友達と3時間シューティングをした話

こんにちは、バスケのヨシです。

先日、友達とシューティングをしました。そしたら、いつの間にか時間が経っていて、3時間以上経っていました(笑)自分でも驚いたのですが、バスケをやると、時間も空腹も忘れてしまいます。遊びってそういうところがあって、今でも夢中になれることがあることは楽しいことです。そんな遊び心を子供の時から持ち続けていられたのは、関わってきた大人のおかげだと思うので有り難いです。

 

シューティングを二人でして、1対1などはしませんでした。

ただ、この間、あまりしゃべっていないんです。決して仲が悪いというわけではなくて(笑)、お互いに喋る必要がなかったからです。話していたのは相手ではなくて自分自身と。「自分自身と対話をする」ということは、スポーツにおいても、日常においても、自分に合った答えを探すために大切なことです。

 

 

自分自身と対話をする

自分自身と対話をするということは、色々な動きを試して、自分の身体の声を聴いて、自分に合った動きを見つけるということです。世の中には、様々な参考書があり、たくさんの指導者がいます。その数だけバスケの知識があり、それらを学びながら成長して楽しんでいくことがスポーツであると思います。

でも、大切なことは、それらの知識を絶対視するのではなくて、自分に合ったものを選ぶこと。いろいろな考え方がありますが、生まれ持った身体特性や感覚が違えば、それが合うか合わないかということも変わってきます。スポーツにおいては、万人に合った答えというものはなく、自分に合った答えがあるだけです。

 

 

情報が溢れている現代は、情報に溺れてしまい、どれが正しい答えかわからなくなります。

 

だからといって情報を探さなくなってしまっては、本質は見えてきません。

 

情報を探して、自分の頭と身体で考えて、試し、

自分に合ったものを探すことがスポーツでも、

スポーツ以外にでもより大切になるのが今とこれからの時代だと思います。

 

 

僕と友達が意識していたことは、こんなことです。

  • 無駄な力を使わずに、楽にシュートを打つためにはどうしたら良いか

 

これだけです。

自分自身と対話をして、色々な動きを試して、「この動きをすると腕が窮屈だ。」「この動きをすると、シュートが軽く飛ぶ。」ということを見つけていきます。色んな遠回りをすることで、自分の身体を知り、より良い動きを身につけることができます。それを探すヒントがNBA選手の動きや誰かから教わる知識であって、それらは絶対的な答えではありません。

 

体の向きに関しても、様々です。

指導者は選手に対して知識を押し付けるのではなくて、選択肢を与え、選手が自由にそれを選ぶ権利を与えるべきだと思います。選手は、指導者の言葉を鵜呑みにするのではなくて、自分の頭と身体で考えて、自分に合ったものを探していく必要があります。そうやって色々な選択肢を探していくことがスポーツの楽しさだと思います。「旅」みたいなものです。

 

脱力バスケの師匠、マコトさんは今でもシュートフォームを改善しています。僕からしたら「もう何も変える必要ないんじゃ…笑」と思えるくらい綺麗で無駄が無いシュートなんですが、マコトさんは今でも毎日試行錯誤しているそうです。また新しく進化をしたみたいで、どこまで行くんでしょうか…。笑

NBA選手も常に進化を求めていますもんね。

誰かと比較をして勝利を目指すという形も一つですが、自分自身の成長にフォーカスするというのもスポーツの楽しさです!「下手」「上手い」に囚われずに、自分史上最高を目指して、より良い動きを見つけていきましょう。

 

 

そんなこんなで、友達とはNBAの画像や動画を見たり、自分のシュートフォームを撮って見たりしながら、4時間近くシューティングをしていました。つくづくバスケ馬鹿だなと思った一日でした(笑)最高の遊びです。

部活をしていた時、「シューティングをしなきゃ!」と思いやっていました。でも、今は「シューティングがしたい!」と毎日思っています。シュートは苦手で…、マコトさんから学ぶ毎日ですが、少しずつ向上して生きたいと思います。変化させるのはやっぱり楽しいです。

 

遊び心を大切に。

 

 

 

PS

友達は、初めてこんなに楽しくシューティングをしたと言っていました。シュートが入らない原因が練習量が足りないことや才能が無いことではなくて、シュートフォームが良くないことであることを知っただけで、こんなに長い時間楽しむことができました。今までとは違う世界、脱力バスケの世界やNBAと繋がった世界に足を踏み入れたみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • samcasell
    • 2016年 6月15日

    こんにちわ
    僕も最近足の方向を斜めにするようにしてます
    その方が、腕と身体の幅が狭くなり、肘や手首首の回転が横から縦に変わる気がします
    膝と肘・手首の動きが縦回転に一致することで、楽にシュートとが打てる気がします
    ウォータードライブのように、全身を縦に狭めるという共通点を感じました
    考え方を提供してくださってるおかげで、
    33歳になりますが、楽しく練習させてもらってます

      • バスケのヨシ
      • 2016年 6月15日

      こんにちは。いつもありがとうございます。
      体をターンさせる(斜め方向に体を向ける)ことについてですが、シュートを打つ前からターンさせる場合(レブロン、ラウリー、デュラントなど)と、打つ前は正対させて打った後にターンする場合(カリー、カーメロなど)があります。いろんな動きを試して、自分の体に合った動きを探していくのは楽しいですよね。
      体の使い方としては、「ねじれを作らない」という点でウォータードライブとターンシュートは共通しています。
      お互い、バスケを進化させて、より長く楽しめるように試行錯誤していきましょう!またこれこらも情報発信をするので、よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)