NBAで凄いのはダンクだけ!?

NBAからバスケを学びませんか?

この発信では、NBAから学べるバスケの本質を考えていきます。

 

NBAは、世界最高峰のバスケットボールリーグであり、僕ら日本人からすると「別の世界」です。2mを越す身長、大きな身体、高い身体能力、異次元のプレー、…これらを見ていると「本当に自分と同じ人間なのか?」と疑ってしまいますよね。だからこそいつまでも飽きることなくNBAを楽しみ続けられます!

 

でも、異次元の世界にいる宇宙人のようなNBA選手たちも、

僕らと同じ「バスケットボール」というスポーツをしていることは変わりません。

 

同じ身体能力、同じ身体特性がなければ、同じプレーはできませんが、表面には表れない「本質」を学ぶことができたら、NBA選手のようなバスケをすることはできる筈です。この発信では、NBAからバスケを学ぶことで、今よりもより楽しい、より良いバスケを目指していきます。

 

 

知識を学び、視点を変える

NBAからバスケを学ぶためには、視点を変える必要があります。

その視点のことを「NBAフィルター」と呼んでいます。視点を変えることができたら、同じ映像を見ても、全く違う情報をインプットできるようになります。同じ映画をみても知識や経験の差によって得られる情報量が人によって違うのと同じ原理です。得られる情報量が変われば、バスケの幅は広がります。視点を変えるためには、「知識を学ぶこと」「自分の身体を動かすこと」が大切。知識を学ぶチャンスは誰にとっても平等に与えられていて、その知識を自分の身体に落とし込むためには試行錯誤する必要があります。

 

今は誰もがインターネットを使って知識を学ぶことができる時代です。

 

この場では、その可能性を最大限利用していきます。

 

視点を変えることで、イメージ力が上がります。

この発信では、「スペーシング」というオフボールの動きと、「脱力(古武術)」というオンボールの身体動作を中心に発信していきます。ただ闇雲にコートを走り回るのではなく、駆け引きをしながら効率よく動くこと。体を固めてプレーを固くするのではなく、自分の身体と向き合って、無駄な力を使わずに、効率良く動いていくこと。※脱力バスケについては、師匠のマコトさんに発信して頂きます

死神の目 2対1 - スペース - コピー

慎さん プロフィール

 

 

ネット上にあるバスケの学校

僕は、この場を部活動や学校に変わる一つの教育機関にしたいと考えています。インターネットを使い、世界中の情報からバスケを学び、全国のバスケットマンの考え方をシェアしていきます。部活動にはない、学校では学べない知恵を発信していくことで、バスケットボールが上達することだけではなくて、スポーツを通して日常を豊かにしていくことができます。そんな世界を皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っています。

 

これからも、よろしくお願いします!

RETURN TOP