富樫選手が教えるシュートフォーム

この記事は1分で読めます

日本を代表するPG富樫勇樹選手。

シュートフォームについて語っている動画があったのでシェアします。

スクリーンショット 2016-07-02 23.34.34

一般的には頭の真ん中からシュートを打つように教えられることがありますが、富樫選手がアメリカで習ったのは「頭の横からシュートを打つ」という方法。そのための練習方法としては、腕を水平に真っ直ぐ前に伸ばして、そのままボールを上げるというもの。こうすることで、より効率よくシュートが打てるようになる可能性があります。

スクリーンショット 2016-07-02 23.34.11 スクリーンショット 2016-07-02 23.34.18

○頭の横からシュートを打つメリット

  • 肘を真っ直ぐリングに向けることができる
  • 肘の角度をつける(鋭角にする)ことができるので、飛距離が伸びる

 

肘が開かないようにすることが大切だと富樫選手が最後に言っています。

スクリーンショット 2016-07-02 23.48.24

 

NBA選手のシュートをフォームを見ると、頭の横からシュートを打っている選手も多くいることがわかります。

シュートフォームは、自分で試行錯誤して良いものを探していくことが大切です。色々な書籍やDVDで教えられているシュートフォームが絶対的なのではなくて、それらは一つの選択肢。それらを一つのヒントとして自分の中に取り入れて、そこから自分に合ったものを探していくことが上達への近道だと思います。

curry_stephen_shooting_ecu

thompson-sizzling

Dec. 1, 2015 - DIRK NOWITZKI (41) shoots a three-pointer. The Portland Trailblazers hosted the Dallas Mavericks at the Moda Center on December 1, 2015. (Photo by David Blair/Zuma Press/Icon Sportswire)

 

teague

 

 

動画はコチラから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

勉強会を定期的に開催しています!

このブログで発信しているNBA選手から学べるバスケの基礎や戦術、武術を活かしたドライブやディフェンスなどを実際に体育館でお伝えしていく勉強会を各地で開催しています。参加希望の場合は以下の案内文をお読みになった上で参加申請フォームよりご連絡ください。一緒にバスケをしてバスケを深めていきましょう!
勉強会「大和籠球」案内文

管理人自己紹介

カテゴリー