「バスケが上手い」に囚われるな。

「バスケが上手い」

どんな時に、この言葉を使いますか?

 

先日、バスケ仲間と飲み会をしました。一緒に飲んだのは、社会人のバスケ仲間で高校生の時からお世話になっている人たち。33歳と39歳の先輩。17時半から飲み始めて、終わりは夜中の1時過ぎ。話した内容は、バスケの話ばっかり。ビックリするくらいバスケの話ばっかりしました。

 

その中で、33歳の方から言われたこと。

お前は、1対1に来るタイミングが読める。

「得点を取りたい!」という欲は誰しもがあることで、それがなかったら攻め気がなくて、オフェンスに参加していないのと同じになってしまう。でも、本当にバスケが上手い人は、先のプレーが読めないものです。「パスをする選択肢があるから、迷いが生まれてくるけど、パスの選択肢がないとわかると守るのは簡単。」と33歳の先輩から言われました。

1対1トーナメントで優勝する技術と、5対5の中で得点を取る技術は全く別の物。オフボールも含めてバスケットボールであって、パスの選択肢を相手に見せるのも一つの駆け引き。流川を思い出しました!

slamdunk_29_162

 

そして、もう一つ言われたこと。

下がるドリブルは、逃げているようにも見えるけど、それも一つの技術。無理せず、ドリブルで下がったり、パスをしたりするのも、”上手さ”の一つだよな。

自分の中で「パスを出したら負けを認めたことになる。」という感情がどこかにあった。意識としてはチームとして戦っているつもりでも、そう指摘をされるということは、そうであったということ。…未熟でした!ドリブルで下がること、パスを出すことは、「逃げること」ではなくて「戦い」の延長線上にある。

 

 

 

”バスケットボールが上手い”選手

バスケットボールは5対5で行うスポーツ。僕がそうであったように、「得点を取れる選手」「カッコいいドリブルがつけること」がバスケットボールが上手いと思ってしまう人は多いけれど、それは「得点を取れる選手」「ドリブルが上手い選手」であって、「バスケットボールが上手い選手」とは、必ずしもイコールでは無いのだと思います。

「自分はバスケが下手なので…。」こう話す高校生と会ったことがあります。でも、誰も「バスケットボールが上手い」という客観的な答えを出すことはできないはず。こう口にしていた高校生の中では、「1対1が強いこと=バスケが上手い」となっていたけれど、それはバスケットボールのほんの一部分。

 

  • オフボールの動きが上手い
  • 適切なタイミングでパスを出せる
  • チームが得点が欲しい時に得点が取れる
  • 自分にできることで、いつでもチームに貢献する

これだって、立派な「バスケットボールが上手い選手」。

 

「上手い」「下手」という言葉に囚われて、バスケをするのが嫌になってしまっている、バスケを楽しめていない高校生を見たことがある。その言葉に縛られる必要はなく、感情を開放して、自分らしく夢中になれることの方が大事なんだと思う。正しいか間違っているかを決めるのは、他人ではなくて、自分の身体でも良いはず。

o0324051712430757008

 

ドリブルで下がることも、パスを出すことも、素晴らしい技術の一つ。

 

 

PS

実績や肩書きだけを信じてしまうと、身近にいる素晴らしい考えを持った人たちのことを見落としがち。価値ある情報を提供しているかどうかを判断するのに、社会的な証明は必ずしも必要ではないと思っています。バスケに限らず。

今回、僕に対してアドバイスをしてくれたバスケ仲間は、実績や肩書きは一つも無いけれど、本質を見抜いた視点を持っています。「バスケが上手い」という言葉に囚われるな。…と教えられました。どこにいても、バスケの楽しさは広げられると実感できた日でした。

 

 

33歳でも、39歳でも、心からバスケを楽しみ、悔しがり、日常を生き生きと過ごしています。僕の使命は、バスケを通して日常まで豊かにできる人を増やしていくことなんじゃないかと最近感じています。(もちろん、僕自身も含めて)NBAからバスケを学ぶことで、色々な方の人生が豊かになっていることを心から実感する今日この頃。いつの時代でもバスケットボールの本質をついています。素晴らしい…。

slamdunk_29_140

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • オサムシ
    • 2016年 9月11日

    上手い選手……。

    最近、悩んでますm(_ _)m

    古武術バスケ〜脱力〜無駄な力を使わず〜スペーシング〜意識し過ぎか?

    チーム練習で色々と試そうとするのですが、タイミングが合いません。
    話し合い不足なんでしょうが(笑)

    「なぜ、そのタイミングで打つのか?」
    「あれは必要なの?」
    ディフェンスが被り「何やってるの意味が分からない」と……。て言うか遅いからスイッチって声かけてフォローしただけなのに(笑)

    などなどで、頭を悩ませてます
    本当に下手くそで、どうせスタメンになれないからチームに参加じゃなくて個人で、ガチガチ練習して楽しみだけ求めようかなと……。

    3Pが入るようになると入るタイミングが「行ける」と思えるタイミングがみんなと違い、打っていいよ派と打つなよ派に色んな意見を言われて…。

    では上手い選手とは……。
    動き方をもっとチーム練習でやってほしい…。
    個人練習で築き上げてきたから、チームの方針があるなら、ちゃんと決めて集まったら即ゲームじゃなくて、ちゃんと練習がしたい…。

    という色んな感情の中で毎日、YouTubeで今はWNBAの試合を見ながら、色んなバスケ見ながら勉強の日々ですm(_ _)m

    人じゃなくて昨日の自分に勝てをモットーにやってますが、バスケは深い(T . T)

    5人で勝つ…。

    迷走中(笑)

      • バスケのヨシ
      • 2016年 9月18日

      貴重なコメント、ありがとうございます。
      ちょうど、今自分自身も同じ壁に当たっていると思ったので、そのことについて記事を書こうと思います。コメント、引用させて頂きます。

        • オサムシ
        • 2016年 9月21日

        引用
        わかりました(^O^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

新世界バスケットボールへの参加はコチラから

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)