作戦ボードを選手に渡す時代へ。

この記事は6分で読めます

こんばんは、原田です。

 

最近は色々なところで時代の話がされていますが、

バスケットボール界にも、その流れが来ていると感じます。

 

今日は、

「選手」から「指導者」へ

「指導者」から「編集者」へ

という変化を話していこうと思います。

 

 

まずは、「選手」から「指導者」へ。

 

これは文字通り、

今まで選手としてプレーしていた人たちが指導者として活躍していくことになる

という事なんですが、これは単に「大人になったら指導者になる」という話ではありません。

 

選手としてプレーしている学生たちが指導者になる

という事です。

 

今は、誰もが知識を学ぶ事ができます。

それも世界中から調べたいだけ調べられます。

中学生でも、スマホで調べたらいくらでも学べる時代です。

 

そんな時代だからこそ、チームの指導者が上に立とうとして、

選手たちを自分の枠組みで縛ってしまう事は、とてももったいないです。

 

選手たちは、「誰かに言われないと上手くなれない」ではなくて、

自分で情報を集めて、自分たちで上達するヒントを学んでいくべきです。

 

実際に、コートでプレーするのは選手たち。

 

だからこそ、選手たちが自分たちの事を一番わかっているし、

試合中に指導者の声がけがないと動けないようなプレイヤーよりも、

その場で必要なコミュニケーションを取り合って対処できるプレイヤーの方が良いプレーができるのは当然ですよね。

 

 

人が何かを学ぼうと思ったとき、

頭の中に知識を定着させる一番の方法は何かというと、

 

誰かに対して教える

 

という事です。

 

つまり、指導者のような立場で、

誰かに対して教える事が成長への近道なのです。

 

 

何かを教えようと思ったら、知識を学ばないといけません。

知識を学ぶだけではなくて、どうやったら上手く伝えるかも考えないといけない。

誰かに伝えることで、自分の考えは整理されて、わからないところも明確になる。

 

「誰かに対して、この知識を伝えよう」

と思って何かを学ぶと、自然と知識は定着します。

 

これを言葉にすると、

「インプットを前提としたアウトプット」

と言います。

 

一般的には、逆の言葉として、

「アウトプットを前提としたインプット」

と表現されることがあります。

 

誰かに伝えるために学ぼうね、って事です。

 

 

でも、これは「学んでいるだけで満足してしまう」っていう落とし穴があって、

学んだはいいけど、それを誰かに伝える場がなくて自分の中だけに留まってしまう事があります。

 

そうではなくて、

「インプットを前提としたアウトプット」

をしていこうとすると、アウトプットをする事が決まっているから、

そのために、インプットをしていこうと思えるようになります。

 

それに、インプットを前提としているわけなので、

わからないところが出てきても、それはそれとして、

次に活かしていけばいい、未完成で大丈夫だと思えます。

 

 

知識を学んでいくと、わかる事が増える以上に、

実は、わからない領域というのが増えていきます。

 

それが勉強というものです。

 

1学んだら、10わからない事が見えてくる。

そういうものです。

 

だから、勉強すればするほど、

「自分が誰かに教えられる事ってあるのかな・・・?」

というような不安な気持ちが出てくる方が実は自然で、

出てこなかったら、それは「自分は何でも知っている」という自分の枠組みに囚われている証拠なのかもしれません。

 

何かを学ぶと、こういう不安が生まれるものなので、

「まだアウトプットするべき時期じゃない。もっと学んでいかないと…」

といって、いつまでもアウトプットできない事があります。

 

だからこそ、インプットを前提としたアウトプット。

 

そういう考え方でいると、

上手くいかないことが出てきても、

まだ知らない事が多くても、行動できます。

 

 

・・・というわけで、

一番、知識を定着させる方法は、

「誰かに対してアウトプットをすること」

です。

 

 

以前、NBAのウォリアーズでこんな場面がありました。

これは本当に素晴らしい一場面だと思います。

 

選手に対して作戦ボードを渡す監督。

 

「選手たちのチームなんだ。コーチの仕事は選手を正しい方向に後押しし、導くこと。コントロールすることではない。彼らが自分たちで運命を決めるんだ」

 

指導者がこういう気持ちでいれば、

選手たちは指導者の顔色を伺いならプレーする事なく、

自分たちでプレーを選択して、楽しんでいけますよね。

 

もちろん、これがただの放任主義になってしまうのは問題です。

 

選手たちに何も知識がなかったり、

指導者が責任放棄をして丸投げをしていたら、

それは、ただの放任主義で指導者ではありません。

 

 

じゃあ、指導者はどうしていくべきなのか?

というと、「編集者」という役割を担う必要があると思います。

 

指導者は、選手を導いていく人ですが、

編集者は、その要素を含めた上で、様々な情報を一つに統合する存在です。

 

その「情報」というのは、

・選手たちの意見

・参考書で学べる知識

・インターネットで学べる知識

など様々です。

 

一番大事なのは、もちろん、選手の意見。

 

選手たちが自分たちで意見を言うようになると、

情報量が多くなる分、どれが正しいかがわからなくなります。

 

そんなときに、指導者の経験が活きて、

上から何かを押し付けるのではなくて、

「こういう風にやったらいいんじゃないか?」

という、一つの道を示してあげたら、後は選手たちが自分たちで軌道修正できます。

 

今は指導者が上に立つことは難しいし、

立とうとすれば、選手の可能性を無くしてしまいます。

 

上に立とうとするのではなくて、

選手たちの輪の中に入って、一緒にバスケを深めて、

編集者として情報をまとめて、指導者として導いていく。

 

チームの指導者は、そんな存在になっていくべきだと思います。

 

 

また、今の時代は誰でも知識を学べるという事は、

「選手が、指導者に対して新しい視点を伝えられる」

という可能性もあります。

 

そういう意味でも、「選手」から「指導者」へ、です。

 

指導者のような立場で味方に対して意見を言うだけではなくて、

指導者に対しても、新しい視点を提供できるだけの可能性が今はあります。

 

それはもちろん、

指導者の方の考え方を合わせるべきなので、

「こんな事をインターネットで学んだんですけど、どうですか?」

という感じで、提案していく力が必要です。

 

人生の中で、提案力は非常に大事な力で、

そういう力もバスケを通して学べるって事ですね。

 

提案というのは、ただ自分の意見を言うだけじゃなくて、

相手の意思を尊重しながら、新しい考え方を伝えていく事です。

 

相手を否定することなく、

かといって、自分の意見をただ伝えるのでもなく、

相手の意見と自分の意見を一つにまとめて、更に高い案を作るのが

「提案」です。

 

相手を否定せずに、自分の意見を伝える。

という事だけでも簡単な事ではないですが、

そこから更に、意見を統合できたらベストだと思います。

 

そういう提案力が学生のうちから身についたら、

将来、色んな人間関係の中で必ず活きる力になります。

 

 

当然、これをしていくためには、

指導者に対して意見を言えるような関係

があることが大前提になります。

 

今の時代は、厳しさだけでは選手は動きません。

 

「とにかく厳しくすれば選手たちはついてくる」

というのは、一昔前のパラダイムです。

 

今はそういう事をしていても、

選手たちは活力がなくなっていくだけだし、

選手や自分自身の可能性を制限しているだけです。

(これは、また別の記事で。)

 

 

それと、チームを作るうえでは、

先輩が後輩に対して、チームの約束事などを教える

という文化を創ることは凄く大事です。

 

指導者の方が一から伝えていくのはなくて、

「一年生に、チームのオフェンスとかディフェンスについて教えておいてね」

と一言言うだけで、先輩たちが後輩たちにバスケを教える事が文化としてあれば、

先輩たちは指導することで、自分たちのインプットになるし、提案力も身について、

後輩たちは、先輩たちの話を聞いて、先輩たちとの良い関係を作ることができるようになると、

指導者はもっと違うところにエネルギーを注いでいけます。

 

先輩が後輩の指導者役になれれば、

チームの指導者(監督)は、チームの高いところにエネルギーを注げるので、

結果として、チームとしての先端が高まって、そこから下に高いエネルギーが下りていきます。

 

 

そういう形で、選手が指導者になれれば、

チームとして良い循環が生まれていきますよね。

 

 

この変化は実際に、僕が今体験していることです。

情報発信を通しても、そんな報告をもらうようになりました。

いつも興味深く読ませていただいています。

ミニバスの指導者(アシスタント)をしていますが、私は低学年を担当し、駆け引きの楽しさ、相手の裏をつく、スペーシングの大切さ、スクリーンプレーの楽しさなど、こちらで影響を受けた考え方を低学年から染み込ませようと試行錯誤し、短い時間で練習を考え、実行しています。
ミニバスでは運動能力とスピードに勝る相手はディフェンスでハードにプレッシャー、ディナイをかけてきます。それに対するバックカットというカウンターは特に役に立ちそうで、ペイント内での得点を増やしていける手ごたえを感じています。 
なによりやらされてる感がなく、「コーチ作戦板貸して!」と元気よく自分たちで話し合いながら作戦会議している姿はとてもうれしく感じています。

1日授業を受けて疲れていても選手たちは笑顔で体育館に来ます。そこから最初に始まるのが20分間の鬼ごっこ。他の部活が声を出して真面目にやっている中、うちの子達は笑いながら走り回るところから始まります。そのあとのボールを使った練習も、自分たちのやってること(型)を高めるためにやっているので、比べる相手は昨日までの自分たち。ちょっとでも上手くなった、変化したチーム及び自分に喜びます。練習終わりには一人一人から今日のMVP発表ということで、練習中にキラリと光るプレーを見せた人、あるいは自分だけが見つけたかもしれない他人のいいところを発表し合います。

そういうことを繰り返していたら、先日の練習試合では勝っても負けても笑顔。更には試合間には自分たちで作戦ボードを持って行って話し合い。(コーチである私の元には一切来ず。笑)

小学生のサッカーは
団子サッカーから始まり、ポジションの概念(FW、MF、DF、GK)を理解して、役割を意識したサッカーへ移行していきます。

この時陥ってしまう傾向が、攻撃しかしないFW、守備しかしないDFといった選手が生まれることです。
もちろん自分の役割を意識し、そこに注力することは大切ですが、ゲームのなかで状況判断しないことは、かえってチームを悪い方向に持っていきます。

なので、私はポジションの話をする際
「ポジションはあくまで役割で担当。守るべきはポジションじゃないからね。必要なところに人がいるように。そのためだったらポジションなんか捨てていいよ!」と伝えています。

これでも分からない選手には、「試合の中で3つのポジションをやってごらん」と声をかけています。

とすると、人が結構動き回って子どもたちが自分で考える面白いサッカーになることも、そうでなかったりすることもあるみたいな感じです。笑

ちなみに、この前に参加した大会でノーコーチングで臨ませていただきました。
その時は、スタンドから見ていたのですが、私が思い描いていたプレーより凄いプレーがたくさん生まれました!
コーチングしてい たら、生まれなかったプレーなのかなーと思います。

また次回の配信も楽しみにしています!

 

「勝ちたい」という気持ちは、

選手の中から自然と出てくるべきものです。

 

「バスケットボールが楽しい」

という気持ちが根底にあったら、

自然と、勝ちたい気持ちが出てきて、

練習の質も、自然と高くなっていきます。

 

そんな場で育った子供たちは、

将来、誰かに対して楽しさを伝えられるし、

自分で物事を判断して動けるし、他人と協力できます。

 

選手たちがバスケを楽しめて、

指導者と一緒に成長していける場。

 

 

それがスポーツの本来あるべき姿だと思います。

 

そのために、これからの時代は、

・「選手」から「指導者」へ

・「指導者」から「編集者」へ

という変化が求められていると感じます。

 

 

これからのスポーツ界が楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP