NBAの華麗なボール回し(動画)~「上手い人ほど歩き、下手な人ほど走り回る」~

この記事は3分で読めます

こんばんは、バスケのヨシです。

NBAを見ていると、ダンクや派手な1対1に注目してしまいます。それがバスケットマンとして普通のステップであって、始めは誰もがNBAを見たらオンボールマンの上手さに魅了されると思います。僕もその一人でした。しかし、バスケットボールを深く追求していくと、NBA選手のオフボール時の上手さやパスの上手さに感動するようになります。

 

 

『上手い人ほど歩き、下手な人ほど走り回る。』

これは僕の大学の先生が授業中に言っていた言葉です。その教授は、バスケットボールが専門なわけではないのですが、バドミントンを例にして、このことを説明しました。

%e3%83%90%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%b3

NBA選手は(ハーフコートのOFにおいて)無闇に走り回ることをせず、ステイ(止まっている)していて、ここぞという時に少し動き、DFを振り切っています。バスケットボールの本質を理解し、賢く、効率よく動いているため、OFは無闇に走り回らなくてもDFをパス回しで振り回すことができています。「上手い人ほど歩く」というのは、そういう意味です。

 

逆に、「下手な人ほど走り回る」というのは、無闇やたら動き回ってはいるけど、なかなかボールをもらえなかったり、DFを振り切ることができない状況を言います。これは、効率の良い動きを知らないことが主な原因です。バスケを始めた初期の頃と、今では動きの質が変わっていると思いますが、一般的にはバスケを始めたときは、動き回ってしまいます。初期段階としては(ミニバスなど)必要なステップですが、バスケを上達されるためには、ステップアップしていく必要があります。

 

 

○NBAの華麗なボール回し(動画)

今回は、NBAの華麗なボール回しを紹介します。NBAがバスケットボールの世界最高峰のリーグである所以は、ただ単にダンクや1対1がスゴいだけではなく、このようなプレーがあるからだと言えます。パスを多く回すことがチームプレーなのではなく、「より確率の高いシュートを打てるような状況を作ること」がチームプレーです。

 

 

 

 

スペーシングやスクリーンプレーを学び、より楽しいバスケを目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP

Twitter