。

 

 

それを活かすことができるのがスポーツの楽しみで、

それが見ている指導者が一番楽しいと思えることじゃないでしょうか。

 

一人ひとりが成長していく姿ほど面白いものはありません。

 

それを見守っているというのも、

指導者が求められる力の一つです。

 

 

イライラすればするほど、

自分の成長にエネルギーを使えなくなります。

 

イライラしてしまうということは、

「もっと違った可能性がある」というメッセージで、

今の考え方には限界があるという合図です。

 

自分が変わるきっかけだということです。

 

他人は自分ではないのだから、

自分が思っている通りに動くことはないし、

自分が思っている通りに動かそうとしてはいけません。

 

 

今日聞いたミニバスの現場で育った子供たちは、

これから先、どんな人として成長していくんだろう

と、とても心配になってしまいます。

 

いつかこの発信にたどり着いて、

バスケの楽しさを再発見してくれたらなと思いながら、

今僕ができることを精一杯発信していこうと思いました。

 

僕も昔はチームメイトに怒鳴っていた学生時代を過ごしていたし、

今ならもっと効率が良いバスケができるのに…と思える無駄な練習をたくさんして、

色々な遠回りをして今こうしてバスケが好きで発信することができています。

 

いつからでもバスケはもっと楽しいものになる。

 

そんなことをそのミニバスの子たちが何かで知れたならと思います。

 

 

そういった現場で起きてしまいがちなことは、

・自分自身の中に価値を見出せなくなってしまう

ってことです。

 

これも非常に大きな問題だと思います。

 

バスケに限らずスポーツの指導現場では問題になると思っていて、

試合に出れなかったらダメな選手(人間)かと言われたらそうではないのに、

指導者がそういった場を作ってしまいがちで、他人との比較で劣等感を感じて、

バスケ自体が嫌いになってしまう人もいるだろうし、

自分が誰かにはない良さを持っているのに、それに蓋をしてしまうことだってあります。

 

 

そんなことありません。

 

例え、試合に出なくてもバスケは楽しめるし、

これから先に試合に出れるように上手くなれる可能性だってあるし、

試合に出れる環境でバスケをすることができることだってあるかもしれません。

 

今のバスケよりももっともっと自由なバスケに出会えるかもしれません。

 

 

指導者は、子供たちと接しているということは、

目の前の生徒たちの人生に何かしらの影響を与えている

ということを自覚する必要があります。

 

それって怖いことでもあります。

 

僕だってこういう発信をしていたり、

実際に子供たちとバスケをする機会とかがあると、

自分の考え方一つで良くも悪くも影響を与えられる

という考えが心のどこかに常にあります。

 

 

でも、この子たちがバスケが好きになって、

バスケが上手くなったり、チームメイトとバスケを楽しんだり、

バスケ以外の日常生活も楽しくなったらいいなぁ

という気持ちで接していれば、自然と良いエネルギーを与えられます。

 

技術的なことをどれくらい教えるか

よりも先にバスケの楽しさを感じてもらうべきです。

 

 

今って、本当にたくさんの技術が生まれてきています。

 

色々な名前がついたドリブルスキル、

コーンを使ったりテニスボールを使った練習、

細かいフットワークが体系化されたDVDや書籍、

中にはYoutubeとかで優良な情報を提供しているチャンネルもある。

 

だから、指導者の方も沢山の知識を得ることができます。

 

 

でも、ここでも注意が必要で、

指導者の方が思っている「バスケの楽しさ」と生徒が思っている「バスケの楽しさ」

が必ずしもイコールであるとは限らないということです。

 

自分が「これが正しいんだ」「これをすれば楽しくなる」と思っていることでも、

実は、選手にとっては楽しくないことだってかもしれないということです。

 

いやいや、そんなこと言ったら指導できないでしょ。

 

って思われるかもしれませんが、

そういった気持ちを常に持ち続けてないと、

どこからで必ず、生徒とのギャップが生まれます。

 

全てがそうであるとは思いませんが、

そういった気持ちを持ちながら試行錯誤することで、

生徒に合った形の技術指導ができてくるものです。

 

 

僕が良く見ている「うーーん」と思ってしまう指導では、

とにかく細かい技術指導ばかりをして対人練習が少ない

ってのがあります。

 

これはミニバスでもあったし、中学校の部活動でもありました。

 

指導者の方は、一生懸命学んだ知識を生徒に伝えていて、

「こうやって相手が来たときは、こうやって足を出して…」

と細かい技術指導をしているのですが、

それらは結局、相手がいない状況でのフットワークであることがあって、

試合中に臨機応変に対応できる技術ではないことがあります。

 

 

子供たちは、一生懸命教えられたことをやろうとしているけど、

それは「教えられている」っていうことを先に学んでいるのであって、

もっともっと大切になる「勝負する楽しさ」であったり、

単純に「シュートを決める楽しさ」ってのが忘れられています。

 

そうなると、対人で勝負をしたとき、

自分がシュートを外したり、相手に取られた後に、

「悔しい」という気持ちよりも先に、自分の動きにばかり気がとられて、

一人で落胆してしまったり、次のプレーに対して切り替えられなくなったりします。

 

シュートを外してリバウンドがまだあるのに、一人ガッカリしているとか、

「くそう!次は勝つぞー!」っていう勝負する楽しさがなくなってしまったり。

 

 

アメリカだとそういうスキルトレーニングが主流なんだぞ!

って意見もあると思います。

 

確かに、そういった技術練習のお陰で上手くなれるし、

アメリカはバスケ大国で沢山の技術が生まれているみたいですね。

 

 

でも、それって「遊び心」があってこそだと思います。

 

日本にアメリカと同じだけのストリートコートがありますか?

アメリカと同じだけNBAの試合がそこら中で放送されていますか?

 

日本の場合は、ミニバスか部活動からバスケを始めますよね。

 

大会があるし、練習は集団でやるし、

メニューは決まっているし、指導者はいるし、親はいるしで、

アメリカのストリートバスケとは全く違った環境でバスケを始めます。

 

 

 

僕はアメリカでバスケをしたことが一度あります。

 

大学生のとき、今思えば馬鹿ですが、

一人で10日間くらいアメリカに滞在して、

ストリートバスケを朝から晩までやっていました。

 

そこで見たんですよ。

 

本当に誰もが自由にバスケをしていて、

技術とかカッコ良さとかを抜きにして、

「勝負を楽しんでいる」バスケットマンの姿を。

 

本当に、本当に、衝撃を受けました。

 

何かクリニックでスキルを学んできたとか、

大学に行って凄いコーチの話を聞いてきたとか、

そういったことは一つもしてきてないです10日間で。

 

でも、ストリートバスケから一番大切なことを学びました。

 

 

みんな凄い勢いで向かってくるんです。

 

年齢も出身地も性別も関係ありません。

 

僕なんて名前や出身地、年齢は一切聞かれなかったし、

それでも「やる気」だけがあれば仲間に入れてくれて、

その場で誰もが「勝つ喜び」「負ける悔しさ」を感じ取っていました。

 

サバイバルのような環境でしたまさに。

 

え?これトライアウトか何かなの?

え?これって何か賭けてバスケしてるの?

ってくらいな勢いです。

 

サバイバルと言っても、みんな純粋に勝負を楽しんでいるのであって、

誰からも束縛されないという状況の中で自由にバスケを楽しんでいるんです。

 

それはまたどこかで話しますね。

 

一応、写真はこれです。

本当に衝撃を受けた10日間でした。

 

その環境が小さい頃からあって、

勝負する楽しさ、駆け引きをする楽しさ

があってのスキルトレーニングです。

 

 

日本とは違いますよね。

 

日本の場合は、この「勝負する楽しさ」「駆け引きの楽しさ」の前に、

集団の中で規律を守ること、細かい技術的な動きを先に学ぶ環境があります。

 

当然、ストリートコートを沢山増やすこともできないし、

文化の違いがあるのでアメリカと同じようにはできないのですから、

もっともっと対人をして「勝負する楽しさ」を感じとる場を作ることが大切です。

 

どんなに練習で、相手がいない状況で良いプレーができても、

相手がいて、試合中に良いプレーができなかったら本末転倒です。

 

そして、技術を細かく教えられることよりも先に、

目の前にいる相手との勝負を楽しみ、勝ったら嬉しい負けたら悔しいという

スポーツ本来の楽しみを見出すことが大切だと思います。

 

みんな好きでバスケを始めているのですから。

 

 

 

そして、こういったことばかりを発信していても、

何かが変わっていくことはあまりなことも知っています。

 

何か批判だけしていても、

「そーだ!そーだ!」って賛同してくれる人はいるかもしれないけど、

「じゃあどうしていくの?」ってのがないと結局何も変わりませんよね。

 

だから、もっともっと光の部分を発信していきます。

 

たまに闇についても発信しますが、

それはあくまでも過去の自分に対しての戒めであり、

これからのスポーツ界がより良くなる願いを込めて文字を書きます。

 

まぁ昔の僕のように、今怒鳴っていたり自分の考えに固執している人は、

こういったブログをまず読まないということは実体験からもわかるんですけど、

何かを変えて行くには、闇の世界の良くないところばかりを発信するよりも、

小さな光の世界を一つ一つ増やしていくのが最短であり、最良の道だと思っています。

 

 

結局、指導者の方が怒ってしまう原因は、

「勝ちたいから」

なんですよね。

 

そうなんですよ。

選手のことが嫌いとか、バスケが憎たらしいとか、

そんなことはなくて、ただただ勝ちたいし勝たせたい。

 

でも、その道が見えないからもやもやするんだと思います。

 

今、怒鳴っている指導をしている人も、

結局は過去の教育が良くなかっただけで、

光の世界を知ることができたらいつからでも変われます。

 

教育って、本当に大切ですよね。

 

今やっているバスケが勝てるという確信があれば、

もっと上手くなれる、もっと楽しめるという確信があれば、

子供たちの成長を楽しみながら子供たちとともに成長できます。

 

 

僕自身、今まさに「とあるシステム」を知って、

今まで以上にバスケの楽しさと面白さが増しています。

 

今までも、

・NBAのスペーシング

・NBA選手のバスケの基礎

・慎さんから学んだ古武術

などからバスケの世界を広げてきましたが、

それらと同じだけの衝撃を受けています。

 

 

そして、それを今、裏のメルマガの方で伝えていて、

とある高校の指導者の方に伝えてバスケをしてみたところ、

「今までイライラすることが多かったけど、チームに希望を持てて、バスケが楽しくなった」

という感想を生徒の方からいただきました。

 

知識一つで、考え方ひとつで、

イライラの感情は楽しさに変われるし、

一人ひとりが自発的に行動できるバスケは創れる

ということを実感して心温まる想いでいた。

 

楽しみながら上手く、強くなる生徒たち以上に、

見ている僕自身がニヤニヤとしてしまうほどでした。

 

 

やっぱり「楽しさ」と「勝利」は繋げられます。

 

 

今日話を聞いたミニバスのような場は、

「勝つためには厳しさが必要だ」って考え方が強すぎます。

 

確かに必要だけど、

それって選手たちが「バスケが楽しい」「今のチームでバスケがしたい」「もっと上手くなりたい」

って思えるような土台の上に成り立つことのはずです。

 

その土台がなく、「厳しさ」だけが先行してしまえば、

バスケをやる目的とか楽しさってどこにいってしまうんでしょう。

 

 

想像に難くない、ってやつですよね。

 

 

楽しさも、厳しさも、上達も、繋げられます。

 

 

 

ちょっと今日は久々なのに投稿を長くしたのは、

今日のミニバスの話をしてくれた人からこう言われたからです。

 

「もっともっと発信をしていってほしい。おれ自身もヨシ(そう呼ばれています)と会ってから10年ぶりにバスケを再開して今超楽しいし、大人になってから何かに熱中できるって本当に最高だわ。やればやるほど新しい発見があるし、仕事がどうこうとかあるけどバスケがあるから仕事だって頑張れる。シュート面白すぎるわ(笑)で、おれも思わず言ったんだよ、そのミニバスの話をしてくれたお母さんに。『そんな環境で子供にバスケをさせるなんてもったいない』って。もっとバスケの楽しみ方はあるし、そんなところで人格を否定されたりして、その後、バスケを嫌いになっちゃうとか、何か自分から動けないとか、そんなもったいないことないよ。今の指導現場は本当にひどい場所がたくさんあるね。これってバスケに限らないんじゃないかな。なんでこうなるんだろうね。言われたことをただやるとか、頭が固くなっていくとか、スポーツをすることがただの耐える時間とか、早く過ぎてほしい嫌な時間とかありえないよ。そんなのスポーツじゃないって。そんな勿体ないことないよ。あのブログを読んで少しずつ変わってくれたら良いよね。発信これからもしていってほしい!いや、しなきゃダメだよ先生。笑」

 

と。

 

こうやって言ってくれる方がいて感謝です。

 

 

だから、これからも発信し続けようと思います。

 

全ての人に必要な情報であるとは思わないですが、

この場から良い影響が色々な人間関係や場に広がり、

今の子供たちが大人になる5年後、10年後にも、

良い影響が生まれていくことを想像しながら発信していきます。

 

今日の話は、バスケに限らないことだと思うので、

何か感じることがあればシェアしてもらえると有り難いです。

 

 

いろいろ裏で準備していることあるので、

それはそれでまた告知しながらやっていきます!

 

今日も最後までありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ヒデ
    • 2017年 8月30日

    はじめまして。ヒデと言います。2年ほど前からブログを拝見させて頂いています。
    初めてコメントさせていただきますが、私は2年前にこのブログを見つけて感動したと同時に衝撃を受けました。と言うの、私が長年感じていた日本的なバスケへの違和感や、NBAは日本のバスケとは別物と考える風潮やスタイルの相違(アメリカスタイルのスペーシング重視の戦術や、指導論など)を私と全く同じ考えでその意見を述べている方がいらっしゃる事を発見出来たからです。
    正直作者さんが述べられていることはバスケ経験者の多くはなかなか理解してくれないようなことが多いと思います。私もバスケ経験20年になりますがNBA的な視点での理論をバスケ仲間に話してもさっぱり理解してはくれません。しかし私のような数少ない人の心にこのブログの記事が響いていることも事実ですのでこれからもヨシさんなりのバスケ愛のある記事を楽しみにしていますし、私としてはほとんど全部の記事が共感できるものなので毎回の更新をとても楽しみにしています。 これからもどんどん同じ考えを持った仲間と共感のできる記事を楽しみに待っていますので長めの記事でもバンバン更新するのを期待しています。よろしくお願いします。初コメ失礼いたしました。

      • バスケのヨシ
      • 2017年 8月30日

      こんにちは。心温まるメッセージをありがとうございます。
      僕も同じような理念を持ったヒデさんとブログを通して知り合えて嬉しく思います。「日本的なバスケ」という今の現状でのバスケは、根性論がよくない方向に使われていたり、アメリカのスタイルを間違った風に捉えていたり、誰かとの比較に価値をおいていたり、強豪校など環境の違うチームのバスケを正解として無理やり自分たちのチームに当てはめようとしていたりと、本当に問題を挙げたら色々とあると感じています。特に指導者の闇は深いです。学校教育も関わっていると思うんですけどね。だから、バスケの垣根を越えた教育などについても発信していくつもりです。もっともっと面白い世界は学び続ければ見えてきます。僕も学び続けます。
      僕が今学んでいる武術の中には、細かいスキルやフォーメーションよりも先に大切になる「根本的なスポーツや勝ちに対する考え方」が詰まっていて、そこが改善されたら日本のバスケはもっと面白くなるし、スポーツをすることでストレスをためたり、スポーツをすることで自分の価値を下げてしまうことがなくなります。もちろん、その土台の上にスペーシングや駆け引き、フォーメーションなどを加えることで、そういったスポーツの価値が本当の意味で高まると思っています。そういった考え方の基で作られる、それぞれの個性が活かされるバスケこそが「日本的なバスケ」であると思っているし、そこには様々な分野を掛け合わせる必要がありますね。今ちょうどそういった企画を練っているところです。
      話すことが多すぎるので、今でも長文になってしまいましたが、少しずつ頭の中のものを形にしていきます。ヒデさんのような方からのメッセージは本当に励みになります。自分がやらなくて誰がやるんだと最近は本当に思うようになってきたので、日本の部活動を変える、日本のバスケを変えるつもりで、これからも発信を続けていきます。一人から10人に、10人から100人に、将来バスケを始める子供たちへ広がっていけば、必ず日本のバスケや部活動はもっと豊かになるはずです。指導者の価値観も変わるはずですし、より良い形になるような道を示していきます。今後ともよろしくお願いします。また何かあれば気軽にメッセージしてください。ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)