田中さんとの会話。~バスケorぐーたら生活~

こんばんは、原田です。

 

僕は日中は食品系の会社で働きながら夜や休日にバスケをプレーして、

「自分史上最高」を目指しながら日々より良い動きがないかを探しています。

 

シュートフォームを見直したり、

ドリブルを柔らかくつけるようにしてみたり、

DFの時に、より力みの無い姿勢を探したり、

シュートやDFの時の目線を変えたり、・・・というように、

とにかく常に「変化」を求めて試行錯誤する毎日です。

 

なかなかその変化が成果に繋がるまでには時間がかかるのですが、

そのもやもやしている時間がいつか繋がると思うと楽しめます。笑

 

上手いかどうかは、環境によって変わるので、

そこに囚われること無く、自分の技術力を高めて、

どんな場所でも自分を出していけるように修行をしています。

 

もはや、修行です。

 

練習と言うよりも、修行。笑

 

 

 

…と、そんなある時、

僕が体育館でいつも通りバスケをしていて、

シュートとか動きをスマホで録画していた時のこと。

 

バスケ友だちが、こう言いました。

「お前は何を目指してるんだ?笑」

 

…その友だちの目には、僕の姿がかなり不思議だったみたいです。

 

要するに、言いたかったことは、

「プロ目指してるのか?何を目指して、そんなに研究してるんだ?」

ということだったと思います。

 

笑いながら聞いてきました。

 

馬鹿にしているという笑い方では決してなく、

純粋に不思議で、友だちからしたら理解できなかったみたいです。

 

 

そうですよね。

 

わかりますよ、その気持ち。笑

 

僕も、こんな発信をしているのですが、

「なんで、バスケやってるんだろう?何を目指してるんだろう?」

と思う時はたまにありますから。

 

 

「学生を終えたら本気でバスケをすることがなくなる。」

 

そんな空気が大人の間にはあるように思っていました。

 

だから、僕はそれが嫌いでプロの道を目指し、

実際に、プロに入るための試験を受けたり、

プロを目指している集団の中に入ったり、

そして、運よくプロチームの練習に混ぜてもらったこともあります。

 

本当に貴重な経験で、外国に来たような感覚でした。

(実際に、アメリカ人は数人いました。プレーは全く通用しませんでした。)

 

 

 

スポーツって、そういうところありますよね。

 

やってもやらなくても、どっちでも良い。

 

学生の時は、「部活動」があるから半強制的にバスケをします。

 

もちろん、進んで楽しみながらやっていたから、

強制的という言葉は好きではないけれど、

大人と比べたら、明らかに強制力があります。

 

だから、走れる、だから休まずに頑張れる。

そんなところが学生にはあります。

 

 

でも、大人はどうでしょうか。

 

やってもやらなくても、どっちでも良いですよね。

 

無理して身体動かさなくても良いし、

無理して体育館に向かわなくても良いし、

無理して勝ちを目指さなくても良いし。

無理して何かを変えなくても良いのです。

 

誰にも強制されないから。

 

 

 

 

ただ

、僕はそんな状況になるからこそ、

そんな状況にこそ、本当のスポーツの価値が現われると思っています。

 

負けて悔しいならやるし、勝って楽しいならやる。

 

変化させて上手くなるのが楽しいなら、

変化させて昨日よりも上手くなることを目指す。

 

プロを目指していないからバスケを高めないんじゃなくて、

自分の身体がスポーツを楽しみたいと言っているから高める。

 

ただ、それだけの話ですね。

 

 

こういうことをいうと、哲学的とか言われそうですけど(笑)、

大人になればわかります、必ず一度はそう思う時が来るのです。

 

 

学生の時に指導者にやらされていた人は、

スポーツの本当の楽しさをおそらく知れていません。

 

勝ちを目指す楽しさを強制されてしまっていたら、

自らの身体を変えて、技術力を高める楽しさを知れません。

 

結局は、「知っているか、どうか」だけ。

 

もし学生の時に、その楽しさを知れていなかったら、

今から知って、今から身体を変える楽しさを知れば良いだけの話。

 

スポーツの価値は、部活動だけで発揮されるものじゃなくて、

大人になってからも、ずーーっと発揮されるもので、

日常を、人生を豊かにしてくれるものだと思っています。

(これまた哲学的とか言われそう)

 

 

 

39歳、田中さんの物語。

最近、39歳でバスケを再開した人がいます、僕の身近に。

 

8年ぶりにバスケを再開。

 

子供さんがバスケを始めたから再開するという人は多いけど、

この39歳の田中さんは、たまたま体育館に顔を出しただけです。

 

そして、今ではバスケにハマっています。

 

いつも体育館にきたら、ぶつぶつ言いながらシューティングをして、

「肘はどうやってやったら…」「目線はどこに向けたら・・・」

とひたすら自分と対話をして動きを変えています。

 

そして、めちゃくちゃ楽しそうなんです。笑

 

そこで、聞いてみたんです。

「田中さん、もしバスケをしてなかったら、今の時間何してました?」

 

田中さん、即答。

 

 

「そりゃー飲んでぐーたらしてただろうな!笑」

 

 

ぐーたらの時間がバスケに代わったらしい。

 

 

これは、これは大きな変化ですよね。

 

だって、バスケをしたら健康にもなる、

笑顔を増える、日常でも身体の動かし方を試行錯誤する、

日常でも楽しみが増える、自分の身体についてもっと知れる、

仲間も増える、仕事も充実する、家族での話題も増える、

子供たちもカッコいいパパに憧れて何かを始めるかもしれない。

 

色んな影響がありますね。

 

 

やってもやらなくても、どっちでも良い。

 

スポーツも、世の中にある映画とかも全部そう。

 

映画『君の名は。』だって、もし無かったとしても日常はそのまま流れていくだけ。

 

『ワンピース』だって、無くても困らない人だっている。

 

でも、『君の名は。』『ワンピース』のおかげで、

日常が豊かになって、楽しみが増えている人だっている。

 

そうやって世の中は、循環しています。

 

 

何も変化させなかったとしてもスポーツはできる。

 

大人になってから、「学生の頃は」と昔話にふけることもできる。

 

それが楽しいなら、それでオッケー!

 

 

「スポーツって良いなぁ」

と思った、ある日の田中さんとの会話についてでした。完

 

 

考えることよりも先に、既に身体は何をしたいかを知っている。

 

楽しければそれでいいんですよね、例えバスケじゃなくとも。

 

そういうと、この発信の価値が無くなるのですが(笑)、

ただ、何もせずぐーたら過ごすくらいなら、

バスケをした方が楽しいんじゃないかなと思います。

 

Don’t think! Feeeee!!

(考えるな!感じろ!)

ふと思いついたのでブルースリーの言葉を最後に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

新世界バスケットボールへの参加はコチラから

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)