裏の世界へ、ようこそ。

 

これからお伝えすることは、

「バスケットボールの裏側」

についての話です。

 

今はネット上に情報が溢れていますが、

その中に埋もれて見えなくなっているもの。

 

 

それが何かというと、

 

「バックカットの価値」

 

です。

 

 

バックカットそれ自体が凄いわけではありません。

相手の背中(バック)をとってゴールに走るだけですからね。

 

誰でも知っているし、誰でもできるバスケの基礎です。

 

でも、多くの人はバックカットの「深さ」を知らないし、

バックカットを深めた先にある「価値」に気付けていません。

 

昔の僕もそうでした。

 

 

バックカットは「表」

 

ほとんどの人にとって、

バックカットというプレーは、

「表のプレーを止められた時にするもの」

だと思います。

 

つまり、

オフボールのプレーを選択するときに、

第一に狙う選択肢を「表」と表現するなら、

バックカットを「裏」と捉えている、ということです。

 

「ディナイされたらバックカット」みたいな形で。

 

なので、そこまで深く学ぶことはないだろうし、

バックカットをした経験も多くはないと思います。

 

 

僕がこのページで伝えたいことは、


「バックカットは裏ではなく、表の選択肢である」

 

ということです。

 

 

つまり、オフボールのプレーを選択する時に

まず第一にバックカットを狙うべきだ、ということです。

 

フロントカットをする前に、

ウィングでボールをもらう前に、

チームのオフェンスの形を遂行する前に。

 

もちろん、バックカットさえ学べばそれでいいわけではありません。

ドリブルも、1対1も、シュートも、ディフェンスも全て大事です。

 

でも、それらと同じくらいバックカットも大事だと言いたい。

 

 

きっと、この文章を最後まで読んだら、

「確かに、バックカットって表の選択肢かも…」

「バックカットからオフェンスを創ったら面白そう…!」

と思えるはずです。

 

もし、ここで書かれていることに少しでも興味が湧いたら、

是非一緒にバックカットを軸にバスケを深めていきましょう。

 

そして、バックカットを実際にやってみてください。

 

僕やコミュニティーメンバーが既に感じているように、

きっと、今までのバスケとはまったく違う世界が見えるはずです。

 

本当に面白いですよ、バックカットから始めるバスケ。

 

 

それでは、これから

 

「どうして今このタイミングで、わざわざバックカットを深めるのか?」

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

読むだけでバックカットの見方だったり、

バスケの価値観が変わるように書いていくので、

講座に参加するかどうかに限らず、是非読んでみてください。

 

 

 

僕にとってのバックカット

 

あなたにとってのバックカットって、どういうものですか?

 

最近、関わる人にこの質問をしているんですけど、

このバックカットインタビューがすごく面白いんです。

 

一人ひとりが経験してきたことは、

誰かにとっては必ず役に立つもので、

バスケの見方は色々あるんだなって思えます。

 

この案内文を読みながら、ちょっとこの質問を考えてみてください。

そして、いつかタイミングが合えば、是非お話を聞かせてほしいです。

 

バックカットを教わったことありますか?

バックカットって、どういう印象ですか?

バックカット、やってますか?

 

 

そんな僕はどうだったかというと、

そもそも選択肢にすらありませんでした。

 

プレー中に、

「バックカットをやろう」

と思った記憶すらありません。

 

なぜなら、僕は「バックカット」を忘れていたからです。

 

 

今思い返せば、中学生の頃に学びました。

 

今でも尊敬している素晴らしいコーチに教わったのですが、

その後、いつの間にかバックカットを忘れてしまいました。

 

言葉そのものを忘れていたくらいです。

 

 

僕は11歳からバスケをしているので、

今年でかれこれ18年もバスケをしているんですけど、

バックカットを思い出したのは、ほんの3年ほど前です。

 

Princeton Offenseをきっかけに思い出して以来、

今では自分でもバックカットをやっているし、教えてもいますが、

本当にバスケが楽しくなって、バスケ人生が変わったなと思っています。

 

 

そんなバックカットを深めている今、

昔を思い出すと、不思議な感覚になります。

 

 

バックカットがないバスケ

ちょっと想像してみてください。

 

もし、ジャンケンから「グー」がなくなったら・・・

 

 

 

「もはやそれってジャンケンじゃなくない?」

 

「ジャンケンする意味ある??」

 

「つまんない!」

 

 

ってなりますよね。

 

 

 

・・・そんな感じだなって思います、バックカットがないバスケは。

 

バックカットがあるとないとでは、

バスケの自由度も、楽しさも、面白さも、

まったく違うものになるということを今まさに実感しています。

 

「いや、さすがにジャンケンでグーをなくしたほどじゃないでしょ!」

って思われるかもしれませんが、本当にこんな感覚なんです。

 

これは実際に体験したらわかります。

 

大げさでもなんでもなく、

これくらいの違いがあるんです。

 

 

昔のバスケを今振り返ると、

「なんで、こんなに重要なことを忘れていたんだろう…」

という気持ちになります。

 

こんなに簡単で、こんなに面白いのに。

 

それに、こんなに効果的なのに。

 

というか、

「これがないバスケって、バスケって言えるのかな?」

って思えるくらいの基礎なのに。

 

 

これは僕だけではなく、今までバックカットを深めてきた

コミュニティーのメンバーや指導してきた学生たちも感じていることです。

 

「バスケの世界が裏返りました」

「とんでもない忘れ物をしていたなって思いました」

「今ではバックカットがないバスケが想像できません」

「チームでバスケをする本当の意味を知れました」

「駆け引きが楽しくなりました」

「これは必修項目ですね」
「バスケットボールが好きになった」

 

これらすべての言葉に僕はすごく共感できます。

 

 

そんなバックカットを知った今、

「あの時、バックカットがあればなぁ…」

と思い返す時間があります。

 

それは、高校で部活をしていた時のことです。

 

 

バスケを辞めようと思った瞬間

 

僕はずっとNBA選手の1対1に憧れていたので、

「ウィングでパスを受けて、相手をクロスオーバーで抜く」

ってことばかり考えていたバスケットマンでした。

 

なんかありふれたフレーズですけど、ほんとにそう思っていました。

 

いつでもスタートは、ウィングでパスを受けること。

 

 

でも、地元の強豪校と試合をした時、

身体も大きくディフェンスも厳しい相手に

自分のやりたいことができずに大敗しました。

 

何もできずに、気付いたら試合が終わっている。

 

バスケで一番むなしい負け方ですよね。

 

 

どのカテゴリーでも、上位チームほどディフェンスのプレッシャーが強いので、

オフェンスの形を遂行する前に、まずプレッシャーをリリースする必要があります。

 

どんなにシューティングをしても、

どんなに完璧なセットプレーを準備しても、

戦う土俵に立てなければ練習してきたことも発揮できません。

 

きっと、こういう経験をしたのは僕だけじゃないと思います。

 

 

当時の僕は、強豪校に負けた後、

「相手のフィジカルに負けないように体を鍛えよう」

「確実にボールをキープできるようにドリブル練習をしよう」

と必死に練習しました。

 

今思い返しても、「もうこれ以上は練習できない」っていうくらい、

自分が置かれた環境で最大限の努力をしてきたと自信を持って言えます。

(あれ以上の練習はもう一生できないというくらい全力でやりました)

 

 

でも、結局、強豪校との差は埋められませんでした。

 

必死に練習しているのは相手も同じで、

体の大きさも、練習量も、練習環境も、そもそもの実力も、

全て上回っている相手と同じことをしても追いつけないのは当然の事。

 

当時の僕は、どうやっても埋められない差を感じ、

「こんだけ練習しても勝てないなら、もうバスケは諦めよう」

という気持ちになりました。

 

もちろん、チームメイトと部活をやり切ったという充実感はありました。

でも、あの時の僕はもうバスケをする気力がありませんでした。

 

それくらい、もう限界を感じていたのです。

 

 

もちろん、あの時、バックカットを取り入れていたら、

あの差を埋められていたのか?と言えば、YESとは必ずしも言えないけど、

 

あの時、バックカットをチームで深めていれば、

まったく違う時間を過ごせていたのは確実だと言えます。

 

絶対にもっと面白いバスケができた。

 

 

なんで、そう言えるかというと、

バックカットは「強者」と呼ばれるような

強いチームと戦う上で、大きな武器になるからです。

 

 

バックカットは1人では守れない

 

バックカットは、相手の背中側(バック)をカットするプレーです。

 

背中をゴールに向けている人(ディフェンス)と、

ゴールに対して正対している人(オフェンス)が

「よーい、ドン!」でリングに向かって走り出したら、

圧倒的に、ゴールに正対している人の方が有利ですよね。

 

これは人間の構造上、そうだと言えます。

 

バックカットは、体格や身体能力の差があったとしても、

タイミングをズラすことができれば、誰でも1対0を作れます。

 

例え、そこにパスが通らなかったとしても、

ディフェンスはバックカットを止めるために動かされるので、

他のポジションでズレが生まれて、結果的にチームの優位性が生まれます。

 

フロントカットは、相手の視野の中で動くので読まれやすいし、

相手の方が身体が強かったらバンプで止めてしまうことがありますが、

 

バックカットなら、相手の死角をつくので確実にフリーが作れます。

 

 

バックカットを一度でも成功させると、

必ずと言っていいほど、相手のベンチから

「バックカットバックカット!!」という声が出てきます。

 

それくらいバスケットマンにとっては、

本能的にやられたくないプレーだということです。

 

ゴール下をカットされるのは。

 

 

その圧を相手に与えることができれば、

プレッシャーをかけにくい状況になります。

 

そういう状況を先に作ることができれば、

セットプレーでも、ピック&ロールでも、1対1でも、

自分たちが練習してきたオフェンスの形に入っていけます。

 

だから、まず狙うべきはバックカットなんです。

 

一番簡単なシュートを、誰でも狙うことができて、

相手に対してペイントアタックの怖さを与えられる。

 

そのことで、先手を取ることができます。

 

 

そして、今のバスケでは、

自分たちが練習してきたオフェンスの形を遂行する中でも、

バックカットをチームで深めることが重要になっています。

 

 

形通りのオフェンスが通用しない

 

今のバスケは、

・スカウティングを元に先読みしてディナイをする

・スイッチでスクリーンを無効にする

・ゾーンで相手のリズムを崩す

という守りが多くなっています。

 

スクリーンを使わせない強いディナイ「Top Lock」、

1対1やドライブを止める「Packline Defense」、

ミスマッチを作らせない「Triple Switch」、

ピック&ロールをさせない「NEXT」など、

挙げ出したらキリがありませんが、

 

いずれにしても、

 

「アイソレーションの1対1や形通りの動きではチャンスが作りにくい」

 

と言えます。

 

 

そうなった時に必要なことは、

瞬間瞬間で変わっていく相手の状況に対して、

目の前の相手とのズレを作っていくことです。

 

「ズレ」を言語化すると、この3つになります。

 

「数的優位」
1on0をつくる
1on2:ひとりでふたりを引きつける
2on1:ふたりでひとりを守らせる

「位置的優位性」
ゴール付近へ侵入する
相手の背中をつくってとる
ディフェンスの間をとる

「タイミングの優位性」
味方とタイミングを合わせる
ふたつの選択肢を同時に強いる

 

これらの優位性を作るうえで、

体格や身体能力の差に関係なく1対0の状況を作れて、

なおかつ、一人で二人のディフェンスを引きつけることができる

最もシンプルで効果的なプレーの一つが「バックカット」です。

 

 

もちろん、進化するディフェンスに対しては、

バックカット以外でも対応する方法は無限にあります。

 

でも、あえて、僕は、

「バックカット」という誰でもできるシンプルな動きから

相手を崩していく道筋を体系化させていきたいと思っています。

 

それは今の時代性とも関係しています。

 

 

複雑化するバスケットボール

 

今のバスケットボールは複雑化しています。

 

ディフェンスの進化はもちろんですが、

オフェンスはシステムやスキルも日々進化していて、

ネットを見れば、毎日のように新しい情報が流れていますよね。

 

そのどれも素晴らしいものですが、

 

情報が増えすぎて、

「どのスキルを教えたらいいんだろう??」

「どのオフェンスシステムが合っているんだろう??」

という感じで、正解を見つけにくくなっています。

 

これは今の時代、誰もが感じていることではないでしょうか。

 

 

もちろん、スポーツに絶対的な正解なんてものはなく、

それぞれのチームが自分たちなりの正解を創ればいいのですが、

そうは言っても、これだけ情報があると迷ってしまうものです。

 

 

例え、どこかのチームが成功したオフェンスシステムを採用しても、

選手の個性に合わせて、不要な情報をそぎ落とし、変える必要があります。

 

それはとても時間がかかることです。

 

スキルでも同じことが言えます。

1対1の技術を高めることも、ドリブルの技術を練習することも、

バスケを上達させる上では必ず必要になってくることではありますが、

それには時間がかかるし、みんなが同じことをする必要がない場合もあるでしょう。

 

それに5対5の中で使える技術にするには、これも時間がかかることです。

 

 

だからこそ、

誰でもできるシンプルなことから

バスケを深めていくことに意味があります。

 

 

バスケットボールをシンプルにする

 

これだけ情報が溢れていて、

複雑化しているバスケットボールですが、

 

みんな目指しているところは一緒です。

 

 

「どうやって1対0を作って、

そのズレを広げて確率の高いシュートを打つか」

 

そして、

 

「どうやって自分たちよりも強いチームに勝つか」

 

 

その手段が

・1対1なのか

・ドリブルのスキルなのか

・オフェンスシステムなのか

というところに違いがあるだけです。

 

そこに、それぞれの発信者のこだわりがあって個性がある。

 

広い目で見た時、僕は今のバスケ界をそういう風に捉えています。

いろんな方がそれぞれの道でバスケを面白くしようとしていますよね。

 

 

そんな中、

 

バックカットは、

・誰でも1対0を作れる

・すべてのオフェンスに組み込める

・身体能力は体格の差を埋めることができる

・プレッシャーディフェンスをリリースできる

・進化するディフェンスに対応することができる

・パスの楽しさを通してチーム力を高めることができる

という特徴があります。

 

 

「ゴールに向かって走る」

 

やっていることは本当にシンプルですよね。

初心者でも、バスケをしていない人でもできるプレーです。

 

それでいて、

自分達よりも強いチームに勝とうと思った時、

ディフェンスを崩してチャンスを作ることができます。

 

 

バックカットに始まり、バックカットに終わる。

 

バックカットは、確実に今のバスケを進化させてくれます。

 

今はまだ実感がないかもしれませんが、

ほんとに、バックカットがあるバスケとないバスケは、

ジャンケンでグーがあるかないかくらいの差があります。

 

「オフェンスシステム」であれば、

必要かどうかはチームによって変わりますが、

バックカットを学ぶ必要がないチームはありません。

 

レイアップやピボットと同じレベルの基礎だからです。

 

もちろん、バックカットは一つの選択肢でしかないので、

1対1のドライブだけを極めたいチームとかは学ぶ必要がないでしょう。

 

僕が強制するのもおかしな話ですよね。

 

でも、少なくとも、

このページを開いた皆さんにとっては、

バックカットを学ぶことは確実に役立つはずです。

 

 

まず狙う選択肢はバックカット。

 

目の前の相手を崩し、1対0を作って、

その1対0を活かすためのスペーシングを考え、

その中で1対1やスクリーンプレーを混ぜていき、

チームのオフェンスを創っていく。

 

その出来上がった「バックカットオフェンス」を元に、

チームの戦術や戦略を考え、ゲームプランを考えていく。

 

バックカットの指導を通して、コーチングを考える。

 

バックカットの守られ方を通して、

自分たちのディフェンスについて考える。

 

 

そうすれば、情報が整理され、

強い相手に勝つ道をチームとして考えることができ、

チーム内の駆け引きの次元も上がり、チーム力は上がります。

 

 

「え、でもそれは『ドライブ』でも同じことですよね?」

という風に思われるかもしれません。

 

それはおっしゃる通りです。

 

ドライブも極めれば、バックカットと同じように1対0を作れるし、

プレッシャーをリリースできるもので、誰もが学ぶべきバスケの基礎ですよね。

 

「ドライブはボールを持った状態でのバックカット」

みたいに表現できることかなと思います。

 

それももちろん、正解です。

 

それを踏まえたうえで僕はバックカットにこだわっています。

なぜかというと、バックカットには「パス」が含まれているからです。

 

 

近代のバスケットボールが失ってしまった芸術

 

今から引用するのは、プリンストン大学のHCだった

Pete Carrilさんが書籍『賢者は強者に優る』で語っている言葉です。

 

凄く重要なことなので、じっくり読んでみてください。

 

「選手は、パスの正確性や創造性の価値を理解する必要がある。ゴールから18フィート[約5.49m]の距離にいるチームのベストシューターがオープンとなり、チームメイトが彼の膝元にボールをパスしたとすれば、それは良い選手とは言えない。パスの正確性が非常に重要となる。あまりに低いパスは、ミスショットを招く。パスを胸の位置へ送れば、すかさずショットが打てるのである。これはとても重要なことだ。パスされたボールをどこでキャッチするのかを軽視する偉大なコーチもいるが、私は違う。小さな積み重ねこそがチームを勝利へ導くことは言うまでもない。
パスは、近代のバスケットボールゲームが失ってしまった芸術ではないだろうか。私は、ハイスクールのバスケットボールクリニックやキャンプに呼ばれた際には、パスの価値を強調するために熱心に指導する。時に私を失望させるのは、75%ものハイスクールの選手がオープン選手にパスを送らないことである。これは、傲慢さの表れである。身動きができなくなった時だけ、パスをする選手が多すぎる。それはパスではない。

 

 

この本が書かれたのは2004年です。

 

今から15年以上前の言葉ですが、

2021年現在でも当てはまることだと思います。

 

 

僕はパスが好きではありませんでした。

 

僕にとってのパスは

「シュートもドリブルもできない状況で行うプレー」

であって、

 

まさに、キャリルさんの言うように、

今思えば「パスとは呼べないパス」でした。

 

 

でも、バックカットを思い出したらパスが好きになったんです。

 

パスが好きになったら、チームプレーが楽しくなって、

「チームでバスケをする」という意味合いが変わりました。

 

とにかく5対5が楽しくなった。

 

 

バックカットへのパスって、難しいですよね。

「針の穴に糸を通すようなパス」っていう表現がぴったりです。

 

パスの中でも、かなり難易度が高いパスだと言えると思います。

 

でも、それだけ難易度が高いパスでも、

味方と共通理解を作り、タイミングを合わせると通るんです。

 

で、このバックカットへのパスがめちゃくちゃ気持ちいいんですよね。

 

これは一度でも、バックカットを成功させたことがある人ならわかるはずです。

 

パスを通した方も、パスを受けた方も、

どっちも、めちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

ベンチも必ず盛り上がる。

 

見ている会場の人も、

「うわ~、綺麗なプレーだなぁ」

って感じるものです。

 

 

NBAのマジックジョンソンが

「アシストは2人をハッピーにする」

という有名な言葉を残しましたが、

 

バックカットへのパスを通すためには、

・味方とタイミングを合わる必要がある

・ゴール下のスペースを空ける必要がある

ので、コート上の5人が連動しなければいけません。

 

つまり、バックカットはチームプレーそのものであり、

バックカットはチームメイト全員をハッピーにするものなんです。

 

 

バックカットには、

 

駆け引きをして相手を騙す

絶妙なタイミングでパスを通す

チーム全員の一体感を感じられる

 

といった、誰もが病みつきになってしまう要素しかありません。

 

バックカットにはバスケットボールの醍醐味が詰まっています。

 

 

僕は1対1トーナメントで勝つ方法を伝えたいわけでも、

スリーポイントコンテストで優勝する方法を伝えたいわけではありません。

 

5対5の楽しさを伝えたい。

 

伝えたいし、皆さんと一緒に学んでいきたい。

 

だからこそ、僕はバックカットをスタートにして、

バスケットボールを再構築していきたいと思います。

 

 

誰でもできることを、誰もできないくらいやる。

 

今は多くの人が情報発信をしています。

 

僕は大学二年生の頃、今から8年くらい前から発信をしていますが、

SNSにもYoutubeにも、凄いクオリティーの情報がたくさんありますよね。

 

ドリブルのスキルも、

NBAやユーロリーグの戦術も、

トレーニングも、育成世代への教育も、

色んな人が発信をしている素晴らしい時代です。

 

 

そんな中、

僕にしかできないことって何だろう?

ということを考えた時、

 

・今でも自分がプレーしている

 

というところが自分の個性だと思います。

 

 

発信者の中で僕みたいにプレーしている人は多くないと思いますし、

「バックカット」に関しては、誰よりも学んで実践しているはずです。

 

これは僕が凄いという話では決してなく、

ただ単に、僕はプレーするのが一番好きで、

感じたことをシェアしたいと思うからそうしているというだけですが、

他に誰もやっていないことだからこそ、僕がやるべきことだと思っています。

 

 

客観的に映像を分析して、言語化することが得意な方もいます。

そういう視点からバスケを見ていくことも、とても重要なことですよね。

 

 

それと同時に、実際にプレーしていて感じますが、

 

「学んだことを実際にやってみて、そこから感じたことをシェアする」

 

ということも重要なことだと思います。

 

 

「知っている」と「できる」の間には思いのほか溝があるし、

「できる」と「教えられる」というのも全くの別物だと感じます。

 

 

バックカットに関しても、

「体験しないと絶対にわからない難しさ」

というのがあるなと感じています。

 

今までバックカットの良さばかり話してきましたが、

実際にやってみて難しいと感じることもお伝えしますね。

 

 

バックカットの最大のリスク

 

バックカットのパスは、針の穴に糸を通すようなパスだし、

ゴール下にディフェンスがいるかどうかを確認する必要があるので、

「バックカット=リスクのあるプレー」といえますし、実際にそうです。

 

なので、「ターンオーバーが増える」という面があります。

 

どの技術を身に付ける上でも一緒ですが、

誰でも明日からできる簡単なプレーだとしても、

それを実践で使えるようにするには時間がかかります。

 

時間は限られているし、大会にも追われるので、

「バックカットに多くの時間を割けない」
「バックカットはやりたいけど、リスクが高いから取り入れにくい」

と感じているコーチも多いと思います。

 

勝つためには、

「リスクの低いプレーを確実に遂行できるようにする」

というのが、コーチとして賢明な判断ですよね。

 

 

また、バックカットをすると、

相手のベンチは必ずと言っていいほど、

「バックカット!バックカット!」

という声をコート上にいる味方にかけてきます。

 

それだけ「ゴール下をカットされる」というプレーは、

バスケットボールとしては「やられたくないプレー」ですからね。

 

なので、バックカットをしていると、

・バックカットを警戒して引いて守ってくる

・バックカットを先読みしてカバーディフェンスが来る

といった対応をされます。

 

 

バックカットをしたら、どこにチャンスがあるのか。

バックカットをしたら、どういうミスが起きるのか。

バックカットをしたら、どういう風に守られるのか。

 

そういったことを事前に知っておく必要があります。

 

今まではそういう教科書と呼べるものがなかったので、

バックカットを取り入れたくてもできないというコーチや、

バックカットの魅力を知りたくても学べない現状がありました。

 

だから、僕のようにバックカットをそもそも忘れている人が多いと思うし、

バックカットの選択肢がなく、限界を感じているチームが多いように感じます。

 

 

だから作ることにしました。

 

バックカットの教科書を。

 

 

バックカットを1000個、集めてみました。

 

僕は4年前にPrinceton Offenseを知ってから、

「賢者籠球」というコミュニティを運営してきました。

 

そこでは、プリンストン大学の元HC、
Pete Carril氏の信念「賢者は強者に優る」を軸に

強者に負けない賢いバスケットボールを深めていて、

今でも賢者籠球のコミュニティは活動を続けています。

 

おそらく、バックカットについて、

ここまで長い間、継続して深めているコミュニティは、

ネット上では今のところ、この賢者籠球しかないと思います。

 

Princeton Offenseは、別名、

「バックドアオフェンス」と呼ばれるくらい、

バックドアを使ったオフェンスとして有名であり、

僕はこの4年間で、自分が指導していた母校の大学生チーム、

自分が所属している社会人チームでバックカットを実践してきました。

 

 

今回、バックカットの教科書を作るために、

過去数年間の映像からバックカットのシーンを切り取ったところ、

 

1000個以上のバックカットが集まりました。

賢者籠球の鶴が集めたのも合わせると2000個以上です。

(最近はBリーグやNBAのバックカットのシーンも集めています)

 

そして、集まったバックカットたちを見ていたら、

面白いことが見えてきたのです。

 

 

バックカットのワザ化

 

今まで「バックカット」という括りで捉えてきたものも、

これだけ集めてみると、それぞれに違いがあることがわかりました。

 

・動き方

・動き出すタイミング

・パスを出すタイミング

・バックカットをした後の1対1

・バックカットで相手を崩すパターン

・バックカットへのパスが入らないパターン

など、色んなコツが見えてきました。

 

そして、バックカットをした選手の個性や試合の流れを含めたら、

一つとして同じバックカットはなく、すべてが違って見えたんです。

 

 

そこで、様々なコツやパターンを可視化するために、

バックカットを種類別に分類して、名前を付けてみました。

 

バックカットの種類(1人での崩し)

今のバスケには、「バックカット」と「バックドア」という2つの言葉があります。このコミュニティでは、バックカットを「1人でできるプレー」として定義し、バックドアを「2人でできるプレー」と定義して体系化を進めています。まずは目の前の相手を崩すことを考えていきます。目の前の相手を崩して1対0をつくる、もしくは1対2を作ることで、次のチャンスが生まれるからです。今回は、動き方や目的に合わせて、それぞれのバックカットに以下のような名前を付けました。これらが5対5で相手を崩す土台になります。

 

・ゼロカット

・Vカット(上下)

・Vカット(左右)

・プレジャンプカット

・サークルムーブカット

・ダッシュカット

・スネークカット

・スローカット

・ラインカット

・スキューアカット

 

 

ダブルパンチの種類(2人での崩し)

ダブルパンチとは、インサイドへのアタック(バックカット)とアウトサイドへのアタック(バックカットへの合わせ)を同時に行うプレーです。2人の選手が同時に集まり、同時に広がることでディフェンスに2つの選択肢を同時に強いることでズレを作ることができます。バックカットはインサイドへの攻撃ですが、同時に、バックカットの背中にはチャンスが生まれています。インサイトとアウトサイドの両方について同時に深めていきます。

 

・ダブルパンチ(開閉)

・ダブルパンチ(上下)

・ダブルパンチ(上昇)

・ダブルパンチ(回旋)

 

 

ダブルカットの種類(2人での崩し)

ダブルカットとは、2人の選手がインサイドへのアタック(バックカット)をしていくプレーです。今はスペーシングを保って3Pを狙うという戦術が基本になっているのですが、それは相手もわかっていることなので3Pを重点的に守ってきています。そういった時に大事なのは、カッティングの後にカッティングをするということです。また、これはバックカットがかぶった時の攻めにも繋がります。一般的にバックカットがかぶるとスペースが狭いので「良くない」という捉え方をされがちですが、実はそこにもチャンスが生まれています。

 

・ダブルカット(統一)

・ダブルカット(交差)

・ダブルカット(波動)

・ダブルカット(螺旋)

 

 

これらは現在進行形で更新しています。

 

 

これらは僕の視点から見た分類であって、

これが絶対的な正解というわけではないので、

あくまで、一つの見方として捉えてもらえたらなと思います。

 

また、中には既に名前が付けられている動きもありますが、

 

あえて今回は「バックカットは表」の視点から、

既存のプレーを含めて、再定義し、分類することで、

バックカットを軸にバスケットボールを再構築していく

ということをしていきたいと思います。

 

バックカットの教科書を作るために。

複雑なバスケットボールをシンプルに理解するために。

誰でもできるプレーで、誰でもチャンスが見えるようにするために。

 

 

 

 

 

コミュニティの内容

 

今回は、誰でもできるプレーを元に、

知識を一つに繋げていくことを目指していきます。

 

このコミュニティは、2020年12月に始まったもので、

2021年2月現在、104名の方が既に参加されています。

(参加と同時に、会員サイトから作成済みの動画を視聴できます)

 

基本的に、講座はメルマガを中心に進めていきます。

 

消化不良にならないように、

2~3日に1回の頻度でメールを配信して、

動画や考え方などを体系的にお伝えしていきます。

(今から参加しても1通目からメールを受け取れます)

 

 

動画は、

・プレー動画(試合映像)

・プレー解説動画(試合映像を文字と図で解説した短く動画)

・実演解説動画(実際に自分が見本を見せながら解説している動画)

の3種類を用意しているので、お好きなものからご視聴ください。

 

また、参加者の方とは定期的にオンライン通話をしているため、

そこで話した内容を切り取ってコンテンツとして共有することもあります。

 

 

また、講座に対する質問や要望があれば、いつでもご返信ください。

 

賢者籠球というコミュニティは、

ただ一方的に情報を受け取る場ではく、

「みんなで強者に優る賢者のバスケを創る場」です。

 

皆さんの質問に応えたり、皆さんからのご意見をコンテンツに変えて、

コミュニティとして、バックカットの教科書を作っていきたいと思います。

 

 

実際の内容を紹介すると・・・

 

 

 

【バックカットの全体像】

始めに、「どうしてバックカットを体系化させるのか?」という講座の目的だったり、バックカットの効果やメリットについてお話ししていきます。土台となるのは、賢者籠球でこれまで扱ってきたPrinceton Offenseを作ったピート・キャリルさんの考え方です。キャリルさんの考えが記された書籍『賢者は強者に優る』を引用しながら、バックカットの原理原則を深めていきます。キャリルさんはどういった経緯でバックカットを重視していたのか?そのことを知るだけで、バックカットやバスケットボールの見方が変わるはずです。配信しているテーマの一部は以下の通りです。

・バックカットの原理原則

・バックカットとゲームの軽さ

・試合開始直後にバックカットをすべき理由

・バックカットをした方がいい時としない方がいい時
・ディナイされていても確実にボールを受ける方法

・引いて守られたらどうしたらいいのか?

・「カッター」という役割を作る

・バックカットのミスパターン
・バックカットを表として先手を取る重要性
・バックカットでよくある守られ方の9パターン
・味方とバックカットがかぶった時の考え方

・バックカットへのパスを出す前に理解しておきたいこと
・バックカットのキャンセルをチームとして許すべきかどうか

・Pete Carrilさんがどうしてバックカットにこだわっていたのか?

 

 

【バックカットのコツ】

バックカットを軸にバスケを再構築していくために、まずは目の前の相手を崩すパターンを紹介します。ここで紹介することが、その後の「2人での崩し」「3人での崩し」、そして最終的に「5人での崩し」の基本になります。

配信しているテーマの一部は以下の通りです。

・バックカットの3つのタイミング
・バックカット後の1対1のパターン
・フロントカットとシールの使い方
・バックカットを活かすためのポジショニング

・ゾーンディフェンスに対するバックカット

・スイッチディフェンスに対するバックカット

・囮になってスペースを創り出すバックカット
・ディフェンスにスイッチさせないバックカット

・バンプしてくるディフェンスに対応するバックカット

・バックカットをした後のポジショニング

・オールコートでバックカットを使う
・バックカットを通してスペーシングを身に付ける

 

 

【バックドアプレーのコツ】

バックドアプレーとは、2人で行う崩しのことです。味方に対してドリブルをする「ドリブルアット」、手渡しパスからチャンスを作る「ハンドオフ」、パスをした後にカットをする「ギブ&ゴー」といったパターンを解説していきます。今、2対2はピック&ロールが主流ですが、バックカットを使うとピック&ロールにはない選択肢を作ることができます。

配信しているテーマの一部は以下の通りです。

・ドリブルアットと正対
・3種類のパスタイミング

・「ダブルパンチ」というコンセプト
・ダブルパンチが形だけになってしまう原因

・ハイポストやローポストを使ったバックドアプレー

・ドライブに対する合わせ「サークルムーブ」の原理

・ドリブルハンドオフとドリブルアットの使い分け

・味方とタイミングを合わせるためのサインの種類

 

 

【5人での崩し】

そして、最終的には5人の崩しについて考えていきます。

この図は「Princeton Offenseの概念図」です。これまで賢者籠球ではPrinceton Offenseをベースにバックカットを深めてきたので、今回の講座でもPrinceton Offenseを軸に5対5を深めていきたいと思います。ただ、今回は動き方といった「形」から5対5を深めていくというよりは、あくまで「バックカット」を軸にチームオフェンスを深めていきます。Princeon Offenseというものも、もともとはキャリルさんが考えるオフェンスの原理原則から形が生まれたものであって、最初から5人の動き方があったわけではありません。なので、ここでも、「1人の崩し」からオフェンスを組み立てていく過程を紹介していきたいと思います。

 

【スイッチやゾーンに対する対応】

 

「今の時代はスイッチやゾーンのような守り方が増えているため、バックカットを使って目の前のディフェンスと駆け引きをする必要がある」ということをお話ししましたが、その具体例をプレーブックと実際の映像を用いて解説もしています。どの場面でのスイッチが多いのか、バックカットを使ってスイッチディフェンスやゾーンディフェンスを攻略するにはどういう崩し方があるのかを紹介していきます。

 

 

【練習ドリル】

具体的な練習ドリルも紹介していきます。

今まで話してきたように、バックカットは誰でもできる動きではありますが、リスクが高いプレーとも言えます。なので、味方とタイミングを合わせ、何度も練習でチャレンジすることが大切になります。味方とタイミングを合わせるための「2対0」の合わせから始まり、「バックカットへのパスを身に付けるドリル」「バックカットを使った1対1」「バックカットを使った2対2」「バックカットを使った3対3」などを一つひとつ解説付きで共有していきます。そして、最終的には5対5の中でバックカットを使っていくためにはどうしたらいいのか?ということもお伝えしていきます。

 

 

”裏のプレー”についても扱います。

 

この講座では「バックカットを表」として、

ウィングでパスを受けることやフロントカット、

ピック&ロールやチームとしてのスクリーンプレーやセットプレーは、

「裏の選択肢」という風に定義します。

 

当然、バックカットさえしていればいいわけではなく、

あくまで、バックカットは相手を崩す一つのきっかけです。

 

なので、バックカットを踏まえたうえで裏のプレーについても扱います。

 

具体的には、

・フロントカット

・2対2での崩し方

について深めていきます。

 

バックカットをしていると、相手が引いて守ってくることがあります。

 

それは「引いて守られた」のではなく、

「引いて守らせた」といえる状況なので、

こちらに主導権がある、先手を取れていると言えます。

 

そういった守りをされた時、外からシュートを打つのも一つの方法ですが、

実は、引いて守られたとしてもバックカットを使って攻めることができます。

 

なぜ、引いて守る相手にもバックカットを使うべきなのか?

 

そういったことを踏まえたうえで、

フロントカットやピック&ロールを深めていきます。

 

あくまで、裏のプレーはバックカットを前提にしたものです。

 

「バックカットが表」になると、

今まで表として考えていたプレーが更にやりやすくなるし、

より、相手に対して圧を与えることができるようになります。

 

表と裏の両方を深めていきましょう。

 

 

「Japan’s Way」の一つの道として。

 

さて、ここまでは僕の経験をベースに話をしてきましたが、

ちょっと視点を変えて、別の角度からバックカットについてお話します。

 

日本バスケットボール協会(JBA)が掲げている

「日本が世界と戦うために核心となる戦い方(Japan’s Way)」

というものをご存じですか?

 

これは2020年5月にJBAがアップした動画の中で紹介されていたもので、

JBAの技術委員長の東野さんは「Jpan’s Way」を以下のように定義しています。

(参照:「“Japan’s Way”に迫る!」 “With Basketball ~バスケで日本を元気に~)

 

「常に先手を取り

    初めから最後まで

          攻め抜く」

 

 

僕はこれを聞いて思ったんです。

 

「え、これってバックカットのことじゃん」

って。

 

ここまでの文章を読んだ皆さんはどう思いますか?

 

バックカットを実際に守ったことがある僕としては、

「常に先手を取り、初めから最後まで攻め抜く」というのは、

まさに、バックカットを表としたバスケのことだなと感じます。

 

 

一度でもバックカットでゴール下にアタックされると、

それ以降、常に自分のマークマンに意識が向くようになります。

 

「背中(バック)」は見えないので、常に気にしなければいけないからです。

 

東野さんも動画の中で言っていましたが、

バスケットボールで重要なのは、ペイントをアタックすることです。

確率の高いシュートを狙い、そこからのキックアウトでアウトサイドを攻める。

 

その方法が1対1なのか、ピックなのか、カッティングなのかに違いがあり、

それを作るためにセットプレーや戦術があります。

 

それらも、もちろん大切なバスケの一部です。

 

 

ただ、今の日本のバスケに欠けているのは、

「バックカット」だと僕は本気で思っています。

 

バックカットなら身体能力や体格の差があっても、

相手に対してペイントアタックの怖さを与えられます。

 

バックカットなら初めから最後までコート上の5人ができます。

 

まさに先手を取り続けることができる、

一つの「Japan’s Way」になり得ると思います。

 

これは、実際にBリーグや学生の試合を見ていて感じていることです。

 

「バックカットがあったら、もっと面白くなるだろうなぁ」

と思うし、今のバスケを進化させるきっかけとなるという確信があります。

 

 

もし、このコミュニティが日本全国で教科書として使われて、

全てのチームがバックカットを、それぞれのオフェンスに組み込んで、

 

「選手たちがこんなバックカットを試合中やってました!」

「このバックカットに名前を付けるとしたら何になりますかね?」

「自分たちのチームではこういう風にバックカットを活かしています!」

「バックカットの練習で、こういうのを思いついたのでやってみます!」

「このプレーだったら、どこでバックカットのチャンスがありますかね?」

・・・

 

みたいになったら、最高に面白そうじゃないですか?

 

 

それぞれの経験を一つの場に集めて、

バックカットの教科書をみんなで創る。

 

僕はそんな未来がすごく楽しみです。

 

 

決してこれはお花畑の話ではなく、

現実的にできることだと思っています。

 

なぜなら、バックカットは本当に面白いから。

 

面白いものは自然と広まるだろうし、

バックカットはレイアップと同じくらいの

バスケの基礎であり、誰もが学ぶべきものだからです。

 

 

でも、今の僕ができることは、

今このタイミングで僕の文章に共感してくれる人と一緒に

バックカットを深めて、面白いバスケを創ることだけだと思っています。

 

本当は全世界の人に参加してほしいっていうくらいものだし、

少なくとも、今コーチをしている全ての人に入ってほしいんですけどね。

 

でも、今の僕にそんな影響力もないし、強制するのも違いますよね。

 

だから、今、この文章を読んで、

少しでも「このコミュニティ、面白そうだな」って感じる方と

バックカットを、バスケットボールを深めていきたいなと思っています。

 

 

いろんな「Japan’s Way」があっていいと思うんです。

 

育成世代の教育をみんなで語る場

戦術やデータ分析についてみんなで語る場

スキルやトレーニングについてみんなで語る場

今は色々ありますよね。

 

そのどれもが、きっと「Japan’s Way」に繋がっていると思うし、

その一つの道筋として、この場でバックカットを深めていきたい。

 

そう思っています。

 

 

参加費について

 

僕はSNSやYoutubeなどでも発信していますが、一番エネルギーをかけているのが、この賢者籠球というコミュニティです。ここ数年間、SNSとかではほとんど発信しなくなっていたのですが、それは、ずっと賢者籠球に時間を使っていたからです。それだけ人生をかけて運営しているものなので、参加者の皆さんと深く関わることができたし、日本中探してもどこでも学べないバスケを創ることができたと感じています。それはコミュニティとして参加者の皆さんからの意見を元にコンテンツを作っているからこそです。

 

今回の「バックカットの体系化」も、今までと同じように、一番エネルギーをかけて運営していきます。僕はこの賢者籠球を運営するのがすごく好きだし、生涯をかけてずっと運営していきたいと思っていますし、日本のバスケットボールの一つの基準を作りたいと思ってやっています。それくらい、この場で作られる「強者に優る賢者のバスケットボール」は全てのチームにとって役に立つ視点だと考えています。なぜなら、全てのチームは自分たちよりも強いチームに勝ちたいと思っているからです。バックカットは、それを手助けしてくれる一つのきっかけであるし、チームに大きな変化をもたらすプレーです。

 

 

 

今後の活動について

 

僕は今後、ネットでの情報発信と合わせて、「発信者やフォロワーさんに会いに行く」という活動をしていきたいと考えています。バックカットについてのインタビューをしたり、バックカットを伝えたり、バックカットを軸にバスケについての意見交換をしたり、そうやって皆さんと実際に会って、いろんな視点を学んでいきたいと思っています。そして、そこで学べた視点をこの賢者籠球の一部として皆さんにシェアして、色んな方の視点を取り入れたより大きな「賢者籠球」というバスケットボールを作っていきます。この参加費は、賢者籠球の共有財産として、今後の活動をより良くするために活用していきます。

 

それではコミュニティでまたお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

参加はこちらから

 

【参加についての注意事項】

※参加に関して質問や相談があれば kenja.r0ukyu@gmail.com までメールをお送りください。参加と同時に最初のメールを送りするので、迷惑メールフォルダーも含めて、メールが届いていることをご確認ください。

 

 

 

 

 

追伸

 

これはYoutubeで「backdoor」と調べたら出てきた映像です。

 

タイトルが、

「Princeton Basketball Classic Backdoor Lay-Up」

となっていて、Princeton OffenseのChinエントリーからのバックカットなので、

プリンストン大学の映像だと思って間違いないと思います。

 

白黒映像なので、おそらく今から70年近く前の映像ですかね。

(初めてカラー映像が使われたのは1954年だそうです)

 

凄いですよね。

 

こんな昔からPete Carrilさんは、

バックカットを深めていたなんて。

 

 

Princeton Offenseが有名になったのは、1996年です。

 

あの年、前年度優勝校のUCLA大学に勝利したことで、

世界的にプリンストン大学、Princeton Offenseが有名になりました。

 

キャリルさんとプリンストン大学が

ずっと前から試行錯誤して創ってきたものが

世の中の価値として認識されるまでに30年かかったのです。

 

 

「バックカットは誰でもできるプレーだけど、

決して、明日明後日で価値になるものではない」

 

とキャリルさんは思っているでしょう。

 

 

でも、それだけ長い年月をかけて作ったものだからこそ、

70年経った今でも、大きな価値を持つものになったのだと思います。

 

こうやって、遠く離れた日本にいる

僕のようなただのバスケ好きの人生を変えているんだから、

きっと、全世界で何千、何万人の人生に影響を与えているはずです。

 

 

今ある最先端のスキルや戦術は、数年後には古いものになっているでしょう。

 

でも、バックカットは、

バスケがなくならない限り、

ずっと残り続けるはずです。

 

白黒映像の時代から、今でも残っていて、

まだまだ深める余地がこれだけあるものだし、

 

何十年もバスケをしていたとしても、

まだその深さを知らない人がいるのですからね。

 

昔の僕がそうであったように。

 

 

この講座で作られる「バックカットの教科書」も、

長い間ずっと価値を持ち続けるものにしていきたいと思っています。

 

キャリルさんの信念、

「賢者は強者に優る」

を、この日本で体現して、

後世に残していくためにも。

 

 

その教科書を作るのは、僕だけではありません。

 

あなたの経験、意見、質問のすべてが

このバックカットの教科書の一部になります。

 

「常に未完成のコミュニティ」

「常に更新されるみんなで創る教科書」

を目指して、今日も僕はバックカットを深めていきます。

 

今から数年後、バックカットはどうなっているのか。

 

僕はそれが今から楽しみで仕方ありません。

 

 

 

最後に、キャリルさんの書籍『賢者は強者に優る』の中で、

僕が最も共感した言葉を紹介して、この案内文を締めたいと思います。

 

「おそらくいつか自分のコーチングの経歴を振り返って話をすることになるであろう。しかし、一つだけ信じてもらいたいことは、私が懐かしく語るであろうことは、バスケットボールで培った家族のような関係や、私が持ちえた友情と、その場所で得た生涯忘れ得ないであろうと思われる純粋な感情である」

(引用:ピート・キャリル(2011)『賢者は強者に勝る』p.180)