バスケにおける「ジャパン・ウェイ(Japan Way)の再考

こんばんは、バスケのヨシです。

ラグビー日本代表が南アフリカに歴史に残る勝利を上げました。僕はラグビーのことはほとんど知らず、日本代表がどれくらい強いのかも、世界の現状がどのようなものかも知りませんでしたが、テレビで勝利の瞬間を見たらもの凄く感動して鳥肌が立ちました。

終盤に同点を狙わずに勝ちを目指す選択をした瞬間、そして勝利をした後の選手の喜び、嬉し涙を見たときはジーーーンとこみあげてくるものがありました。スポーツって本当に最高だなあ!と改めて思い、バスケットボールばかりしている僕でも、ラグビーからパワーをもらいました。競技の枠を超えて、スポーツの楽しさ素晴らしさをプレーで教えてくれました。

aa36935d4c0f2cfff48ce5fc544c1bae

ラグビーが歴史的勝利を達成したことで、テレビやネットではラグビーの話ばかり取り上げられていますよね。僕はラグビーについて全然知らなかったのですが、そういった情報を聞いてたら、ラグビーのルール(あまり知りませんでした)や日本代表の戦い方などを知ることができました。そこで今回はラグビー日本代表からバスケットボールに活かせることを考えていきたいと思います。

 

 

ジャパン・ウェイ(Japan Way)

ラグビー日本代表のキーワードに「ジャパン・ウェイ」というものがあります。

これは、ラグビー日本代表がチームをスタートさせるときに、監督のエディー・ジョーンズHCがチームに向かって話した方針です。

エディ1

具体的には、以下のような内容です。

・「日本代表はスローでセットピースを重視するラグビーでは勝てないということ」

・「アップテンポでスキルを使うラグビーJapan Wayは日本のラグビーの文化を変えつつある」

・「日々の生活の中で「勝つ」という姿勢を持つことは必須条件です」

・「自分自身が鬼になることの大切さ、個人とチームの強みに焦点を当てること。これがまさしくJapan Wayです」

「Japan Way」とは勇気を持って、相手へアタックし、国の代表としての誇りを持ってプレーすることです。
スキルフルなラグビーをプレーし、シェイプを用いた意図的な攻撃をしかけ、モーションとリンケージを遂行、国際舞台で戦うためのマインドセットを持つこと。そして、何よりも勝利を愛して止まないチーム―それが「Japan Way」です。

・ラグビーは世界で最もフィジカルなスポーツです。しかし、私たちは勝てない言い訳を探し出すよりも、「Winning Advantage(勝利につながる長所)」を見つけるべきなのです。

・「日本人の強みは、真面目で忍耐力があることです。それは間違いなく世界一です。他の国の選手なら、とっくに逃げ出しているでしょう。」

・「全選手が忍者のような身体を持ち、狭いスペースの中で素早く動けるようにならなければなりません。」

・最高のチームになるには勇気が必要です。新しい事に挑戦をする勇気です。勇気とスキル、タフネス(強靱な心)があれば、どんなことでも可能です。私たちには多くの勇気が必要です。私たちはスキルもタフさもあります。ですから、思考と行動の両面で勇気を持つことが、私たちのプライオリティーとなります。

「Japan Way」を実践するには、最初の1分からメンタル的にもフィジカル的にも勇気が必要です。

ソース

ということです。

 

簡単にまとめると、

「世界と同じ路線で戦っていては勝てない。日本だけの道(Japan Way)を作り、世界とは違う路線で戦う必要がある。具体的には、スローテンポではなくてアップテンポで試合を展開して、スキルを使い、日本人の体型や忍耐力を活かして戦う。そして、日々の生活の中から『勝つこと』を意識し、Japan Wayを勇気をもって実践することが大切だ」

ということになります。

 

このような考えの元、日本代表はチームを指導し、南アフリカのような強豪に勝つことを想定して「世界一厳しい練習」と言われるほど過酷なトレーニング(朝の5時から一日4部練をしていたそうです…)を乗り越えて、今ワールドカップで戦っているそうです。この「Japan Way」というのはバスケットボールに当てはめて考えていきましょう。

 

 

違う路線で戦う意味

まず、ジャパン・ウェイは、世界とは違う路線で戦うということです。

これは、世界と同じ路線の上(同一直線上)で戦うと、体格差があり厳しい戦いになるため、世界とは違った戦い方(速いテンポで、忍者のように狭いスペースの中で動く)ということだと思います。違う路線で戦うことで、競争から外れて、自分たちだけのユニークな戦い方ができます。

 

違う路線で戦うというのは、日常でも行われていることです。

n173608_s6_1

例えば、違う路線で戦っているのは「高級〇〇」という名前の付くお店とかです。例えば、「高級寿司屋」で考えみます(この場合、「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」などは、同じ路線で戦っている寿司屋ということになります)。高級寿司屋では、一貫1500円の寿司があるなど、二貫で100円近くの回転寿司を食べている人からは想像もできないような値段がつけられています。このような値段に設定しているのは、「100円寿司よりも美味しいネタ・貴重なネタを使っている」「100円寿司とは違う雰囲気の店内にしている」など、100円寿司とは違う路線で戦っているからです。なので、100円寿司を食べている人(僕もそうですが)からは想像もできないような値段でも、お客さんが絶えず来店しています。

 

これと同じことは、「同じ料理やサービスで値段の差がある場合」で考えると、日常にもいろいろなものがありますよね。普通のビジネスホテルと高級ホテルの差など日常的に違う路線で戦っているものと、そうではないものがあります。

 

 

スポーツでも、違う路線で戦うことは大切です。

例えば、僕自身経験したことで離すと、僕はこれまで所謂「強豪校」と呼ばれるような全国区のチームに所属をしたことがありません。強豪校と呼ばれるチームとは、選手個人の能力も違えば、練習時間、筋トレ施設の環境、部員の数など全く違いました。そこで強豪校と同じような練習スタイルを真似したり、同じようなバスケをしていたら、必ず個人の能力差や体格の差が生まれます。なので、あえて違う路線で戦う必要があります。

 

例えば、強豪校がベンチメンバー全員を交代させながらオールコートプレスでDFを仕掛けてくるチームで、自分たちは少人数しか部員がいなくて個人の能力も低いとします。そんな大戦では、同じようにオールコートプレスをするのではなくて、ハーフコートオフェンスでスクリーンプレーを使ったり、フォーメーションを多く取り入れたり、3Pをたくさん打つスタイルにしたりと、自分たちだけの路線で戦うことが対抗できるようになります。

 

「違う路線で戦う」ということは、同一直線状の戦いで勝てない場合のとても賢い戦い方です。これは、「逃げる」こととは違い、「賢く戦う」ということです。

 

 

 

バスケにおける「ジャパン・ウェイ(Japan Way)」とは?

ラグビーもバスケも、学校体育で考えれば「ゴール型」競技として同じ分類に入り、お互いに似ている特徴があります(一つのゴールに向かってシュートを決めるスポーツ)。そのため、ラグビー日本代表のジャパン・ウェイは、同じように日本のバスケでも考えることができます。世界と戦うということで考えれば、世界と比べて体格の小さい日本人は、スローテンポのバスケをするのではなくて、アップテンポで素早いパス回しから攻撃を組み立てることが大切になります。だからこそ、バスケットボール日本代表は「隼ジャパン」という名称で、速攻を作り出すチーム方針でバスケをしています。

 

世界だけではなくて、日本の中でも同様のことが起こっています。

「身体能力(1対1の強さ、体の強さ、身長)が劣っているチームは、同じ路線で戦うのではなくて違う路線で戦う必要があると考え、パス&ランを中心にして、走り回りパスを回しから攻撃を組み立てる必要がある。まずは、オールコートのプレッシャーDFから速攻を狙うことを第一に考え、ハーフコートでは空いている空間に飛び込み、パスをしたら動き回ることでズレを作る」

と考えているチームは多くあります。

 

ラグビー日本代表のジャパン・ウェイを考えると、バスケでも同じようにアップテンポの試合を行い、ハーフコートでもオールコートでも走り回り、パス回しから攻撃を作る必要があると考えるのが一般的だと思います。今回のラグビー日本代表の勝利を見て、同じように体格や身体能力で勝っていないチームは、「ラグビーと同じように、速いテンポで動き回るバスケをすればいいんだ!!」と希望を見出したかもしれません。

 

そして、「NBAからバスケを学ぶ」というキーワードを見ると、

それは世界と同じ路線で戦うことを意味していると判断して、

「やっぱりNBAからバスケを学ぶんじゃなくて、日本独自のバスケをしていく必要があるんだな。」

と考える人も多いでしょう。

 

 

でも、それは本質を見抜けていない間違った見方です。

僕らは、ラグビーの歴史的大勝利、ジャパン・ウェイを貫いた戦術で勝利したことを考えても、やっぱり僕らはNBAからバスケを学ぶ必要があるのです。僕がそう考え、NBAからバスケを学ぶべきだと考える理由、ラグビー日本代表の歴史的大勝利に敬意を払いご説明します。

 

 

NBAからバスケを学びませんか?

と、この発信で言っているのは、言い換えると「NBAから『バスケットボールの本質』を学びませんか?」ということです。

それは、何も、NBA選手と全く同じバスケを展開することを目指しているのではなくて、バスケットボールというスポーツの本質を学び、それを日本のバスケに応用をしませんか?ということです。本質というのは表面には表れない抽象的なもので、抽象度が高いからこそ色々なバスケに応用することができます。

 

ジャパン・ウェイとして、日本独自の戦い方を行うのは、まずはバスケットボールというスポーツの土俵に立たなければいけません。

独自の道を作って戦っていくのはそこからです。バスケットボールの本質を学ばないまま「違う路線で戦うんだ!!」と考えるのは、バスケットボールの競技から離れて違う競技で戦おうとしているのと同じです。バスケットボールを違う競技に変えてしまえば、そこに競争は生まれないので、一番になれるのは当たり前のことですが、それはおかしな話ですよね。世界と戦うということを考えた時、大前提として、まずはバスケットボールというスポーツの本質を理解して、バスケットボールの基礎を学ぶ必要があります。

 

具体的には、NBAから学べるバスケットボールの本質とは「スペーシング」です。

これは、ジャパン・ウェイとして日本独自の戦い方をするとして、基盤として必ず身に付ける必要があるものだということです(簡単に言えば、「日本独自の道で戦おう!」と考えたとしても、ドリブルやシュート・パスなどはバスケットボールの基礎として学ぶように、NBAから学べる「スペーシング」はそれらと同じ基礎であるということです)。

スペーシングとは、オフボールの動きのことで、この発信では「NBAからスペーシングを学びましょう」ということが一番のメッセージになっています。オフボールの動きは、バスケットボールで80%以上を占めている(OFだけで考えて、5人で平等にボールをシェアすると考えて。またDFの時間も含めて考えて。)大切な要素であるし、バスケットボールの本質を考えればドリブルやパスと同様に必須のスキルです(シュートを決めなければ得点にならないスポーツであるため、より確率の高いシュートを打つ必要があり、そのためには良いスペーシングが必要になるということ。参考:死神の目を持てば日本のバスケは変わる①~ハンドボールから学ぶバスケ~

 

スペーシングは世界共通のバスケの基礎です。

これは、NBAでもヨーロッパでも日本でも同じことで、あえてNBAからバスケを学びませんか?と言っているのは、NBAが一番身近なバスケであるし、なによりもNBA選手はスペーシングも世界最高レベルで行っているからです。

 

 

身体能力で劣っているなら、パス&ランではなく、スクリーンプレーを。

それと、もう一つ、違う路線で戦うということに関して、

「身体能力(身長、体格、走力など)で劣っているなら、コートを走り回って、パス&ランや空いている空間への飛込みで攻撃を組み立てよう」

という価値観が昔から日本にはありますが、これだけに囚われてはいけません。

 

 

パス&ランは、結局はオフボールの1対1です。

「身体能力で劣っているなら、パス&ランでボールを動かし、動き回ることでズレを作ろう」と考えることは、違った路線で戦っているとは言えません。なぜなら、パス&ランや動き回ること、空いている空間に走り込むことは、オフボールで1対1をしてることと変わりがないため、体格や瞬発力が勝っているチームが勝ちます。なので、身体能力で劣っているチームがパス&ランやオールコートプレスをするというのは有効だとは言えません。

 

理論的に考えてみましょう。

【身体能力(身長、体格、走力など)で劣っているチームがオールコートプレスをし、動き回ると…】

・アップテンポになることで試合全体のシュート本数が増える

→身長が高いチームがリバウンドを制する確率が高く、身長が高いチームが多くシュートを打つことになる

・ハーフコートで走り回ることで悪いスペーシングが生まれやすい

→悪いスペーシングがあると、アウトナンバーを攻めることができず、フリーの状態でのシュートが減る

 

これらのことを考えても、小さいチームほど、オールコートプレスをして走り回るのではなくて、

2対2を中心にして、効果的にスクリーンを使い、頭を使って賢く戦う必要があります。

 

それでも、これだけ日本のバスケの価値観がそうなっているのは、これまでの能代工業のイメージや山王工業のイメージが強いからだと考えています。僕は田臥選手とスラムダンクの大ファンですが、昔の価値観のままそれが正しいと思っている人が多いということです。よく30代くらいの人の話を聞くと「昔は走り回っていて、陸上部かと思った(笑)」というような話を聞きますが、昔はそれが日本一のバスケであり、素晴らしいバスケの形であったのだと思います。

 

 

でも、今は変わってきています。

 

そもそも、生まれた地域のバスケ、生まれた国だけのバスケしか知らないということは今はなくて、

世界中の情報、世界中のバスケ動画を見ることができる素晴らしい時代です。

 

今、世界のバスケは、どんなプレーでもスクリーンが使われています。スクリーンプレーは昔からあったことですが、昔に比べてフォーメーションの数も増えているし、Pick&Rollの頻度も格段に上がっています。バスケットボールは進化し続けているのです。NBAでも単純な1対1はほどんどなく、ほとんどのプレーがスクリーンプレーから始まっています(絶対的なエース、レブロンがいるキャブスも例外ではありません)。

 

NBAは、スクリーンプレーから攻撃を始め、良いスペーシングを保ちながらプレーしています。

「あのNBA選手がやっているから真似をしましょう」という表面的な話だけではなくて、バスケットボールの本質から考えて、2対2はとても有効だし、良いスペーシングを保つことはドリブルを身に付けるのと同じくらいバスケットボールにおいて必須のスキルです。

 

今回のラグビー日本代表は、日本人の小柄な体型を活かして「低い姿勢のタックル」を使ったそうです。それは日本人独自の体格を生かした戦術だといえます。これを同じようにバスケで考えて、「1対1でも小さいなら走り回ればよい」と考えるのは危険です。

 

バスケットボールは他のゴール型スポーツと比べて、圧倒的にオフェンスが有利なスポーツです。

DFのファールの数を考えればわかりますが、スクリーンプレーを他の競技(サッカー、ハンドボール、ラグビーなど)ほとんど効果的ではありませんが、バスケットボールではとても効果的な戦術です。「身体能力で劣っているから、違う路線で戦おう。走り回ろう。」と考えるのではなくて、NBAを参考にしてスクリーンプレーを使い、2対2からオフェンスを組み立て、良いスペーシングを保ちながらバスケをしましょう。

 

 

違う路線で戦うことは大切な考えです。

 

でも、それはバスケットボールの本質を学んでから行うべきことで、まずはバスケットボールというスポーツの本質を知り、基礎を身に付ける必要があります。スペーシングに関しては、NBA選手のバスケを見るの一番です。パス&ランは一つのバスケの形ですが、スペーシングを学ぶか学ばないかによって全く違ったものになります。そして、パス&ランだけがバスケの形ではなくて、NBAを含めて世界中のバスケ動画を見ることで違った価値観をインプットすることができます。NBAからバスケの本質をこれからも考えていきたいと思います。

 

 

 

PS

ラグビーを見て、バスケにも通じることを学ぶことができ、ラグビー日本代表をこれからも応援していこうと思いました。スポーツは様々な協議がありますが、どれを見ても、感動できるし、楽しめるという点で本当にスポーツって最高だなぁと今回の勝利を見た時も感じました。もっとスポーツを高めていきたいし、もっと楽しんでいきたいと改めて思いました。

 

今回は深くは取り上げませんでしたが、エディー・ジョーンズHCの言葉の

・最高のチームになるには勇気が必要です。新しい事に挑戦をする勇気です。勇気とスキル、タフネス(強靱な心)があれば、どんなことでも可能です。私たちには多くの勇気が必要です。私たちはスキルもタフさもあります。ですから、思考と行動の両面で勇気を持つことが、私たちのプライオリティーとなります。

というものはとても深いし、素晴らしい言葉だなぁと思います。

 

それと、日本人の忍耐力と真面目さを活かすというのも、長所を生かした考え方で素晴らしいと思います。これはラグビーだけではなくて、どのスポーツにも当てはまる日本人らしい部分で、これからも大切にしていかなければいけないことだなと再確認させられました。

 

自分自身も勇気をもって、新しいことをこれからも進めていきたいなと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)