クリス・ポールのステップバック

この記事は1分で読めます

今回は、クリス・ポールのステップバックを紹介します。

シュートを打つ選択肢だけではなくて、常にパスを探しているからこそ、一瞬のズレが生まれています。パスの選択肢があることで自由度が増す。スラムダンクの仙道と流川のやり取りが思い浮かびますね。

 

 

PS.

おまけ。ハーデンの場合は、ポールのようにパスをするフェイクをすることはあまりないですが、それでも簡単にステップバックで得点をとっています。もはやハーデンの代名詞になりつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP