手のひらを”つけて”ボールを扱うメリット

「手のひらをつけてはいけない」

「ボールは指先でコントロールしなさい」

 

ボールの扱いを教わる時に、最初にこのように教わることが多いです。参考書やDVDの中でも、ボールをコントロールするためには、手を大きく開いて、指先でボールをコントロールするように指導されています。僕自身も、そう教わりましたし、それが正しいと思ってバスケをしてきました。

 

シュートの時も、同様に、

「ボールを持った時に、手のひらのところに空間を作るように(指先でボールをコントロールするように)。」

ということが基礎とされています。

 

レディックのようなボールの持ち方です。

jj-redick_329423

しかし、指先だけでボールをコントロールすることには、デメリットもあります。それは、指先に力が入ってしまい、体が固くなってしまうことです「指先で、指先で、…」と過剰に意識してしまうと、体が固くなり、プレーが硬くなる可能性があります。

 

 

手のひらをつけてシュートを打つ

NBA選手の中には、手のひらをつけながらシュートを打つ選手がいます。

参考画像を見ていただければわかるように、隙間なく、べったりと手のひらをつけてシュートを打っている選手もいます。一般的な指導とは違った方法でボールを扱っています。

lillard strang

 

nash

curry_stephen_shooting_ecu

2014-03-06 21.39.24

手のひらをつけてボールを扱うメリット

  • 無駄な力みがなくなり、プレーが柔らかくなる
  • ボールにより力が伝わりやすくなる

 

この二つのことを体感するのは、手のひらをつけた状態でシュートを打っているのが良いです。ボールを手のひらの上で転がすようにしてシュートを打つと、ボールに力が伝わりやすくなります。これはドリブルをする時も同じで、ドリブルの時も、手のひらを使うことで無駄な力みが減ります。 

dribble

リラードは、シュートの時も手のひらを使っていますが、ドリブルの際も同じように手のひらを使っているように見ます。ドリブルの時から、シュート同じボールの扱いにしていると、すぐにシュートに移行できます。指先だけではなくて、手のひらも有効に使うことも、自分の身体に合っているか試行錯誤してみてください。※「ボールを上手く扱うこと」が目的なので、今回の話は一つの選択肢です

 

【手のひらをつけてシュートを打つNBA選手:動画】

 

 

 

PS.

おとといバスケをして、その時に試しました。そしたら、僕自身の実体験から、手のひらをつけることにメリットがあることに気づきました。ドライブやシュートを打つ時に、より力みが減り、プレーに差が生まれました。

脱力バスケのマコトさんは、今回の記事のように、手のひらをつけてプレーしているそうです。マコトさんは、手を広げようとする意識はなく、一番力みがなく、ボールを正確に扱える開き具合を見つけているそうです。結局は、「自分で答えを探していく」ということに落ち着きますね!

 

「試行錯誤する」というのは、とても面白くて、

自分が今まで「正しい」と思っていたことが「正しくなかった(自分の身体にとって、もっと効率の良い動きがあった)」ことを知れます。

 

今回の話は、マコトさんを含めて、周りのバスケ仲間から教わりました。いつも色んな人からバスケを教わります。インターネットを通じて、もっと多くの方とコミュニケーションを取り、皆さんから僕も学び、そのことを情報発信でシェアしながら、”生涯現役”としてバスケを楽しみたいと思います!まだまだ未熟なところばかり…笑。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)